189件中 81 - 90件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見た白夜書房

    1980年代のエロ本文化にも造詣が深く、スーパー変態マガジン『Billy』(白夜書房)や伝説的自販機本『HEAVEN』(アリス出版)もリアルタイムで購読していたという。また電気グルーヴを結成する以前には、エロ本の編集者になりたいと思っていたことをインタビューでも語っている。ちなみにエロ本で活躍していた編集者の青山正明とは『Quick Japan』誌上でテクノ対談を行ったこともある。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た河出書房新社

    生卵 忌野清志郎画報(1995年、河出書房新社)※寄稿石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たフェラーリ

    小室哲哉所有のフェラーリに、自身の性器をなすりつけ「ここから腐るぞ」と言った。マゾなので「尿は飲んでも飲まれるな」が身上である。また、基本的にノンケだが、テクノ系クラブシーンに身を置く都合上、ゲイに対する偏見は薄く、ゲイカルチャーとはなんとなくウマが合い、「まぁ、それなりに…」とチャレンジした事があると告白している。1991年ごろには毎晩のようにオカマバーへ通い、「男女のはざまを行く不思議な感じが好き」とオールナイトニッポンで告白していた。親友の日出郎から「アンタにはその気があるのよ。アンタの書く歌詞を見れば分かる」と指摘されている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た宝島社

    テクノボン(1994年、宝島社)ISBN 4796608044 - 野田努との共著石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たNHK-FM

    ミュージック・パイロット(2002年8月、NHK-FM)- マンスリーパーソナリティ。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たPヴァイン

    赤塚不二夫 実験マンガ集(2015年、Pヴァイン)※巻末インタヴュー 石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たキューンミュージック

    インディーズブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランクインする程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する。1989年にメンバー・おばば(ex.分度器)の脱退に伴い『人生』を解散する。『人生』解散後、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た日本アート・シアター・ギルド

    映画はATG関連の諸作品や石井聰亙監督作品『高校大パニック』、ドラマは『ふぞろいの林檎たち』などを好む。音楽に没頭する以前は、富野由悠季作品を初オンエア時から熱心にチェックする少年だったという。ゲームやアニメに関連する仕事を多く手がけた影響か、現在進行形でアニメや漫画好きと捉えられがちだが、特にそんな事は無く最近のものには一切興味がないとの事。ただ、たまにライダーカードの完全復刻版欲しさに何万円もする『仮面ライダー』のLD-BOXセットを突如購入してみたり、1970年代の古い作品を観返したりする事はあるという。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たソニー・ミュージックレコーズ

    インディーズブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランクインする程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する。1989年にメンバー・おばば(ex.分度器)の脱退に伴い『人生』を解散する。『人生』解散後、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たとれまレコード

    TOKYO TONE/0990(3rd Movement) - 1994年(DOVE LOVES DUB名義 / とれまレコード石野卓球 フレッシュアイペディアより)

189件中 81 - 90件表示