369件中 91 - 100件表示
  • ワイドスター

    ワイドスターから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    一般にも利用される代表的なものでは、長距離フェリー(ただし最近は減少傾向にある)や高山にある売店、山小屋などに設置してある公衆電話がある。自衛隊、気象庁および海上保安庁職員のみが駐在している硫黄島や南鳥島でも、日本列島との電話回線に、ワイドスター電話が使われている。ワイドスター フレッシュアイペディアより)

  • 第51軍 (日本軍)

    第51軍 (日本軍)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)には、1月にフィリピンルソン島に、2月に硫黄島に、4月には沖縄に連合国軍が上陸、日本本土に迫るなかで、同年4月8日に編成された。第51軍 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

  • 第53軍 (日本軍)

    第53軍 (日本軍)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)には、1月にフィリピンルソン島に、2月に硫黄島に、4月には沖縄に連合国軍が上陸、日本本土に迫るなかで、同年4月8日に編成された。第53軍 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀海軍航空隊

    横須賀海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年(昭和19年)2月より実戦配備につく。6月15日、あ号作戦発動にともない、第27航空戦隊と八幡空襲部隊を編成し、マリアナ方面の後詰として硫黄島へ進出した。度重なる空戦と硫黄島への爆砲撃により、7月4日までに全機材を喪失。残存隊員は輸送機で横須賀に帰還するが、一部の隊員はそのまま硫黄島の守備につき、のちに玉砕した。その後は九州に進出しての特攻攻撃援護、および関東地区防空戦に従事した。横須賀海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 飢餓作戦

    飢餓作戦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    日本軍は潜水艦による被害も多い東シナ海経由の門司 - 華北航路を6月に閉鎖する一方、日本海側の諸港を拠点として、なおも朝鮮半島との航路だけは維持しようと試みた。しかし、7月9日からの第5期作戦ではアメリカ軍は日本の完全封鎖を目標とし、硫黄島の飛行場も帰路の中継基地として活用することで行動半径を伸ばしたため、朝鮮半島にまで本格的に攻撃が及ぶようになった。舞鶴港や新潟港、船川港、朝鮮半島の釜山港などが機雷投下を受け、特に満州からの食糧積み出し拠点だった羅津が420個を集中投下されている。計3746個の機雷が使用された。飢餓作戦 フレッシュアイペディアより)

  • メガフロート

    メガフロートから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    希望内容としてはパイロットの疲労軽減の観点から想定海域は米空母の母港となっていた横須賀海軍施設の近郊で、相模湾、東京湾などが挙げられている。また、米側の要求に応えるばかりでなく有事の際の日米協同の防空作戦を展開する上での役割が期待され、当時脅威となっていたバックファイアに対する邀撃訓練のための使用も検討していた。しかし、工費が莫大であることに加え、当時は緊縮財政によりシーリング予算を毎年編成していたことなどが挙げられ、具体化はすることなく、程なく陸上の移設候補地を探すことになる(三宅島、硫黄島、岩国飛行場、その他各地の自衛隊の飛行場などが検討され、後2箇所で実現した)。メガフロート フレッシュアイペディアより)

  • 清霜 (駆逐艦)

    清霜 (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月18日、第十一水雷戦隊の駆逐艦2隻(清霜、松)は十一水雷旗艦の長良型軽巡洋艦1番艦長良とともに横須賀に向かった。横須賀に到着後、小笠原諸島に対する「伊号作戦」に加わり、軽巡2隻(多摩、木曾)、駆逐艦2隻(清霜、皐月)として第二輸送隊を構成し、父島到着後は硫黄島行きの第四輸送隊を構成した。硫黄島への輸送任務を終えた後、僚艦2隻(皐月、夕月)とともに東京行きの第3628船団を護衛する予定であったが、船団の速力が7ノットと遅い事や船団および3隻(清霜、皐月、夕月)が空襲を受けた事により、護衛を取りやめて横須賀に帰投した。清霜 (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋の翼

    太平洋の翼から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    昭和19年8月、マリアナ沖海戦に大敗した日本海軍は制空権を失った。その前途に暗雲が立ち込め始める中、軍令部内では一撃一殺の特攻による戦局挽回を唱える者が大勢となっていた。そんな中で、千田中佐は特攻攻撃に異を唱え、紫電改によって構成された精鋭部隊による局地の制空権の確保を突破口に制空権奪還を提唱する。千田中佐によって招集をかけられた精鋭パイロット達は、安宅中尉らは硫黄島の包囲網を突破して潜水艦で、矢野大尉らはラバウルから敵のPTボートを乗っ取り、滝大尉らは航空要員すら陸戦隊として戦うフィリピンから「内地に帰れる」と厭味を叩かれ、戦闘で戦友を犠牲にし、その遺体を洋上へ投棄しつつも「戦うために」本土に帰還した。彼らは千田中佐の下松山基地で343航空隊として再編成され、滝の指揮する「新撰組」、矢野の指揮する「天誅組」、安宅の指揮する「維新隊」と3つの飛行隊が揃えられた。ある日、滝の元に玉井兵曹の姉である美也子が訪れる。滝は、玉井の遺体を投棄した事実を伝えるのであった。太平洋の翼 フレッシュアイペディアより)

  • マリアナ諸島空襲

    マリアナ諸島空襲から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    対する日本軍のマリアナ諸島防備状況は、絶対国防圏の名と裏腹に手薄だった。陸上には海軍の第5根拠地隊と陸軍の第13師団先遣隊がいる程度である。航空戦力は、第一航空艦隊(司令長官:角田覚治中将)の進出が始まった矢先だった。一航艦は決戦専用として1943年(昭和18年)7月に編成された基地航空部隊で、大本営直轄として1年かけて養成する建前だったが、マーシャル諸島方面の情勢緊迫に伴い、連合艦隊に編入されたのである。そして、トラック島空襲の損失を埋めるため、比較的に充足率・練度の良い第61航空戦隊(761空ほか)の全力をマリアナ諸島に進出させることとなっていた。空襲4日前の2月19日から少しずつ到着し始めており、22日時点で陸攻39機など各種93機が届いていたが、主力戦闘機隊の261空(零戦68機)はまだ中継地の硫黄島にいた。指揮官の角田中将は積極果敢な指揮で知られる人物であった。一航艦のほか、マリアナ諸島所在の海軍航空部隊はすべて角田中将の指揮下に入れられており、総兵力は水上機や輸送機を含めて約140機であった。マリアナ諸島空襲 フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・ウォーカー

    ジョニー・ウォーカーから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    太平洋戦争中の硫黄島守備隊司令官として有名な栗林忠道中将は、ジョニーウォーカーの愛飲者。映画『硫黄島からの手紙』では西竹一中佐が調達してきたジョニー・ウォーカーで乾杯するシーンもある。ジョニー・ウォーカー フレッシュアイペディアより)

369件中 91 - 100件表示

「硫黄島」のニューストピックワード