369件中 121 - 130件表示
  • すり鉢

    すり鉢から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    円錐形の形状を表現する「すり鉢形」という言葉がある。特に火山活動で形成された成層火山やスコリア丘の形状は「すり鉢形」と表現される。硫黄島の「摺鉢山」などこの形状に由来する地名もあり、転じてアメリカ海兵隊はかつて「スリバチ号」と命名した軍艦を運用していた。すり鉢 フレッシュアイペディアより)

  • 火山帯

    火山帯から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    富士火山帯(ふじかざんたい)は、富士箱根火山帯(ふじはこねかざんたい)あるいは富士箱根伊豆火山帯(ふじはこねいずかざんたい)とも呼ばれ、新潟県西部から長野県、山梨県、静岡県を通り、太平洋上を伊豆・小笠原海溝に沿って伊豆諸島、小笠原諸島へと延びる火山群である。主な火山は北から、新潟焼山、妙高山、黒姫山、蓼科山、八ヶ岳、富士山、箱根山、天城山、伊豆大島、三宅島、八丈島、ベヨネース列岩、硫黄島、福徳岡ノ場などである。火山帯 フレッシュアイペディアより)

  • タスカルーサ (重巡洋艦)

    タスカルーサ (重巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月16日、タスカルーサは第5艦隊(レイモンド・スプルーアンス大将)の一艦として硫黄島の戦いに参加。火力支援部隊として硫黄島に対し艦砲射撃を行い、3日後の上陸日には島の奥深くまで砲弾を届かせた。以後、3月14日まで絶え間ない砲撃と照射により戦闘の援護を行った。タスカルーサ (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ケンタッキー州の歴史

    ケンタッキー州の歴史から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ヘンダーソン郡のハズバンド・キンメルは太平洋艦隊を指揮した。ハロッズバーグ出身の66名はバターン死の行進を経験した。フランクフォートのエドガー・アースキン・ヒュームは、ローマ占領後にそこの軍政府長官を務めた。ケンタッキー州生まれのフランクリン・スースリーは硫黄島にアメリカ国旗を掲げる写真に撮影された。ハロッズバーグ住人のジョン・サドラーは戦争捕虜として長崎の原子爆弾を目撃した。ケンタッキー州人で7人が名誉勲章を受けた。戦争に306,364人が従軍し、7,917人が戦死した。ケンタッキー州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 島嶼町村制

    島嶼町村制から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1940年(昭和15年)4月1日 - 伊豆諸島の島嶼町村制が普通町村制に移行、同時に青ヶ島に普通町村制による青ヶ島村を設置。父島、母島、硫黄島でも普通町村制を施行。島嶼町村制 フレッシュアイペディアより)

  • スカベンジャー作戦

    スカベンジャー作戦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    日本軍は、マリアナ諸島に続けて硫黄島へもアメリカ軍が侵攻することを危惧し、伊号輸送の名の下に硫黄島を中心とした小笠原諸島の防備強化を急いでいた。7月29日、松型駆逐艦1番艦松を旗艦とする第2護衛船団司令部(司令官:高橋一松少将)以下の横須賀鎮守府乙直接護衛部隊に守られた第3729船団が、硫黄島へ向け出航していた。スカベンジャー作戦 フレッシュアイペディアより)

  • オークランド (軽巡洋艦)

    オークランド (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    第58.1任務群は6月23日、パガン島と硫黄島を攻撃し、6月27日に補給のためエニウェトク環礁に帰投。30日に小笠原諸島への再度の攻撃のため出撃し、7月3日から4日にかけて父島と硫黄島を攻撃した後、5日には南下してマリアナ諸島沖に達した。7月7日、任務群はグアムとロタ島を交互に攻撃し、オークランドは駆逐艦ヘルム (USS Helm, DD-388) と共に沖で撃墜されたパイロットを救助した。オークランド (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • アルバコア (SS-218)

    アルバコア (SS-218)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    5月29日、アルバコアは9回目の哨戒でマリアナ諸島方面へ向かった。この哨戒は結果的にアルバコアの艦歴のうちで最も有名かつ栄光あるものとなった。この哨戒では、艦船攻撃とサイパン島を攻撃予定の第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)を支援する任務を課せられていた。6月11日、アルバコアは硫黄島近海でに輸送船団を発見したものの、航空機の制圧を受け潜航を余儀なくされ攻撃は出来なかった。アルバコア (SS-218) フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア (軽巡洋艦)

    コロンビア (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年1月6日、フィリピンのルソン島西部リンガエン湾で、日本陸軍の特攻機(九九式襲撃機)の体当たり攻撃を受け13名が死亡、44名が負傷した。レイテ島のサンペドロ湾で応急修理を受け、その後西海岸でオーバーホールを受けた。6月16日にレイテ島に戻る。3日後ボルネオのバリクパパンに向けて出航し、6月28日から停泊、7月1日から行われる侵攻作戦に備えた掃海作業の護衛を行う。コロンビアはオーストラリア軍の上陸を支援し、翌日まで艦砲射撃を行った。その後第95任務部隊に合流し、東シナ海での日本艦艇への攻撃任務に従事する。8月15日に戦争が終了すると、視察団をトラック島へ運ぶ。その後は10月31日まで陸軍兵士をグアム、サイパン、硫黄島から帰国させる任務に就いた。コロンビア (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ガジョン (SS-211)

    ガジョン (SS-211)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    4月18日6時30分、松輸送支援のため対潜哨戒中の九〇一空硫黄島派遣隊の九六式陸攻1機が硫黄島南東166海里の地点で潜没したばかりの潜水艦を発見し、爆弾2発を投下。爆弾は艦首と艦橋直後に命中し、潜水艦は大爆発を起こして轟沈、跡には濃厚な重油膜が広がっていた。これはガジョンの最期の一つと考えられる。他にも、硫黄島北西付近で横須賀航空隊の九七式飛行艇の爆雷攻撃で沈没した潜水艦がガジョンだとも、「マウグ島近海で攻撃を受けて沈没しつつある潜水艦がガジョンだろう」だとも言われている。このうち、九〇一空の攻撃に関しては、戦後に英訳して記録を提出した際、翻訳者が硫黄島を "Iwo Jima" と書くべきところを、なぜか "Yuoh Jima" と誤記してしまった。"Yuoh" をどう読もうとそういう名の島がないことから、九〇一空の記録はアメリカ側にはあまり相手にされなかった時期があった。ガジョン (SS-211) フレッシュアイペディアより)

369件中 121 - 130件表示

「硫黄島」のニューストピックワード