307件中 91 - 100件表示
  • 第五二一海軍航空隊

    第五二一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月11日の第一撃で壊滅状態となったまま、回復の機会なく1ヶ月で解隊に追い込まれた。残存要員は乙飛行隊のマリアナ海軍航空隊に転換され、亀井司令はマリアナ空司令に横滑りした。7月21日にはグアムの地上戦が始まり、機体を失った隊員は地上戦に赴き、亀井司令以下総員が8月10日に玉砕した。練成途上で豊橋に残った要員は、以後開隊された銀河隊の要員に転換され、フィリピン・硫黄島・沖縄戦線に投入された。第五二一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第九〇一海軍航空隊

    第九〇一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    昭和19年1月5日 大村(陸攻6)・小禄(陸攻6)・東港(飛行艇3)に進出。以後2月中にマニラ(陸攻6)・硫黄島(陸攻6)・サイパン島(飛行艇2)に進出。各隊は漸次増強。第九〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • シルバープレート

    シルバープレートから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    トップ・シークレット(硫黄島でエノラ・ゲイのバックアップ機として待機)シルバープレート フレッシュアイペディアより)

  • 第一航空隊

    第一航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    機体を喪失して辛くも生還した要員の一部は本土に帰還し、豊橋の再編部隊と合流して一からの再編作業に従事していた。ようやく実線投入に目処がついたころ、米軍は絶対国防圏への侵入を図り、マリアナ諸島への攻撃を企図していた。本土を拠点として硫黄島経由でマリアナ諸島を支援すべく、七五二空は活動を再開した。第一航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク (戦艦)

    ニューヨーク (戦艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ニューヨークは11月21日に西海岸を出航、サンペドロに12月6日到着し、上陸作戦に備えて砲撃訓練を行った。サンペドロを1945年1月12日に出航、真珠湾に向かいその後スクリューの損傷を調査するためエニウェトク環礁へ向かった。速力に問題があったものの、硫黄島攻略部隊に加わりサイパン島沖で演習を行った。2月16日には硫黄島に対し侵攻前の艦砲射撃を実施した。続く3日間にわたって、ニューヨークは同任務に従事した他の艦よりも多くの砲弾を発射し、古参兵が何をなすことができるのかを証明するかのように、その14インチ砲で敵弾薬集積所に対する直撃弾を与えた。ニューヨーク (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • ネバダ (戦艦)

    ネバダ (戦艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    8月15日から9月27日までネバダは南フランスへの艦砲射撃を行い、ツーロンでは大戦初期に戦艦から取り外された13.4インチ砲を装備した海岸砲台との砲撃戦を行った。その後ニューヨークで主砲身を交換し、太平洋戦線へ向かった。1945年2月16日に硫黄島へ到着、3月7日まで海兵隊の上陸作戦を支援した。ネバダ (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 瑞鳳 (空母)

    瑞鳳 (空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    太平洋戦争では、ミッドウェー海戦における主力空母四隻の喪失後に貴重な空母戦力として大型正規空母に伍して活躍。南太平洋海戦やマリアナ沖海戦、危険が多い硫黄島周辺海域での索敵などを歴戦した。日本機動部隊最後の戦いとなったレイテ沖海戦では囮役である小沢機動艦隊の一翼として参加した。瑞鳳 (空母) フレッシュアイペディアより)

  • インディアナ (戦艦)

    インディアナ (戦艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    12月12日に真珠湾に到着し、インディアナは直ちに訓練の準備に入った。1945年1月10日に出航し、1月24日には戦艦巡洋艦部隊と共に硫黄島への砲撃を開始した。その後、インディアナはウルシー環礁で第58任務部隊に加わり、2月10日に硫黄島侵攻部隊へ配属された。インディアナは硫黄島への砲撃任務を中断し2月17日と25日に東京へ空襲を行う空母部隊の護衛任務に従事した。3月5日にウルシー泊地へ帰還し、沖縄進攻の準備として補給を受けた。インディアナ (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 第二一〇海軍航空隊

    第二一〇海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月3日 月光隊3機を硫黄島に派遣、1機喪失・2機八丈島に不時着し到達できず。18日断念。第二一〇海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第46師団 (日本軍)

    第46師団 (日本軍)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1943年10月に南方への転出が命ぜられ、所属の歩兵第123連隊がジャワ島東部の小スンダ列島スンバワ島に上陸し、二ヶ月後には歩兵第147連隊がスンバワ島に上陸した。残りの歩兵第145連隊は、輸送船の関係で進出することができず、1944年(昭和19年)6月、硫黄島の小笠原兵団に配属され硫黄島の戦いに参戦し全滅した。第46師団 (日本軍) フレッシュアイペディアより)

307件中 91 - 100件表示

「硫黄島」のニューストピックワード