122件中 91 - 100件表示
  • 亀田総合病院

    亀田総合病院から見た研修医研修医

    実際、研修医の研修先としては一定の人気を得ている反面、常勤医師の定着率は高くなく、背景には患者サービス向上の皺寄せによる疲弊や給与の低さ、東京から遠く離れているうえに地元に息抜きのための機会がないことなどが指摘される。亀田総合病院 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・パールズ

    フレデリック・パールズから見たレジデント研修医

    1962年には世界旅行に出て、途中来日し、東京と京都を訪れている。京都は特に気に入ったようで、大徳寺に2か月間滞在し、座禅を組んだという。その後はエスリン研究所のレジデントとなる。この研究所はヨガや宗教的経験、エンカウンター・グループなどを、心理学や芸術の領域に加えて取り上げる研究を行っていた。フレデリック・パールズ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府済生会茨木病院

    大阪府済生会茨木病院から見た臨床研修研修医

    臨床研修病院指定(管理型・協力型)大阪府済生会茨木病院 フレッシュアイペディアより)

  • 森田豊

    森田豊から見た臨床研修研修医

    医師で医事評論家、森田浩一郎の長男として東京都台東区谷中に生まれる。秋田大学医学部を卒業後、東大病院で臨床研修を行い、東京大学大学院医学系研究科を修了した。医師として医療に従事するとともに、メディアにて医療ジャーナリストとして活動を行っている。森田豊 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た研修医研修医

    1987年(昭和62年)7月 - 国立大阪病院臨床研修医(1989年6月まで)山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 南雲吉則

    南雲吉則から見た研修医研修医

    同年4月、東京女子医科大学形成外科の研修医に赴任する。南雲吉則 フレッシュアイペディアより)

  • 福井一成

    福井一成から見た研修医研修医

    東京大学医学部医学科卒業後は、東大附属病院の内科研修医および医師国家試験の予備校に勤務。予備校における専門領域は消化器であり、非常勤講師・模擬試験の作成・予備校出版物の共同執筆にあたる。内科研修の終了後は、日本赤十字社医療センター(人工透析・救急当直など)を経て、東京大学医学部附属病院の第2内科に勤務。内科医としての専門は高血圧である。平田恭信助手(現・東大医学部循環器内科准教授)の指導の下、医学博士を取得した(学位論文:乙10857)。なお、その当時、和田秀樹医師(下記参照)が研修医として第2内科に半年間勤務している。学会関係では、日本内科学会認定医 の資格を取得、日本内科学会・日本腎臓学会・日本臨床生理学会での発表(口演)、国際学会での発表(ポスター / Kyoto Symposium on ANP 1988年)など。福井一成 フレッシュアイペディアより)

  • 紐育華撃団

    紐育華撃団から見た研修医研修医

    微笑みを絶やさない、女神のようにやさしい少女。病弱だが、ボストン大学で医学を学び、ニューヨークにきた研修医でもある。霊力が著しく高く、鳥や花などの自然を愛する。気持ちが高ぶると土佐弁になる不思議さ、大河の女装姿に対し興奮してしまう一面を持ち合わせる。星組唯一の菜食主義者で野菜料理のレパートリーが豊富。シャノワールのシー・カプリスのいとこでもある。紐育華撃団 フレッシュアイペディアより)

  • 医学教育

    医学教育から見た研修医研修医

    一般に初期臨床研修とも呼ばれている。一般にこの時期の医師を研修医とも呼ぶ。医学教育 フレッシュアイペディアより)

  • 大学病院

    大学病院から見た研修医研修医

    大学病院自体は歯学系を除き総合病院となっており、かつ、高度先進医療の推進のため特定機能病院の認可を受けていることが多い。卒後研修のため、研修指定病院の認可も得ており、併設された医学部、歯学部にとって、学生の実習先、卒業生の就職先ともなる。大学病院 フレッシュアイペディアより)

122件中 91 - 100件表示

「研修医」のニューストピックワード