189件中 71 - 80件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見たPlayStation (ゲーム機)

    プレイステーション用ゲーム「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」(メインテーマ提供およびサウンドトラック盤総合プロデュース)石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たベルリン

    ソロ活動も盛んであり、欧州を中心に海外活動を行っている。1994年にNINJAHEAD名義でリリースした「PULSEMAN VS SINEMAN」がクラブヒットを博し、数々のコンピレーションアルバムに収録された。1998年、ベルリンで行われた世界最大のテクノフェスティバルであるラブパレードのFinal Gatheringにおいて100万人の聴衆の前でプレイしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た幽霊部員

    芸名の由来は中学時代の所属部活動から。運動部に所属すれば自転車通学が許可されていたため、所属はしたものの完全なる幽霊部員だったと語っている。学生時代は校則により坊主頭を義務付けられていたため、他の学校の友人などからは「クリ坊」、「クリちゃん」と呼ばれていた。ちなみに1994年の末に突然坊主頭にしたことがある(「たんぽぽツアー」の楽屋で何かを思い立ち丸刈りを実行。ステージには当初アナログ盤「ドラゴンEP」のジャケットを帽子のように被り登場した)。また、その1年ほど前の1993年には、それまで伸ばしていた髪をツーブロックし、上の部分だけをてっぺんにまとめてチョンマゲのように結っていた時期があったが、周囲からの猛烈な反発に合い、ごく短期間で中止している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た静岡学園高校

    静岡学園高校の一学年上の先輩に三浦知良がいたが、石野が入学した時点で三浦は1学年修了を待たずして中退し、ブラジルに単身留学していた為、面識は無い。彼の名前を聞かされてもロス疑惑の方(三浦和義)の事かと思ったという。多くのプロサッカー選手を輩出している有名校だが、非常に厳しい校風で、石野は当時の学園生活を振り返り「懲役三年」と語っている。一方で、パジャマ姿で登校するなどといった奇行を行った等のエピソードを明らかにしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た

    銃社会にはアンチの姿勢をとっている。「もし合法的にの所持を許される世の中になっても、人殺しの道具である以上、俺は一生持ちたくない。人を殺す目的だけの為に生まれてきた道具だけは触れたくも無い」といった主旨の発言を行っている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た露店

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たFIFAワールドカップ

    ヴァンゲリス - 「ANTHEM」-2002年(FIFAワールドカップ公式讃歌)のリミックス)石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た坊主頭

    芸名の由来は中学時代の所属部活動から。運動部に所属すれば自転車通学が許可されていたため、所属はしたものの完全なる幽霊部員だったと語っている。学生時代は校則により坊主頭を義務付けられていたため、他の学校の友人などからは「クリ坊」、「クリちゃん」と呼ばれていた。ちなみに1994年の末に突然坊主頭にしたことがある(「たんぽぽツアー」の楽屋で何かを思い立ち丸刈りを実行。ステージには当初アナログ盤「ドラゴンEP」のジャケットを帽子のように被り登場した)。また、その1年ほど前の1993年には、それまで伸ばしていた髪をツーブロックし、上の部分だけをてっぺんにまとめてチョンマゲのように結っていた時期があったが、周囲からの猛烈な反発に合い、ごく短期間で中止している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た仮面ライダー

    映画はATG関連の諸作品や石井聰亙監督作品『高校大パニック』、ドラマは『ふぞろいの林檎たち』などを好む。音楽に没頭する以前は、富野由悠季作品を初オンエア時から熱心にチェックする少年だったという。ゲームやアニメに関連する仕事を多く手がけた影響か、現在進行形でアニメや漫画好きと捉えられがちだが、特にそんな事は無く最近のものには一切興味がないとの事。ただ、たまにライダーカードの完全復刻版欲しさに何万円もする『仮面ライダー』のLD-BOXセットを突如購入してみたり、1970年代の古い作品を観返したりする事はあるという。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た静岡市

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している。やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

189件中 71 - 80件表示