307件中 41 - 50件表示
  • 徳島大空襲

    徳島大空襲から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    硫黄島を経由し、7月4日の未明、129機のB-29が新町川河口から徳島市の上空に飛来。午前1時24分から同3時19分まで、1時間55分間焼夷弾を投下し続けた。この空襲により当時の徳島市の約62%が焦土と化し、見渡す限りの焼け野原となった。人的被害は当時の11万人余りの市民のうち、死者約1000人(984人との説も)、けが人は約2000人、被災者は約70000人であると伝わる。徳島大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • カッシング (DD-797)

    カッシング (DD-797)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年12月10日、ルソン島攻撃に向かう高速空母任務部隊と共に出撃したカッシングは、12月18日に台風を乗り切り、沈没した船の乗員を救助し、12月24日に嵐で受けた損傷の修理のためウルシー環礁に帰還した。1945年1月1日に任務部隊と共に出航、1月28日まで台湾、インドシナ半島、中国沿岸およびフィリピンの攻撃に従事した。その後第58任務部隊に合流、日本本土の攻撃に向かったカッシングは空母搭載機部隊の発艦地点でレーダーピケット艦としての任務に従事し、部隊を攻撃しようとする日本軍機部隊を探知、撃退に貢献した。カッシングは硫黄島と沖縄本島侵攻に備えた空母部隊による空襲の護衛を担当し、沖縄では艦砲射撃も行った。沖縄戦においてはレーダーピケット艦を担当し、戦闘機部隊に指示を与え多くの日本軍機を撃墜するのに貢献した。6月にレイテ島で補給を行い、その後東京を攻撃する空母部隊に合流、戦争の終わりまで同部隊と行動した。1945年8月27日に相模湾で投錨し、カッシングは入港管制艦として占領任務に従事、その後帰国の途に就いた。1945年11月20日にブレマートンに到着、1947年2月3日にカリフォルニア州ロングビーチで予備役に置かれた。カッシング (DD-797) フレッシュアイペディアより)

  • ツラギ (護衛空母)

    ツラギ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1月9日、リンガエン湾への上陸作戦が開始された。ツラギの航空機は対地攻撃や上空哨戒に従事。1月12日にもリンガエン湾上空を哨戒する航空機を発進させた。翌1月13日、ツラギは1機の特攻機の攻撃を受けた。この特攻機は、ツラギの右舷側を後方へ突き抜けて突入を試みたものの、最終的には撃墜された。1月17日に至り、アメリカ陸軍航空軍は航空基地を確保。リンガエン湾上空の哨戒任務は陸軍航空軍の担当に代わった。ツラギはサンバレス州沿岸部に移動し、同地に対する上陸作戦の支援に従事。この方面での32日間の行動で、初めの2日間以外の日に実施していた航空活動を終えたツラギはウルシーに向かい、2月5日に到着した。2月21日、ツラギはグアムを出撃し、3月1日には硫黄島西方洋上に到着して、以後3月11日まで硫黄島の戦いの支援で対潜哨戒と対空哨戒を行った。ツラギは3月14日にウルシーに帰投し、次の沖縄戦のための準備を始めた。ツラギ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • ウェーク・アイランド (護衛空母)

    ウェーク・アイランド (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月10日、ウェーク・アイランドは第52.2任務群に加わって小笠原諸島方面に向かった。来る硫黄島の戦いでは、火力支援部隊と上陸部隊の空中援護を行う事になっていた。サイパン島とテニアン島を結ぶ海域で訓練が行われた後、2月13日にはウェーク・アイランドは第52.2.1任務隊の旗艦となった。翌2月14日、任務隊は硫黄島に針路を向け、2日後には硫黄島の南西79キロの洋上に到達した。日が昇るとすぐ、火力支援部隊は硫黄島に対して艦砲射撃を行った。ウェーク・アイランドの航空機は日本軍の防衛拠点を探してロケット弾で攻撃する傍ら、対潜および洋上哨戒の任務に就いた。2月19日の上陸作戦当日も、ウェーク・アイランドの航空機は、56箇所の日本軍拠点に対して87発ものロケット弾を発射した。その最中、ビスマーク・シー (USS Bismarck Sea, CVE-95) は2月21日夕刻に第二御楯特攻隊(彗星12機、天山8機、零戦12機)の突入により沈没し、ルンガ・ポイント (USS Lunga Point, CVE-94) と空母サラトガ (USS Saratoga, CV-3) が大破した。ウェーク・アイランド (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • ビスマーク・シー (護衛空母)

