189件中 61 - 70件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見た根本敬

    一方で、かねてより「特殊漫画家」こと根本敬の大ファンである事を公言。石野より連絡をとり交流を持つようになった。のちに電気が大プッシュした李博士のポンチャックなども、根本の影響によるところが大きい。根本に教えてもらったサヌリムという韓国のサイケバンドのCDを聴く為、石野は初めてCDプレイヤーを購入したという。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た大友克洋

    「MEMORIES」 (大友克洋監督作品。OP&EDテーマ『IN YER MEMORY』担当)石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たRIZE

    NOTORIOUS Takkyu Ishino's Acid Sucker Mix / RIZE - 2015年(PARTY HOUSE / RIZE)石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た恵俊彰

    デビュー当時はホンジャマカの恵俊彰に似ていると言われる事が多かった。これに関しては逆に恵も石野に似ていると周囲から言われていたらしく、ふとした切っ掛けで初対面の折には、どちらともなく歩み寄り「似てるって言われますよね?」と意気投合したという。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た青山正明

    1980年代のエロ本文化にも造詣が深く、スーパー変態マガジン『Billy』(白夜書房)や伝説的自販機本『HEAVEN』(アリス出版)もリアルタイムで購読していたという。また電気グルーヴを結成する以前には、エロ本の編集者になりたいと思っていたことをインタビューでも語っている。ちなみにエロ本で活躍していた編集者の青山正明とは『Quick Japan』誌上でテクノ対談を行ったこともある。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た七尾旅人

    活動の本体である電気グルーヴやソロ名義でのリリースに加え、変名での活動や、他のミュージシャンとのコラボレートによる連名もしくはユニット名義でのリリースが多いのも特徴である。具体的な変名としては、662's、DOVE LOVES DUB、Jamaican Zamuirai、NINJAHEAD、MICKIEE、YAKYUU ISHIDA、Ginger Headsなど。コラボレートしたミュージシャンとしては、ウェストバム、マイク・ヴァン・ダイク、フランク・ムラー、小山田圭吾、岡村靖幸、砂原良徳、川辺ヒロシ、篠原ともえ、スチャダラパー、七尾旅人、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDなどが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たAFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND

    活動の本体である電気グルーヴやソロ名義でのリリースに加え、変名での活動や、他のミュージシャンとのコラボレートによる連名もしくはユニット名義でのリリースが多いのも特徴である。具体的な変名としては、662's、DOVE LOVES DUB、Jamaican Zamuirai、NINJAHEAD、MICKIEE、YAKYUU ISHIDA、Ginger Headsなど。コラボレートしたミュージシャンとしては、ウェストバム、マイク・ヴァン・ダイク、フランク・ムラー、小山田圭吾、岡村靖幸、砂原良徳、川辺ヒロシ、篠原ともえ、スチャダラパー、七尾旅人、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDなどが挙げられる。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た五島良子

    プロデューサーとして、デビュー当初の篠原ともえの作品を手がけている。そのほか細川ふみえ、五島良子、木村カエラなどのプロデュースをしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たアインシュテュルツェンデ・ノイバウテン

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た田中フミヤ

    MICKIEE ep - 1995年(MICKIEE名義/とれまレコード)1997年にもMICKIEE名義でお蔵入りした12インチがあり、内容は133BPMで統一された曲がJEFF MILLS"CYCLE 30"のようなループ状の溝によりエンドレス再生される仕様あった。とれまレコード代表の田中フミヤは200〜300枚程度プロモオンリーの非売品でプレスする予定を雑誌『エレキング』誌上の連載「ダメトーク」で語っており、石野本人はこの盤を実際に手にしたことをラジオ番組「ドリルキングアワー」で公言している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

189件中 61 - 70件表示