171件中 41 - 50件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見た宇川直宏

    宇川直宏の音楽ユニット、UKAWANIMATION!のシングル"惑星のポートレイト 5億万画素"では石野卓球がリスペクトを公言していたという萩原健一とのコラボレーションを実現。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たヴァンゲリス

    相方の瀧が野球上手なのに対し大のスポーツ音痴。「モグラネグラ」の野球企画でレフトを守った際も、飛球を落球したあげく、その球を「俺が取るのか?」といった態度で面倒臭そうに取りに行く姿が垣間見えた。サッカー王国の静岡県出身だがもちろんサッカーなどに興味はない。そんな卓球が2002年ワールドカップの公式讃歌(作曲・プロデュースともにヴァンゲリス)のリミックス版をリリースした時は「あのスポーツ音痴が何故?」とファンやメディアの間で話題になった。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たマイク・ヴァン・ダイク

    ソロ活動も盛んであり、欧州を中心に海外活動を行っている。1994年にNINJAHEAD名義でリリースした「PULSEMAN VS SINEMAN」がクラブヒットを博し、数々のコンピレーションアルバムに収録された。その頃より本格的に始動させたDJとしての活動では、ドイツ、東欧で非常に高い人気を誇る。1998年、ベルリンで行われた世界最大のテクノフェスティバルであるラブパレードのFinal Gatheringにおいて100万人の聴衆の前でプレイしている。また、ヨーロッパのアーチストとの親交も深く、トビーネイションと共にマイク・ヴァン・ダイクと日独テクノ同盟を宣言している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たJ-WAVE

    2008年4月2日放送のJ-WAVE OH! MY RADIO出演時、電気グルーヴの噂等を募集するコーナーで上記、卓球の結婚・離婚の記述を取り上げた。その際、瀧と笑いながら「100%嘘」と言い、他の自分達の項目に対しても「嘘が多い」「とんでもない物がある」「爆笑する」「でもデタラメでいい」等とコメントをしている。さらにそういったWikipediaの内容をソースとして取材されることもあり苦笑しているようである。それらを踏まえた上で、「もっと『ほんとうの事』をどんどん書け」とのお達しが出ている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た五島良子

    プロデューサーとして、デビュー当初の篠原ともえの作品を手がけヒットさせている。そのほか細川ふみえ、五島良子、木村カエラなどのプロデュースをしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生時代に縁日の露店で祖母に買ってもらったYMOの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。「(母親は)静岡の同世代の女性で最もYMOを聴いた人だと思う」と回想している。中学生時代にクラフトワーク(特に人間解体を聴き狂っていた最中には更に「ウチの母親は1曲目のロボットからラストのマン・マシーンまで覚えているテクノ母さんでもある。」と当時の宝島でコメントしている)やニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らす様になり、妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の作文を書き、コンクールで入賞している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た根本敬

    一方で、かねてより「特殊漫画家」こと根本敬の大ファンである事を公言。卓球より連絡をとり交流を持つようになった。のちに電気が大プッシュした李博士のポンチャックなども、根本の影響によるところが大きい。また、根本に教えてもらったサヌリムという韓国のサイケバンドのCDを聴く為、卓球は初めてCDプレイヤーを購入したという。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たポール・モーリア

    また、リミキサーとしても活動しており、国内外問わず多くの作品を手がけている。クレジットされているアーティストとして、YMO、ピチカート・ファイヴ、エレファントカシマシ、少年ナイフ、宍戸留美、ORANGE RANGE、テクネイジア、李博士、m-flo、SOUL FLOWER UNION、HALCALI、RAM RIDER、ヒカシュー、ポール・モーリアが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た大友克洋

    「MEMORIES」 (大友克洋監督作品。OP&EDテーマ『IN YER MEMORY』担当)石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たクラフトワーク

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生時代に縁日の露店で祖母に買ってもらったYMOの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。「(母親は)静岡の同世代の女性で最もYMOを聴いた人だと思う」と回想している。中学生時代にクラフトワーク(特に人間解体を聴き狂っていた最中には更に「ウチの母親は1曲目のロボットからラストのマン・マシーンまで覚えているテクノ母さんでもある。」と当時の宝島でコメントしている)やニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らす様になり、妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の作文を書き、コンクールで入賞している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

171件中 41 - 50件表示

「石野卓球」のニューストピックワード