369件中 131 - 140件表示
  • パサデナ (軽巡洋艦)

    パサデナ (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    パサデナはマリアナ諸島侵攻作戦直前に就役し、1944年の夏は整調訓練に従事、9月25日に太平洋に向けて出航する。11月3日に日付変更線を横断し、月の中頃にウルシー環礁で第38任務部隊に合流する。同年の残りはフィリピン攻略戦支援のためのルソン島、台湾への攻撃に参加する。ルソン島への攻撃を継続し1945年1月中旬に部隊は南シナ海へ向かい、日本軍施設及び艦艇への攻撃をインドシナ沿岸、台湾で行う。第58任務部隊と改称された艦隊は2月に日本本土攻撃に向かい、その後南東へ方向転換し硫黄島上陸部隊の支援を行う。パサデナは艦砲射撃と偵察巡航を行った。パサデナ (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ボルチモア (重巡洋艦)

    ボルチモア (重巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1月26日にボルチモアは第5艦隊に合流し、日本本土攻撃(2月16日、17日)、硫黄島侵攻作戦(2月19日 - 3月5日)、沖縄戦での第5艦隊の支援(3月18日 - 6月10日)といった一連の戦闘に参加する。ボルチモア (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 艦砲射撃

    艦砲射撃から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    太平洋戦争では島嶼の争奪戦という性格上、多数の上陸作戦が日米双方によって行われ、それに伴い艦砲射撃も頻繁に行われた。しかし、この頃には戦艦といえども航空機の攻撃に耐えられないことが明らかとなり、すでに制空権無しでの艦砲射撃は無謀とされた。艦隊は、艦載砲の射程よりも遥か遠方から飛来する航空機に対する防空能力も持たなかった。実際、ミッドウェー海戦において、ミッドウェー島攻略を目指した日本海軍が先行させたのは空母機動部隊であり、戦艦主体の艦隊は遥か後方に配置されていた。アメリカ軍も、まず制空権を確保し、その後に艦砲射撃を行っていた。戦争後期の島嶼の戦いにおいても、アメリカ軍は各空域の制空権を手中にし、その後に徹底的な艦砲射撃を行った後に、海兵隊を上陸させた。ところが、一旦制空権を得た後は、日本軍に対する艦砲射撃は有効であった。当時、陸上部隊が艦砲射撃に対抗しうる防御法はなく、日本軍は島嶼攻防戦での一方的敗北を喫した。しかし、日本軍守備隊が水際作戦ではなく強固な地下陣地を敷いていた硫黄島の場合、アメリカ軍の艦砲射撃は激烈ではあったものの、その効果は十分とはいえなかった。また、戦争末期になるとアメリカ軍の制海権・制空権は日本沿岸にも達したため、室蘭(室蘭艦砲射撃の項を参照)や日立、浜松、釜石(釜石艦砲射撃)などに直接艦砲射撃を行った。なお、太平洋戦争では上陸支援以外にも艦砲射撃が行われた。特に有名なのは、1942年に日本海軍によって行われたヘンダーソン飛行場への艦砲射撃である。艦砲射撃 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマビル

    ヤマビルから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    日本では岩手・秋田県以南の本州から四国、九州に分布する。また周辺島嶼では佐渡島、金華山、淡路島、それに屋久島が知られる。ただし神奈川県の調査報告によると、四国は分布域とされているが、確実な情報がないという。国外では中国の雲南省も生息域として知られる。原名亜種は熱帯域に広く分布するものである。琉球列島でも石垣島、西表島に多く、これはサキシマヤマビル H. zeylanica rjukjuana とされる。また他に東京都(火山列島)硫黄島にイオウジマヤマビル H. zeylanica ivosimae が知られる。ただし、これらの分類については異説もあり、日本の変種を独立種とする説もある。ヤマビル フレッシュアイペディアより)

  • シルバープレート

    シルバープレートから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    トップ・シークレット(硫黄島でエノラ・ゲイのバックアップ機として待機)シルバープレート フレッシュアイペディアより)

  • 河石達吾

    河石達吾から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    除隊後、再び電力会社に勤務する。結婚後の1944年6月、再び召集され硫黄島に陸軍中尉として配属、北地区隊の副官として栗林司令部の防備にあたったが1945年3月、硫黄島の戦いにて戦死を遂げた。死後陸軍大尉に特進した。享年33。河石達吾 フレッシュアイペディアより)

  • ロイツェ (駆逐艦)

