369件中 31 - 40件表示
  • 第二五二海軍航空隊

    第二五二海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年2月20日新司令に昇格した舟木中佐のもと再編作業開始。第十二航空艦隊第二七航空戦隊に編入。定数48機。戦闘第302飛行隊・戦闘第315飛行隊・戦闘第317飛行隊を新設充当。3月14日三沢飛行場・大湊海軍航空隊樺山飛行場に進出。訓練・哨戒に従事。6月15日二七航戦は横須賀海軍航空隊と連合、「八幡空襲部隊」を結成。6月16日東号作戦発動、厚木飛行場に進出。以後、散発的に硫黄島に進出。6月24日硫黄島に敵機襲来。以後、断続的に空襲のため戦力消耗。 7月4日この日の硫黄島空襲で機体全損。作戦行動不能。 7月10日八幡部隊残留勢力を再編し、第三航空艦隊を新編。解隊した第三〇一海軍航空隊を再編した攻撃第316飛行隊を編入。第二五二海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第五〇三海軍航空隊

    第五〇三海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月22日 硫黄島進出(彗星36機)。第五〇三海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第二六五海軍航空隊

    第二六五海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    香取で練成を完了した再増援隊が硫黄島に向かうが、到着直前の空中戦で壊滅。第二六五海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第10軍 (アメリカ軍)

    第10軍 (アメリカ軍)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    第10軍がテキサス州サム・ヒューストン基地で編成されたのは、マリアナ諸島をめぐる戦いの真っ最中だった1944年6月20日のことである。間もなく司令部はオアフ島に移転する。第10軍司令官に内定していたバックナー中将が着任するのは9月になってからのことだったが、それまで司令官を務めていたアラスカ軍司令官のころからコーズウェイ作戦の陸上部隊指揮官にも内定しており、作戦の研究を重ねていた。ところが、バックナー中将は研究の末に、「太平洋戦域の戦力と補給力を総動員しても作戦の遂行は難しく、ルソン島を確保できるならば台湾攻略の必要はない」という結論を出した。バックナー中将の意見提出と相前後してコーズウェイ作戦の無益を示唆する意見が相次ぎ、太平洋艦隊司令長官で戦域司令官も兼ねたチェスター・ニミッツ海軍大将は意見を集約した上で、コーズウェイ作戦のもっとも強力な支持者だった海軍作戦部長兼合衆国艦隊司令長官アーネスト・キング大将にコーズウェイ作戦の中止を進言し、1944年12月にコーズウェイ作戦は取り消されて硫黄島とともに沖縄の攻略が本決まりとなった。このような経緯から、第10軍はもともと台湾攻略のための軍として編成された、と言っても間違いではない。第10軍 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • 第5海兵師団 (アメリカ軍)

    第5海兵師団 (アメリカ軍)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    師団は1943年11月11日より設立準備が開始され、1944年1月21日にカリフォルニア州のペンドルテン基地にて開隊された。訓練の後に対日戦に投入されることとなり、1945年にホーランド・スミス中将指揮下の第56任務部隊の第5水陸両用軍団に第3海兵師団・第4海兵師団と共に編入されて、硫黄島に送られることとなった。第5海兵師団 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • ランドルフ (空母)

    ランドルフ (空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ランドルフは1945年1月20日にサンフランシスコを出港した。ウルシー環礁に到着すると2月10日に第58任務部隊に配属される。ランドルフは東京飛行場および日立航空機立川発動機製作所に対して2月16日、17日に攻撃を行った。18日には父島への攻撃を行う。2月20日には硫黄島上陸部隊への支援攻撃および母島上陸部隊への2度の支援攻撃を行う。続く4日にわたり硫黄島への攻撃と偵察を継続した。2月25日には関東地区の飛行場への3度の攻撃と八丈島への攻撃を行い、その後ウルシー泊地へ帰投した。ランドルフ (空母) フレッシュアイペディアより)

  • コンクリート船

    コンクリート船から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    硫黄島 \(東京都\)西海岸 , - 米軍により、複数のコンクリート船が防波堤、桟橋として設置された。コンクリート船 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原国立公園

    小笠原国立公園から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    小笠原国立公園(おがさわらこくりつこうえん)は、東京都の小笠原諸島を中心とした国立公園。指定区域総面積6,629haは日本の国立公園の中で最小であり、なおかつ公園指定範囲は全て小笠原村内にあり、単一行政単位(市町村)内のみで構成される日本唯一の国立公園である。小笠原諸島のうち立ち入りが制限されている硫黄島と南硫黄島を除く全ての島嶼が指定されている。また、孤立島の沖ノ鳥島と南鳥島は含まれない。小笠原国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • アドミラルティ・アイランズ (護衛空母)

    アドミラルティ・アイランズ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    アドミラルティ・アイランズは1945年1月6日にグアムに到着した。二日間にわたって搭載航空機を揚陸し、10日に真珠湾に向かう。ハワイには20日に到着し、同地で主機の修理を行う。修理は1月31日に完了し戦闘で失われた航空機を補充するため61機の航空機を搭載した。2月2日に真珠湾を出航し、硫黄島攻略作戦に参加する空母部隊の後方支援を行う。エニウェトク環礁とウルシー環礁に停泊した後、2月16日に第50.8任務群の一部として出航し、第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)の後方支援任務に従事する。2月いっぱいを空母部隊が失った航空機及びパイロットの補給任務に従事し、3月2日に補給と外装修理のためグアムに帰還する。3月13日に再び第50.8任務群に合流し、沖縄攻略戦の支援任務に就く。この支援任務は補給のためグアムに帰還時に中断されただけでその後も継続された。アドミラルティ・アイランズ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • カッシング (DD-797)

    カッシング (DD-797)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年12月10日、ルソン島攻撃に向かう高速空母任務部隊と共に出撃したカッシングは、12月18日に台風を乗り切り、沈没した船の乗員を救助し、12月24日に嵐で受けた損傷の修理のためウルシー環礁に帰還した。1945年1月1日に任務部隊と共に出航、1月28日まで台湾、インドシナ半島、中国沿岸およびフィリピンの攻撃に従事した。その後第58任務部隊に合流、日本本土の攻撃に向かったカッシングは空母搭載機部隊の発艦地点でレーダーピケット艦としての任務に従事し、部隊を攻撃しようとする日本軍機部隊を探知、撃退に貢献した。カッシングは硫黄島と沖縄本島侵攻に備えた空母部隊による空襲の護衛を担当し、沖縄では艦砲射撃も行った。沖縄戦においてはレーダーピケット艦を担当し、戦闘機部隊に指示を与え多くの日本軍機を撃墜するのに貢献した。6月にレイテ島で補給を行い、その後東京を攻撃する空母部隊に合流、戦争の終わりまで同部隊と行動した。1945年8月27日に相模湾で投錨し、カッシングは入港管制艦として占領任務に従事、その後帰国の途に就いた。1945年11月20日にブレマートンに到着、1947年2月3日にカリフォルニア州ロングビーチで予備役に置かれた。カッシング (DD-797) フレッシュアイペディアより)

369件中 31 - 40件表示

「硫黄島」のニューストピックワード