122件中 61 - 70件表示
  • 新日鐵住金和歌山製鐵所

    新日鐵住金和歌山製鐵所から見た研修医研修医

    和歌山県立医科大学に対して、建物を寄贈することが発表されている。旧住金が研修医の教育施設などに活用する目的の「地域医療推進センター」(仮称)を建設し、寄贈する。地域医療推進センターは、2009年度中に同大学の附属病院の隣接地に建設する延べ床面積約3,000平方メートルの建物で、建設費用の約10億円を全額負担する。同医大は地域の医師不足対策から県立医科大学の定員が2008年度から25人増員する計画で、2008年度中に建設する新教育棟と共に、地域医療に携わる人材確保や技能向上に利用される予定である。新日鐵住金和歌山製鐵所 フレッシュアイペディアより)

  • 淀川キリスト教病院

    淀川キリスト教病院から見た研修医研修医

    現在各病院で臨床研修医の争奪戦が激しい中でも、「周産期医療」「急性期医療」「救急救命医療」「緩和医療」という、人間の誕生から死に直面するまでの、あらゆる医療を経験することができることから、多くの研修医が集まり毎年12名以上が初期臨床研修医となっている。淀川キリスト教病院 フレッシュアイペディアより)

  • 国立がん研究センター

    国立がん研究センターから見た研修医研修医

    また、前述したように官僚主導の病棟新設による莫大な借金(600億)の存在も重荷となった。国の特別会計からの借り入れで金利は4-5%で、返済期間は25年。年間の診療報酬収入250億円に対して、この借金の利息だけでも30億円を費やしてしまうありさまであった。そして、そのしわ寄せは現場に及び、レジデント、リサーチレジデントの劣悪な就労環境(医師の約半数は非常勤で手取りの月給が20万円ほど)ならびに臨時職員化など、人件費節約による収支あわせのみを考えた経営姿勢が進み、研究業績の低迷などとなってあらわれることになった。国立がん研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 事件屋稼業 (漫画)

    事件屋稼業 (漫画)から見た研修医研修医

    1946年、新潟県生まれ。新潟県立新潟高等学校、東京医科歯科大学卒業。大学の研修医をしていた頃に、医療廃棄物焼却のアルバイトをしていた深町丈太郎と知り合い結婚する。長女カオリを得るも、探偵稼業にのめり込んで家庭を顧みない丈太郎と離婚し、現在独身。しかし丈太郎に未練を残している様子が、作中に時折描かれている。事件屋稼業 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤友朗

    加藤友朗から見た研修医研修医

    1987年に東京大学薬学部卒業後、大阪大学医学部に学士入学し1991年に卒業。同大でインターンシップを修了後、兵庫県市立伊丹病院にて研修医として勤務。その後1995年から2年間マイアミ大学医学部にてクリニカル・フェローとして勤務し1997年からは同大で小児移植外科学准教授。2007年から2008年にコロンビア大学に移籍するまでは教授および移植外科部長として勤務。加藤友朗 フレッシュアイペディアより)

  • ええにょぼ

    ええにょぼから見た研修医研修医

    神戸の医大を卒業し研修医となった、宇佐美悠希(戸田菜穂)が主人公。ええにょぼ フレッシュアイペディアより)

  • GM〜踊れドクター

    GM〜踊れドクターから見た研修医研修医

    研修医。正義感に溢れ、高い志を持っている。GM〜踊れドクター フレッシュアイペディアより)

  • THE ゾンビV.S.救急車

    THE ゾンビV.S.救急車から見た研修医研修医

    サンライトシティに住む赤毛の青年で、医大生。研修医として病院に勤めていた。THE ゾンビV.S.救急車 フレッシュアイペディアより)

  • 国立国際医療研究センター

    国立国際医療研究センターから見た研修医研修医

    病院は古くからの臨床研修指定病院として知られている。臨床研修医の2年の教育方式はかつてはストレート方式だったが、90年代から総合診療科・ついで救急へのローテーションを必修化し、さらにストレート方式とスーパーローテート方式を融合させたカリキュラムへと変化してきた。国立国際医療研究センター フレッシュアイペディアより)

  • だんだん

    だんだんから見た研修医研修医

    島根県隠岐諸島知夫里島出身。めぐみと結婚するまではいつも共通語で話す。また、大事な日の前日には、すき焼きを食べる。物語開始時は大手芸能事務所「サリーミュージック」大阪支社のマネージャー。地方に埋もれている有能なアーティストを発掘する目的で、2000年7月、松江城で「シジミジル」のライブを観る。その結果、「シジミジル」を解散させてめぐみだけを歌手にと考えるが、同年8月16日、めぐみとのぞみの歌声を聴いて感動。2人をスカウトし、双子デュオにしようとする。当初は「シジミジル」の男性メンバーの伴奏(特に康太のタンバリン)を酷評していたが、グループの解散がめぐみの大学進学と歌手断念につながったとの思いから、グループの再結成を求めるようになり、2002年12月1日、ついにはのぞみを含めた4人を「SJ」としてインディーズデビューさせることにする。しかし、会社の方針から、3か月後には「SJ」を解散させ、めぐみとのぞみ2人だけを双子デュオ「Sweet Juno(スイートジュノ)」としてメジャーデビューさせる。だが、1年弱で「Sweet Juno(スイートジュノ)」が解散に至ったことから、責任を取って会社を退社。その後、自分の進むべき道に悩んでいたが、音楽関係の仕事に携わる前に目指していた医師への道を再び選択。松江第一病院で経験を積んだ後、めぐみを妻に迎えて実家の知夫里島の診療所で働いている。研修医のころは、ベッドサイド(患者の患部だけでなく、その人のすべての尊厳・暮らしをみること)に近づくのを怖がり、地域医療に携わるようになってからは、入院を拒み自宅での尊厳死を望む患者に対しての対応から地域医療の厳しさに苦悩する。しかし、めぐみと後藤のサポートでその不安はなくなった。なお、現在、石橋には両親がいない。彼が医学生のときに故郷の知夫里島で医師として働いていた父親は、過労が原因で死亡。また、看護師の母親も中学1年生のときに父親の診療所の手伝いをしている最中に亡くなった。だんだん フレッシュアイペディアより)

122件中 61 - 70件表示

「研修医」のニューストピックワード

  • merlotよりmerlot公式サイトにて発売いたします。

  • 笑顔の溢れる家庭を築いてゆきたい

  • 私ごとで大変恐縮でございますが本日12月5日に入籍致しました事をご報告させていただきます。