171件中 81 - 90件表示
  • 石野卓球

    石野卓球から見たソニー・ミュージックレコーズ

    静岡学園高校時代ピエール瀧ら友人数人とインディーズのテクノユニット『人生』を結成。『人生』解散後、やる事のなくなった卓球はエロ本の編集者でもやろうかと考えるが、片手間に音楽を続けるために、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす(実は同時に複数の会社から打診を受けていたが、最終的に寿司をおごってもらった事が決定打となる)。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たとれまレコード

    TOKYO TONE/0990(3rd Movement) - 1994年(DOVE LOVES DUB名義 / とれまレコード石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たWIRE

    日本においては日本最大の屋内レイヴイベント「WIRE(ワイヤー)」を成功させ、レコードレーベルLoopaおよびplatikを主宰し、月に1度のレキュラーパーティーとして2002年より東京・円山町にあるクラブ「WOMB」にて「STERNE(シュテルネ)」(ドイツ語で「星」)を、2009年5月より京都の四条河原町付近にあるクラブ「世界WORLD」にて「SPRUNG(シュプルング)」(ドイツ語で「跳躍」)を開催している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たレイブ (音楽)

    日本においては日本最大の屋内レイヴイベント「WIRE(ワイヤー)」を成功させ、レコードレーベルLoopaおよびplatikを主宰し、月に1度のレキュラーパーティーとして2002年より東京・円山町にあるクラブ「WOMB」にて「STERNE(シュテルネ)」(ドイツ語で「星」)を、2009年5月より京都の四条河原町付近にあるクラブ「世界WORLD」にて「SPRUNG(シュプルング)」(ドイツ語で「跳躍」)を開催している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たラブパレード

    ソロ活動も盛んであり、欧州を中心に海外活動を行っている。1994年にNINJAHEAD名義でリリースした「PULSEMAN VS SINEMAN」がクラブヒットを博し、数々のコンピレーションアルバムに収録された。その頃より本格的に始動させたDJとしての活動では、ドイツ、東欧で非常に高い人気を誇る。1998年、ベルリンで行われた世界最大のテクノフェスティバルであるラブパレードのFinal Gatheringにおいて100万人の聴衆の前でプレイしている。また、ヨーロッパのアーチストとの親交も深く、トビーネイションと共にマイク・ヴァン・ダイクと日独テクノ同盟を宣言している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たディスクジョッキー

    石野 卓球(いしの たっきゅう、1967年12月26日 - )は、日本のテクノミュージシャン、シンガーソングDJ、グルーヴ歌手、音楽プロデューサー。本名、石野 文敏(いしの ふみとし)。愛称は「クリ坊」、「フミトシ」、「卓球さん」。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たリミックス

    相方の瀧が野球上手なのに対し大のスポーツ音痴。「モグラネグラ」の野球企画でレフトを守った際も、飛球を落球したあげく、その球を「俺が取るのか?」といった態度で面倒臭そうに取りに行く姿が垣間見えた。サッカー王国の静岡県出身だがもちろんサッカーなどに興味はない。そんな卓球が2002年ワールドカップの公式讃歌(作曲・プロデュースともにヴァンゲリス)のリミックス版をリリースした時は「あのスポーツ音痴が何故?」とファンやメディアの間で話題になった。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見た人間解体

    静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。小学生時代に縁日の露店で祖母に買ってもらったYMOの「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。「(母親は)静岡の同世代の女性で最もYMOを聴いた人だと思う」と回想している。中学生時代にクラフトワーク(特に人間解体を聴き狂っていた最中には更に「ウチの母親は1曲目のロボットからラストのマン・マシーンまで覚えているテクノ母さんでもある。」と当時の宝島でコメントしている)やニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らす様になり、妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の作文を書き、コンクールで入賞している。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たブラジル

    静岡学園高校の一学年上の先輩に三浦知良がいたが、卓球が入学した時点で三浦は1学年修了を待たずして中退し、ブラジルに単身留学していた為、面識は無い。彼の名前を聞かされてもロス疑惑の方(三浦和義)の事かと思ったという。多くのプロサッカー選手を輩出している有名校だが、非常に厳しい校風で、卓球は当時の学園生活を振り返り「懲役三年」と語っている。一方で、パジャマ姿で登校するなどといった奇行を行った等のエピソードを明らかにしている。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 石野卓球

    石野卓球から見たテクノ

    静岡学園高校時代ピエール瀧ら友人数人とインディーズのテクノユニット『人生』を結成。『人生』解散後、やる事のなくなった卓球はエロ本の編集者でもやろうかと考えるが、片手間に音楽を続けるために、1989年にテクノバンドの電気グルーヴを結成。数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす(実は同時に複数の会社から打診を受けていたが、最終的に寿司をおごってもらった事が決定打となる)。石野卓球 フレッシュアイペディアより)

171件中 81 - 90件表示

「石野卓球」のニューストピックワード