307件中 111 - 120件表示
  • デンバー (軽巡洋艦)

    デンバー (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    戦線に復帰したデンバーは1944年6月22日にエニウェトク環礁に到着した。8日後にマリアナ諸島および小笠原諸島に対する攻撃を行う空母部隊の護衛として出航する。デンバーは7月4日に硫黄島に砲撃を行い、空母部隊の護衛を継続した後8月5日にエニウェトクに帰還した。デンバー (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • タスカルーサ (重巡洋艦)

    タスカルーサ (重巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月16日、タスカルーサは第5艦隊(レイモンド・スプルーアンス大将)の一艦として硫黄島の戦いに参加。火力支援部隊として硫黄島に対し艦砲射撃を行い、3日後の上陸日には島の奥深くまで砲弾を届かせた。以後、3月14日まで絶え間ない砲撃と照射により戦闘の援護を行った。タスカルーサ (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 青森大空襲

    青森大空襲から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    7月28日21時15分。青森県地区警戒警報発令。それから間もない22時10分空襲警報発令。この頃、前進基地の硫黄島を離陸したB29は、仙台湾から男鹿半島へ抜け、鰺ヶ沢町附近から青森市に向った。 そして暗闇に包まれた青森市に現れた62機(内1機は投下失敗)のB29は、照明弾で市内を照らしたのち、22時37分、焼夷弾の投下を始め、23時48分まで続いた。M74六角焼夷弾38本を束ねた2186発のE48焼夷集束弾が投下され、83000本もの焼夷弾が降り注いだ。青森市立橋本小学校付近に居た人たちは一気に浦町駅(現在の平和公園)の方向へ逃げていった。青森大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • ウォレス・L・リンド (駆逐艦)

    ウォレス・L・リンド (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年2月19日、空母部隊は硫黄島上陸支援のため上空援護を行った。これらの作戦は2月25日まで行われ、その後再び東京への空襲が行われた。これらの作戦活動の間、ウォレス・L・リンドは空母部隊の護衛任務を命じられ、郵便物の輸送と兵員輸送の支援を行った。ウォレス・L・リンド (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 第七〇六海軍航空隊

    第七〇六海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    硫黄島の救援が頓挫し、東日本に残存した一式陸上攻撃機と銀河からなる遠距離航空部隊を再編して編成した「最後の陸攻隊」。硫黄島・マリアナ諸島への報復攻撃、コロネット作戦の洋上阻止を見据えた切り札として期待された。しかし、編成から一月もしないうちに沖縄戦が勃発。派遣隊を送り、沖縄方面の支援作戦に当たらせるとともに、本隊はマリアナ諸島急襲攻撃(剣作戦)を実現化するため訓練を続行した。第七〇六海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • ソーフィッシュ (潜水艦)

    ソーフィッシュ (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    11月1日、ソーフィッシュは5回目の哨戒で小笠原諸島方面に向かった。11月19日、ソーフィッシュは未明から約10時間にわたって、ハーダー (USS Harder, SS-257) が第4111船団を攻撃しているものと思しき、断続的な爆発音を聴取する。11月26日未明には、の地点で5隻の輸送船団を発見し、魚雷を5本発射して3本の不正確な命中があったとする。12月7日夜、ソーフィッシュはの父島近海で輸送船と護衛艦を探知し、翌8日未明にの地点にいたったところで魚雷を4本発射。魚雷は特設運送船山西丸(大連汽船、3,266トン)に命中し、山西丸は硫黄島経由で父島に曳航されたが、修理中の1944年3月12日に魚雷命中部分から船体が分断して沈没した。12月19日、ソーフィッシュは48日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投。サンフランシスコに回航され、ハンターズ・ポイント海軍造船所でオーバーホールに入った。艦長がアラン・B・バニスター中佐(アナポリス1928年組)に代わり、オーバーホールは1944年の春先には完了。3月22日に真珠湾に到着した。ソーフィッシュ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 航空艦隊

    航空艦隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年7月10日創設、1945年10月15日解散。本土防衛のため当初は関東、硫黄島陥落後は南九州を中心に展開し、硫黄島および沖縄への積極迎撃・艦船や機動部隊への攻撃・特攻及び本土防空を担当した。航空艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 飢餓作戦

    飢餓作戦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    日本軍は、潜水艦による被害も多い門司=華北航路を6月に閉鎖する一方、日本海側の諸港を拠点として、なおも朝鮮半島との航路だけは維持しようと試みた。しかし、7月9日からの第5期作戦ではアメリカ軍は日本の完全封鎖を目標とし、硫黄島の飛行場も帰路の中継基地として活用することで行動半径を伸ばしたため、朝鮮半島にまで本格的に攻撃が及ぶようになった。舞鶴港や新潟港、船川港、朝鮮半島の釜山港などが機雷投下を受け、特に満州からの食糧積み出し拠点だった羅津が420個を集中投下されている。計3746個の機雷が使用された。飢餓作戦 フレッシュアイペディアより)

  • イオー・ジマ (LHD-7)

    イオー・ジマ (LHD-7)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    イオー・ジマ(USS Iwo Jima, LHD-7)は、アメリカ海軍の強襲揚陸艦。ワスプ級強襲揚陸艦の7番艦。2005年2月から第2艦隊旗艦を務める。艦名は第二次世界大戦の激戦地であった硫黄島に因んで名付けられた。イオー・ジマ (LHD-7) フレッシュアイペディアより)

  • 松 (駆逐艦)

    松 (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月18日まで瀬戸内海方面で慣熟訓練を行った後、軽巡洋艦「長良」、駆逐艦「清霜」とともに横須賀に回航され、第十一水雷戦隊に加勢された他の軽巡洋艦、駆逐艦および輸送艦とともに、小笠原諸島方面への輸送作戦に投入された。「松」は「長良」、「冬月」および第4号輸送艦とともに硫黄島への輸送部隊の第一陣に加わり、6月29日に横須賀を出撃。硫黄島への輸送任務を終えて父島を経由し、7月2日に横須賀に帰投した。帰投後、「松」は横須賀鎮守府部隊に編入された。松 (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

307件中 111 - 120件表示

「硫黄島」のニューストピックワード