    ビスマーク・シー (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月16日、ビスマーク・シー以下第52任務部隊(少将)の護衛空母群は硫黄島沖に到着し、硫黄島の戦いの支援を開始した。この日は朝から天候が優れなかったものの、90機の艦載機が硫黄島攻撃を行った。2月17日と18日にも出撃を行い、2月19日の上陸作戦に向けての露払いを行った。ビスマーク・シー (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • アドミラルティ・アイランズ (護衛空母)

    アドミラルティ・アイランズ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    アドミラルティ・アイランズは1945年1月6日にグアムに到着した。二日間にわたって搭載航空機を揚陸し、10日に真珠湾に向かう。ハワイには20日に到着し、同地で主機の修理を行う。修理は1月31日に完了し戦闘で失われた航空機を補充するため61機の航空機を搭載した。2月2日に真珠湾を出航し、硫黄島攻略作戦に参加する空母部隊の後方支援を行う。エニウェトク環礁とウルシー環礁に停泊した後、2月16日に第50.8任務群の一部として出航し、第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)の後方支援任務に従事する。2月いっぱいを空母部隊が失った航空機及びパイロットの補給任務に従事し、3月2日に補給と外装修理のためグアムに帰還する。3月13日に再び第50.8任務群に合流し、沖縄攻略戦の支援任務に就く。この支援任務は補給のためグアムに帰還時に中断されただけでその後も継続された。アドミラルティ・アイランズ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • マキン・アイランド (護衛空母)

    マキン・アイランド (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ダーギン少将は硫黄島侵攻作戦においてもマキン・アイランドに乗艦した。2月16日に硫黄島近海へ到着すると、艦載機部隊は侵攻前の航空攻撃と、地上部隊上陸後はそれらへの支援攻撃を3月8日まで行った。空母部隊は再び特攻機の攻撃を受けたが、マキン・アイランドは無傷であった。ウルシー環礁で補給を行った後、旗艦として沖縄島近海に向かう。マキン・アイランド (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • ルディヤード・ベイ (護衛空母)

    ルディヤード・ベイ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ルディヤード・ベイは2月10日までウルシーに停泊した後、来る硫黄島の戦いに備えてサイパン島に回航された。第51.17任務群に加わったルディヤード・ベイは、2月16日から18日にかけて硫黄島への輸送船団を小笠原諸島近海まで護衛。2月18日に第52.2任務群に移り、硫黄島東方海上で3月8日まで第77混成航空隊を出動させ、対潜哨戒と空中哨戒に任じた。ルディヤード・ベイは3月11日にウルシーに帰投した。ルディヤード・ベイ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • サージャント・ベイ (護衛空母)

    サージャント・ベイ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年2月、サージェント・ベイは硫黄島の戦いの支援で出撃し、2月16日には硫黄島近海に到着。サージェント・ベイの航空機は3月11日に硫黄島近海を離れるまで、対地攻撃支援、空中哨戒および対潜哨戒に出動した。3月16日、ラジウアー艦長はリチャード・マクシー・オルヴァー艦長と交代。サージェント・ベイは引き続いて沖縄戦に参加し、3月25日から6月20日までの間、硫黄島と同様に対地攻撃支援、空中哨戒および対潜哨戒に任じた。その間、4月7日から18日は補給部隊の護衛を行い、5月15日から6月2日にかけてはグアムアプラ港で修理を行った。サージェント・ベイは6月23日にレイテ湾に帰投後、約1ヵ月の待機を経てオーバーホールのためアメリカ本国へと向かい、8月9日にサンペドロに到着した。サージャント・ベイ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • シャムロック・ベイ (護衛空母)

    シャムロック・ベイ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    ウルシーに帰投後、シャムロック・ベイは第50.8.25任務隊に加わり、上陸部隊と火力支援部隊の援護のため2月16日に硫黄島沖に向けて出撃した。シャムロック・ベイは3月まで援護任務を続けた後、3月5日にウルシーに帰投して、次の沖縄戦の準備に入った。3月13日、シャムロック・ベイは火力支援部隊の援護でウルシーを出撃し、沖縄島上陸後の4月7日に第52.1.1任務隊に転じて沖縄の日本軍への攻撃を開始した。シャムロック・ベイ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

307件中 41 - 50件表示

「硫黄島」のニューストピックワード