171件中 51 - 60件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見た野性爆弾

    お笑いシーンに関しても異常なほどの知識を持ち、かつては独自の情報網を駆使し、関東にいながらにして全国進出以前のダウンタウンの関西ローカルでの活躍を常にチェックしていたほど。東京ではまだ現在ほど知名度の無かったダウンタウンの松本人志と放送作家の高須光聖に東京・笹塚のデニーズで遭遇し、すかさず握手とサインを貰ったという(蛇足だが、電気グルーヴの結成の地もデニーズ(初台駅近の西新宿店)である。)。最近では、関西で活躍する野性爆弾を絶賛している。彼らの初冠番組野爆うめだFandango!もチェックしている。お笑いに造詣が深いことは前述の通りだが、近年は特に劇団ひとりを絶賛しており、彼のライヴに駆けつけたり花輪を送ったりしている。また、ダンディ坂野もお気に入りの芸人のひとりで、『爆笑オンエアバトル』出演時に虜になり、一通りのブームが去った今でも大好きである。ずっと面識は無かったが、2008年4月放送の『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』出演時に特別ゲストとしてダンディが登場。待望の接見を果たした。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た人生 (バンド)

    静岡学園高校時代ピエール瀧ら友人数人とインディーズのテクノユニット『人生』を結成。『人生』解散後、やる事のなくなった卓球はエロ本の編集者でもやろうかと考えるが、片手間に音楽を続けるために、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす(実は同時に複数の会社から打診を受けていたが、最終的に寿司をおごってもらった事が決定打となる)。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たテクネイジア

    また、リミキサーとしても活動しており、国内外問わず多くの作品を手がけている。クレジットされているアーティストとして、YMO、ピチカート・ファイヴ、エレファントカシマシ、少年ナイフ、宍戸留美、ORANGE RANGE、テクネイジア、李博士、m-flo、SOUL FLOWER UNION、HALCALI、RAM RIDER、ヒカシュー、ポール・モーリアが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た恵俊彰恵 俊彰

    デビュー当時はホンジャマカの恵俊彰に似ていると言われる事が多かった。これに関しては逆に恵も卓球に似ていると周囲から言われていたらしく、ふとした切っ掛けで初対面の折には、どちらともなく歩み寄り「似てるって言われますよね?」と意気投合したという。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た野田努

    テクノボン(1994年、宝島社)ISBN 4796608044 - 野田努との共著石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た砂原良徳

    活動の本体である電気グルーヴやソロ名義でのリリースに加え、変名での活動や、他のミュージシャンとのコラボレートによる連名もしくはユニット名義でのリリースが多いのも特徴である。具体的な変名としては、662's、DOVE LOVES DUB、Jamaican Zamuirai、NINJAHEAD、MICKIEE、YAKYUU ISHIDA、Ginger Headsなど。コラボレートしたミュージシャンとしては、ウェストバム、マイク・ヴァン・ダイク、フランク・ムラー、小山田圭吾、岡村靖幸、砂原良徳、川辺ヒロシ、篠原ともえ、スチャダラパー、七尾旅人、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDなどが挙げられる。なかでも川辺とのユニットInKでの活動は、単発的なコラボレーションではなく、1stアルバム以降も継続的に活動するという意図を打ち出している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たトビーネイション

    ソロ活動も盛んであり、欧州を中心に海外活動を行っている。1994年にNINJAHEAD名義でリリースした「PULSEMAN VS SINEMAN」がクラブヒットを博し、数々のコンピレーションアルバムに収録された。その頃より本格的に始動させたDJとしての活動では、ドイツ、東欧で非常に高い人気を誇る。1998年、ベルリンで行われた世界最大のテクノフェスティバルであるラブパレードのFinal Gatheringにおいて100万人の聴衆の前でプレイしている。また、ヨーロッパのアーチストとの親交も深く、トビーネイションと共にマイク・ヴァン・ダイクと日独テクノ同盟を宣言している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た日出郎

    小室哲哉所有のフェラーリに、自身の性器をなすりつけ「ここから腐るぞ」と言った。マゾなので「尿は飲んでも飲まれるな」が身上である。また、基本的にノンケだが、テクノ系クラブシーンに身を置く都合上、ゲイに対する偏見は薄く、ゲイカルチャーとはなんとなくウマが合い、「まぁ、それなりに…」とチャレンジした事があると告白している。1991年ごろには毎晩のようにオカマバーへ通い、「男女のはざまを行く不思議な感じが好き」とオールナイトニッポンで告白していた。親友の日出郎から「アンタにはその気があるのよ。アンタの書く歌詞を見れば分かる」と指摘されている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たニュー・オーダー

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生時代に縁日の露店で祖母に買ってもらったYMOの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。「(母親は)静岡の同世代の女性で最もYMOを聴いた人だと思う」と回想している。中学生時代にクラフトワーク(特に人間解体を聴き狂っていた最中には更に「ウチの母親は1曲目のロボットからラストのマン・マシーンまで覚えているテクノ母さんでもある。」と当時の宝島でコメントしている)やニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らす様になり、妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の作文を書き、コンクールで入賞している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た七尾旅人

    活動の本体である電気グルーヴやソロ名義でのリリースに加え、変名での活動や、他のミュージシャンとのコラボレートによる連名もしくはユニット名義でのリリースが多いのも特徴である。具体的な変名としては、662's、DOVE LOVES DUB、Jamaican Zamuirai、NINJAHEAD、MICKIEE、YAKYUU ISHIDA、Ginger Headsなど。コラボレートしたミュージシャンとしては、ウェストバム、マイク・ヴァン・ダイク、フランク・ムラー、小山田圭吾、岡村靖幸、砂原良徳、川辺ヒロシ、篠原ともえ、スチャダラパー、七尾旅人、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDなどが挙げられる。なかでも川辺とのユニットInKでの活動は、単発的なコラボレーションではなく、1stアルバム以降も継続的に活動するという意図を打ち出している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「石野卓球」のニューストピックワード