307件中 31 - 40件表示
  • カウペンス (空母)

    カウペンス (空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年6月6日から7月10日までカウペンスはマリアナ海域で作戦活動を行う。艦載機はサイパン島の地上部隊の支援を行い、硫黄島、パガン島、ロタ島、グアム攻撃の支援を行った。6月19日、20日のマリアナ沖海戦では多数の敵機を撃墜している。その真珠湾で短期間のオーバーホールを受け、8月17日にエニウェトクで第58任務部隊と再合流する。29日にカウペンスはパラオ攻略の事前攻撃を行った後、9月13日から17日までは第38任務部隊を一時離れてモロタイ島上陸支援部隊に加わり、任務部隊に再合流すると21日から24日までルソン島に対する攻撃、偵察任務に従事する。カウペンス (空母) フレッシュアイペディアより)

  • ラングレー (CVL-27)

    ラングレー (CVL-27)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ラングレーは8月から9月のパラオ攻略支援とフィリピン攻撃、10月からの台湾、沖縄攻撃に参加。10月23日から25日にかけてのレイテ沖海戦には第38.3任務群(フレデリック・C・シャーマン少将)に属して参加した。11月から12月にかけても、引き続きフィリピン攻撃の支援を行った。12月18日に遭遇したコブラ台風により、ラングレーの船体は左右に35度傾くなどしたものの、幸い被害はなかった。1945年1月から2月にかけては、第3艦隊(ウィリアム・ハルゼー大将)および第5艦隊(レイモンド・スプルーアンス大将)の一部として1月に南シナ海、2月以降は日本本土および硫黄島への攻撃を行う。6月から7月にかけて本国でオーバーホールを行い、8月の終戦時には太平洋上にあった。ラングレー (CVL-27) フレッシュアイペディアより)

  • サン・ジャシント (空母)

    サン・ジャシント (空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    その後サン・ジャシントはロタ島とグアムに対する攻撃、戦闘偵察飛行、対潜哨戒任務に参加した。この攻撃期間中にサン・ジャシントの艦載機パイロットはグアム島上空で撃墜され、救命筏の中で17日間を過ごした後に救助された。エニウェトク環礁で燃料及び物資を補給した後、サン・ジャシントは7月15日にパラオ攻撃に参加する。8月5日には父島、母島、硫黄島に対する攻撃を行った。エニウェトクで短期間停泊した後、僚艦がヤップ、ウルシー、アンガウル島、バベルダオブ島へ攻撃を行っている間に戦闘偵察飛行、対潜哨戒任務に従事する。日本軍機は地上に釘付けとなった。サン・ジャシント (空母) フレッシュアイペディアより)

  • いおう (掃海艇)

    いおう (掃海艇)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    いおう(ローマ字:JDS Iou, MSC-631、YAS-83)は、海上自衛隊の掃海艇。たかみ型掃海艇の2番艇。艇名は硫黄島に由来する。いおう (掃海艇) フレッシュアイペディアより)

  • ナンヨウチビアシナガバチ

    ナンヨウチビアシナガバチから見た硫黄島 (東京都) 硫黄島 (東京都)

    日本の硫黄島に移入分布している。定着が確認されたのは1981年のことで、米軍の物資に紛れ込んで導入されたと考えられる。ナンヨウチビアシナガバチ フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島村

    硫黄島村から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    現在の小笠原村硫黄島に位置する。硫黄島村 フレッシュアイペディアより)

  • フリント (軽巡洋艦)

    フリント (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    フリントは1944年12月27日にウルシー環礁で第3艦隊(ウィリアム・ハルゼー大将)に加わった。その6日後、第38任務部隊(ジョン・S・マケイン・シニア中将)所属でルソン島攻略支援のため出撃した。1月26日から2月10日までウルシー環礁で補給をおこない、第38任務部隊から名前の変わった第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)所属で東京空襲に向かった。2月21日に部隊は硫黄島沖に到着し、硫黄島攻略の支援に当たった。フリントは3月12日にウルシー環礁に戻り2日間補給をおこなった。フリント (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア (軽巡洋艦)

    コロンビア (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年1月6日フィリピンのルソン島西部リンガエン湾で、特攻機の体当たり攻撃を受け13名が死亡、44名が負傷した。レイテ島のサンペドロ湾で応急修理を受け、その後西海岸でオーバーホールを受けた。6月16日にレイテ島に戻る。3日後ボルネオのバリクパパンに向けて出航し、6月28日から停泊、7月1日から行われる侵攻作戦に備えた掃海作業の護衛を行う。コロンビアはオーストラリア軍の上陸を支援し、翌日まで艦砲射撃を行った。その後第95任務部隊に合流し、東シナ海での日本艦艇への攻撃任務に従事する。8月15日に戦争が終了すると、視察団をトラック島へ運ぶ。その後は10月31日まで陸軍兵士をグアム、サイパン、硫黄島から帰国させる任務に就いた。コロンビア (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • オークランド (軽巡洋艦)

    オークランド (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    第58.1任務群は6月23日、パガン島と硫黄島を攻撃し、6月27日に補給のためエニウェトク環礁に帰投。30日に小笠原諸島への再度の攻撃のため出撃し、7月3日から4日にかけて父島と硫黄島を攻撃した後、5日には南下してマリアナ諸島沖に達した。7月7日、任務群はグアムとロタ島を交互に攻撃し、オークランドは駆逐艦ヘルム (USS Helm, DD-388) と共に沖で撃墜されたパイロットを救助した。オークランド (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ボルチモア (重巡洋艦)

    ボルチモア (重巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1月26日にボルチモアは第5艦隊に合流し、日本本土攻撃(2月16日、17日)、硫黄島侵攻作戦(2月19日 - 3月5日)、沖縄戦での第5艦隊の支援(3月18日 - 6月10日)といった一連の戦闘に参加する。ボルチモア (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

307件中 31 - 40件表示

「硫黄島」のニューストピックワード