188件中 11 - 20件表示
  • 関西医科大学研修医過労死事件

    関西医科大学研修医過労死事件から見た研修医研修医

    医学部の学生は大学で6年間の医学教育を受け、卒後に医師国家試験に合格して医師になる。その状態では全く臨床経験が無いため大学病院などで研修医として現場の経験を積む。しかし、きちんとした研修医指導体制が確立されていなかったり、肉体的法的金銭的に過酷な勤務環境であるなど問題が多く、新研修医のあいまいな身分から「安価な労働力」として酷使される状況を生んできた。文部科学省の調査によると、ある国立大病院の内科医局では、研修医の診療時間は週78時間だったのに対し、教授はわずか3時間、助手で19時間であり、大学病院が「安価な研修医の労力」に依存する姿が浮かんでくる。関西医科大学研修医過労死事件 フレッシュアイペディアより)

  • 医師

    医師から見た研修医研修医

    日本では「医師」は国家資格であり、「医師国家試験」に合格して医籍登録を完了したものに厚生労働大臣より免許が与えられる。1999年に改正された医師法第16条の2に「診療に従事しようとする医師は、2年以上、医学を履修する課程を置く大学に附属する病院又は厚生労働大臣の指定する病院において、臨床研修を受けなければならない。」と明記され、2004年度からは、臨床医として勤務するためには2年間以上の臨床研修を行うことが努力義務とされた。臨床研修を終えていない医師は、医業を続けることはできるが、病院・診療所の長となることができない。この間の「医師」を一般に研修医とも呼ぶこともある(資格名ではなく通称名)。ただし、基礎研究医や産業医、社会医学者、法医学者などはこの義務はない。しかし、これらの分野でも認定医取得条件や求人に2年間の臨床研修を義務づけている場合もある。医師 フレッシュアイペディアより)

  • ブラックジャックによろしく

    ブラックジャックによろしくから見た研修医研修医

    『ブラックジャックによろしく』は、佐藤秀峰による日本の漫画、またそれを原作とした同名のテレビドラマ。研修医斉藤英二郎が目にする日本の大学病院や医療現場の現状を描く。医療監修は長屋憲。ブラックジャックによろしく フレッシュアイペディアより)

  • ブラックジャックによろしく

    ブラックジャックによろしくから見た臨床研修研修医

    2006年1月まで、講談社『モーニング』誌上で連載された。2002年第6回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。本作は2003年にTBS系列でテレビドラマ化された。臨床研修制度の不条理さ、医局の都合により歪められる医療、健康保険制度の矛盾、患者や家族との葛藤などを経て主人公は成長してゆく。ブラックジャックによろしく フレッシュアイペディアより)

  • 過労死

    過労死から見た研修医研修医

    奈良県立三室病院に勤務していた当時26歳の臨床研修医が、2004年1月に勤務中にA型インフルエンザを発症し、自宅療養をしていたが死亡した。この男性は、死亡直前の2003年12月には、1日当たりの勤務時間が12〜24時間に及ぶ日が連続6日間もあり、また、食事時間や休憩時間もほとんど取れない状態だった。地方公務員災害補償基金奈良県支部は2007年2月に、この男性の死を公務災害と認定し、両親に遺族補償一時金約417万円と、父親に約56万円の葬祭補償を支給したが、両親は、補償一時金に時間外手当が導入されていないとして、奈良地方裁判所に訴えを起こした。2010年8月26日に同地裁は、「時間外労働の存在は明確で、これを考慮しなかったことは違法」として、同支部の決定を取り消す判決を言い渡した。過労死 フレッシュアイペディアより)

  • 医学部

    医学部から見た研修医研修医

    医療教育は、実際に患者に触れて心理や倫理を学ぶ事ができる附属病院を有している方が効果的であるため、医学部の責務とされる。また医学教育は、高度先進医療を行う病院には「まれな疾患ではあるが病態を理解しやすい難病」の患者が集まり、この様な病院の方が効果的であるため、医学部の責務とされる、学部学生の臨床実習、卒業後の研修等が行われる。医学部 フレッシュアイペディアより)

  • 臨床研修指定病院

    臨床研修指定病院から見た研修医研修医

    臨床研修指定病院(りんしょうけんしゅうしていびょういん)とは、医学部を卒業し、医師免許を取得した医師(研修医)が卒後2年間、基本的な手技、知識(初期研修)を身につけるため籍を置く、つまり経験を積む、腕を磨く場を提供する病院である。臨床研修指定病院 フレッシュアイペディアより)

  • 玄米ブレード

    玄米ブレードから見た研修医研修医

    アメリカ合衆国出身の研修医。13歳。天才少年で、飛び級であっという間に医師免許まで取ってしまったほどの有能。玄米と共に日本国外へ病の治療に赴く任務を負うこととなる。玄米の医術を疑問視してまったく信用していなかったが、任務先で死に至る恐ろしい難病に直面し、恐怖に陥るが、その難病を治してしまう玄米の腕前を見て考えを改める。最後には、玄米の中学校へ編入してくる。玄米ブレード フレッシュアイペディアより)

  • 臨床研修医

    臨床研修医から見た研修医研修医

    臨床研修医 フレッシュアイペディアより)

  • 西川徹

    西川徹から見た研修医研修医

    1977年東京医科歯科大学医学部医学科卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院神経精神科研修医。1979年国立武蔵療養所神経センター流動研究員。1982年サンテラボL.E.R.S研究所(フランス)ポストドクトラルフェロー。1985年東京医科歯科大学大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。1986年国立精神・神経センター神経研究所疾病研究第三部流動研究員。1987年同部室長。1994年同部部長。1999年東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科精神行動医科学分野教授 。西川徹 フレッシュアイペディアより)

188件中 11 - 20件表示

「研修医」のニューストピックワード