    ロイツェ (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    短期間のオーバーホールのあと、ロイツェは1945年1月1日にコッソル水道を出撃し、ルソン島の戦いに加わる。道中、護衛空母マキン・アイランド (USS Makin Island, CVE-93) から1名の乗組員が海中に転落し、ロイツェがその乗組員を救助してマキン・アイランド側からお礼のアイスクリームを受け取った。リンガエン湾へ味方部隊が上陸するに1月6日に到着したロイツェは、上陸作戦翌日の1月7日に日本側の監視艇を撃沈し、1月9日にも「震洋」を撃ち沈めた。フィリピンでの戦いが一段落つくと、ロイツェは硫黄島の戦いにはせ参じることとなった。ウルシー環礁で水中爆破班と訓練を重ね、サイパン島に移ってさらに大規模な演習を行い、準備を整えたあと2月16日に硫黄島沖に到着。硫黄島は集中的な爆撃と艦砲射撃が繰り返されたにもかかわらず、栗林忠道中将以下日本軍守備隊からの砲火は猛烈であった。翌2月17日、水中爆破班派遣の準備を行っていたロイツェは艦前部に命中弾を受け、3名の重傷者を出した。ロイツェは任務終了まで海域に残り、翌日に修理のためウルシーに向かった。3月に入って硫黄島の戦いに戻ったが、来る沖縄戦の準備のため4日間しか戦いに加わらなかった。ロイツェ (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • ソルトレイクシティ (重巡洋艦)

    ソルトレイクシティ (重巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年10月15日から26日、ソルトレイクシティはレイテ沖海戦を挟み一貫して第38任務部隊の護衛に専念し、フィリピン方面の日本側の艦船や施設を叩く第38任務部隊の支援を行った。11月8日からは第5巡洋艦隊に入った。11月20日早朝、ソルトレイクシティは重巡チェスター(USS Chester, CA-27)、ペンサコーラ、駆逐艦4隻と共にウルシー環礁から出て、ムガイ水道を通過していた。0523、水道東口を哨戒中の米掃海艇(USS Vigilance, AM-324)が潜望鏡と航跡を発見し、通報。これを受け、艦隊は水道を出るとともに之字運動を開始。その後、チェスターが550m先に、その右舷を航行していた米駆逐艦(USS Case, DD-370)が艦隊に接近しようと南下する潜望鏡を発見。チェスターはこれを押し潰そうとスピードを上げた。「潜航艇が魚雷発射のために占位運動中」と判断したケースは、潜望鏡がチェスターを向いたままなのを見て体当たりを決意。チェスターは衝突を避けるためスピードを落として進路を変えた。0538、ペンサコーラの右舷2000mの距離で潜望鏡を発見。ペンサコーラはこれを回避した。潜航艇はペンサコーラの前方を潜航通過して隊列の南側に浮上し、左に大きく旋回してチェスターの右正横に移動。ケースはここにきて面舵一杯、右舷後進一杯、左舷機前進一杯で急速転舵し、0538に浮上航走中の潜航艇の左側から中央部を艦首でへし折り、続いて旋回しながら爆雷を投下し、これを撃沈した。この潜航艇は伊36から発進した回天である可能性が高い。その後、1945年1月24日までの間、サイパン島のB-29を攻撃する航空機の根城である小笠原諸島を、B-24とともに海と空の両面から攻撃し続けた。1945年2月の硫黄島の戦いから4月の沖縄戦にかけては砲撃に護衛にと活動し、硫黄島への攻撃が3月13日まで続けられた後、沖縄戦には5月28日まで参加し、その後整備と補給のためレイテ湾に向かった。整備終了後は沖縄に戻り、7月6日からは東シナ海における掃海作戦の支援を行った。8月8日、ソルトレイクシティはサイパン島経由でアリューシャン方面に向かった。アダック島に到着後、8月31日に北日本海域に向かい、大湊方面の日本海軍兵力を制圧した。ソルトレイクシティ (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • リトル (DD-803)

    リトル (DD-803)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    西海岸沖での訓練後、リトルは1944年11月11日にシアトルを出航し、真珠湾への船団護衛任務に就く。11月23日に真珠湾に到着、その後は砲術訓練および演習に参加した。1945年1月22日、エニウェトク環礁へ向かう戦車揚陸艦のグループと共に出航し、硫黄島侵攻のリハーサルを行う。サイパンでの最終準備の後、2月15日にリトルは硫黄島に向けて出航した。リトル (DD-803) フレッシュアイペディアより)

  • ロングショー (駆逐艦)

    ロングショー (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月10日、ロングショーは夜戦部隊指示チームを乗艦させ空母部隊と共にウルシー環礁を出航、2月17日と18日に行われた東京への空襲では夜戦部隊の指示およびレーダーピケット艦任務に従事した。2月の残りは硫黄島に夜間攻撃を行う第58.5任務群の護衛を担当した。3月12日にウルシー環礁に帰還、その後21日に沖縄に向けて出航し空母部隊を護衛した。3月25日に到着しロングショーは上陸部隊支援のための艦砲射撃を行った。4月から5月にかけて同任務を継続し、ロングショーの乗組員は大いに貢献した。日本軍の特攻機による攻撃は激しく続いたが、ロングショーはその能力を最大限に発揮して艦砲射撃による支援を行った。ロングショー (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

369件中 131 - 140件表示

「硫黄島」のニューストピックワード