前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示
  • フェロー

    フェローから見たレジデント研修医

    医療研修期間で後期レジデントを終了し認定医を取得した医師。講師など正規スタッフの席が空くまでかなりベテランでもフェローとして在籍することもある。医師免許取得後早くても7年目?8年目の医師がフェロー1年目となる。フェローとなって研鑽することをフェローシップともよぶ。日本ではプログラムにもよるが最短31~33歳、米国では最短33~34歳でなることができる。オーバー(チーフ)レジデントとも呼ばれる。医師としてはもっとも脂ののっている時期で、グレイズ・アナトミーなどのドラマでも示されるように、研修医・レジデント指導の実質的中核になる。研究は大学院でという流れの中でリサーチ・メディカル・フェローであってもほとんど研究は行わない。フェロー フレッシュアイペディアより)

  • 医師

    医師から見た臨床研修研修医

    日本と同様に、高校卒業後に大学医学部に入学できるが、医学部入学には「統一試験」なるものが存在し、面接、筆記、書類審査とが厳重に行われた後医学部入学の許可が与えられる。医学部は約5年制で、各大学ごとに様々なカリキュラムが組まれている。卒業後は1年間の臨床研修が義務付けられ、その後に専門とする診療科を選択する。ここで大きく「家庭医(家庭医療/一般医療:General practice)」と「病院医(専門医療)」とに進路は選択され、それぞれ研修が行われる。そして研修終了の後にそれぞれ一般認定医、専門認定医の試験があり、合格して初めて「医師」としての独立した診療行為が許されている。医師 フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ポール

    ロン・ポールから見た研修医研修医

    彼は、兄弟のうちの2人がルター派の聖職者になっていたこともあって一度は聖職への道を考えたものの、結局は医学の道に進もうと決心しデューク薬科総合大学に進み、1961年に医学博士の学位を取得。1961年と1962年、研修医としてデトロイトのヘンリー・フォード病院の内科で勤務し、その後 1965年から1968年にかけてピッツバーグ大学の産婦人科で、同じく研修医として勤務した。ロン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • きらきら研修医

    きらきら研修医から見た研修医研修医

    女性医師のブロガー織田うさこのインターネット上のブログ『研修医うさこのどたばた奮闘記』(現・きらきら研修医。のブログ)が、眞鍋かをり司会の番組「ブログの女王」で紹介されたことを契機に、『きらきら研修医』として単行本化された。内容は病院での2年間の研修医生活を描いたものである。きらきら研修医 フレッシュアイペディアより)

  • 関西医科大学研修医過労死事件

    関西医科大学研修医過労死事件から見た研修医研修医

    医学部の学生は大学で6年間の医学教育を受け、卒後に医師国家試験に合格して医師になる。その状態では全く臨床経験が無いため大学病院などで研修医として現場の経験を積む。しかし、きちんとした研修医指導体制が確立されていなかったり、肉体的法的金銭的に過酷な勤務環境であるなど問題が多く、新研修医のあいまいな身分から「安価な労働力」として酷使される状況を生んできた。文部科学省の調査によると、ある国立大病院の内科医局では、研修医の診療時間は週78時間だったのに対し、教授はわずか3時間、助手で19時間であり、大学病院が「安価な研修医の労力」に依存する姿が浮かんでくる。関西医科大学研修医過労死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 医局

    医局から見た研修医研修医

    臨床研修医(一般的に医師の免許を受けたばかりの者)医局 フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュフォワード

    フラッシュフォワードから見た研修医研修医

    マークの妻でチャーリーの母。外科医で、研修医ブライスの指導医でもある。未来視の中で、全く知らない男性を家に上げ、恋愛関係をもっていた。後にその男性が彼女の患者であるディランの父親ロイドであることが分かり、彼を避けるようになる。フラッシュフォワード フレッシュアイペディアより)

  • 麻酔科医

    麻酔科医から見た研修医研修医

    日本の麻酔科医に関する制度は、6年制の医学教育課程、医師制度、研修医制度に基づく他に、厚生労働省による麻酔科標榜医の認定と、日本麻酔科学会による認定医・専門医・指導医の認定から成り立っている。特に麻酔科を標榜するには厚生労働省の認定を得なければならない点は、他科に対する麻酔科の特殊性を表している(医療法第70条2項、及び医療法施行規則第42条の4に基づく)。医師だけでなく病院についても日本麻酔科学会が認定する「麻酔認定病院」制度がある。麻酔科医 フレッシュアイペディアより)

  • 医師

    医師から見た研修医研修医

    日本では「医師」は国家資格であり、「医師国家試験」に合格して医籍登録を完了したものに厚生労働大臣より免許が与えられる。1999年に改正された医師法第16条の2に「診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。」と明記され、2004年度からは、臨床医として勤務するためには2年間以上の臨床研修を行うことが努力義務とされた。臨床研修を終えていない医師は、医業を続けることはできるが、病院・診療所の長となることができない。この間の「医師」を一般に研修医とも呼ぶこともある(資格名ではなく通称名)。ただし、基礎研究医や産業医、社会医学者、法医学者などはこの義務はない。しかし、これらの分野でも認定医取得条件や求人に2年間の臨床研修を義務づけている場合もある。医師 フレッシュアイペディアより)

  • 医学部

    医学部から見た研修医研修医

    医療教育は、実際に患者に触れて心理や倫理を学ぶ事ができる附属病院を有している方が効果的である為、医学部の責務とされる。また医学教育は、高度先進医療を行う病院には「まれな疾患ではあるが病態を理解しやすい難病」の患者が集まり、この様な病院の方が効果的であるため、医学部の責務とされる、学部学生の臨床実習、卒業後の研修等が行われる。医学部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
122件中 1 - 10件表示

「研修医」のニューストピックワード