369件中 41 - 50件表示
  • ウォレス・L・リンド (駆逐艦)

    ウォレス・L・リンド (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年2月19日、空母部隊は硫黄島上陸支援のため上空援護を行った。これらの作戦は2月25日まで行われ、その後再び東京への空襲が行われた。これらの作戦活動の間、ウォレス・L・リンドは空母部隊の護衛任務を命じられ、郵便物の輸送と兵員輸送の支援を行った。ウォレス・L・リンド (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • サージャント・ベイ (護衛空母)

    サージャント・ベイ (護衛空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年2月、サージェント・ベイは硫黄島の戦いの支援で出撃し、2月16日には硫黄島近海に到着。サージェント・ベイの航空機は3月11日に硫黄島近海を離れるまで、対地攻撃支援、空中哨戒および対潜哨戒に出動した。3月16日、ラジウアー艦長はリチャード・マクシー・オルヴァー艦長と交代。サージェント・ベイは引き続いて沖縄戦に参加し、3月25日から6月20日までの間、硫黄島と同様に対地攻撃支援、空中哨戒および対潜哨戒に任じた。その間、4月7日から18日は補給部隊の護衛を行い、5月15日から6月2日にかけてはグアムアプラ港で修理を行った。サージェント・ベイは6月23日にレイテ湾に帰投後、約1ヵ月の待機を経てオーバーホールのためアメリカ本国へと向かい、8月9日にサンペドロに到着した。サージャント・ベイ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • 第六〇一海軍航空隊

    第六〇一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    六〇一空の再建は昭和19年末に完結する予定で、5個飛行隊が充当された。その後8月10日に連合艦隊直率に移されたが、練成が進められていた艦攻隊(攻撃二六二飛行隊)はT攻撃部隊に編入のうえ台湾沖航空戦へと投入され、台湾沖航空戦に参加しなかった航空隊もレイテ沖海戦に際しては、囮艦隊に参加する瑞鶴の艦上機として、練成が進行した者には出撃命令が下された。この部隊は三航戦の第六五三海軍航空隊と同一行動をとっているので、六五三空の項目を参照されたい。レイテ沖海戦で機動部隊が壊滅したことを受け、昭和20年1月1日に再建途上の一航戦は第二艦隊に移されたが、信濃・雲龍が相次いで戦没した上に、艦船燃料の払底が危惧されたため、2月11日をもって再建を断念した。六〇一空は第三航空艦隊に編入され、基地航空隊へと変貌し、目前に迫った硫黄島の攻防戦に借り出されることになった。第六〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • ガンブル (駆逐艦)

    ガンブル (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月30日からのニュージョージア島の戦いでは橋頭堡に防御機雷を敷設し、ツラギ島に帰投する。その後はオーバーホールを受けるために西海岸に向かう。オーバーホール後、ガンブルは9月20日に西に向かった。11月からのブーゲンビル島の戦いでは、11月1日から2日にかけてはエンプレス・オーガスタ湾からの上陸作戦の警戒にあたり、11月7日から8日にかけてブーゲンビル海峡を行動。その後11月23日から24日にツラギ島に停泊する。ニューヘブリディーズ諸島方面で護衛任務に就いたあとオーバーホールのためにサンフランシスコに向かい、1944年10月12日に到着した。オーバーホールと再訓練を終えたガンブルは1945年1月7日にサンディエゴを出港し、ハワイとマーシャル諸島を経由して2月17日に硫黄島沖に到着、火力支援と浮遊機雷の爆破任務に就く。ガンブルから発射された砲弾が擂鉢山の麓にあったと思しき日本軍の弾薬庫に直撃し、大爆発を起こす光景も目撃した。ガンブル (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • ティグロン (潜水艦)

    ティグロン (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    5月20日、ティグロンは2回目の哨戒で日本近海に向かった。5月25日、ティグロンは孀婦岩と鳥島を発見。また、不時着水した硫黄島の第19戦闘飛行団のパイロットを救助した。5月27日、ティグロンはを発見し、5インチ砲と40ミリ機関砲で攻撃した。ティグロンが向きを変えたとき、折りからの激しい波がティグロンを襲い、3名の乗組員を負傷させた。このアクシデントにもかかわらず、ティグロンは炎上するラガーに止めを刺した。戦闘後、ティグロンは指定された救助配備の海域に戻った。ティグロン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 藤田良雄

    藤田良雄から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2009年7月22日に硫黄島近海で船上から皆既日食を観測した。藤田良雄 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史群像

    歴史群像から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    12月号 米兵たちの硫黄島歴史群像 フレッシュアイペディアより)

  • 小池倫太郎

    小池倫太郎から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    漫画『ふらせら』第2巻で、「私は硫黄島の硫黄島海上自衛隊基地でアメリカ兵のためにごはんを作っていた。」とある。小池倫太郎 フレッシュアイペディアより)

  • スナッパー (潜水艦)

    スナッパー (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    9月5日、スナッパーは11回目の哨戒で小笠原諸島方面に向かった。10月1日、スナッパーはの地点で護衛艦によって護衛された2隻の輸送船団を発見した。スナッパーは大型の目標に対して前部発射管の魚雷を発射し、小型の目標に向けても魚雷を発射した。魚雷は海軍徴傭船盛安丸(川崎汽船、1,900トン)と敷設艇網代に命中し、両方とも撃沈した。その後は硫黄島沖で救助艦任務を10月18日まで行った。10月27日、スナッパーは52日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投。これがスナッパーの最後の哨戒となった。スナッパー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ドラゴントライアングル

    ドラゴントライアングルから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    チャールズ・バーリッツ著の『魔海のミステリー』(日本語訳:芸文社)などのアメリカ合衆国の超常現象研究家が主張するところによれば、日本列島の南方海域である太平洋の、千葉県野島崎、小笠原諸島、グアムを結んだ三角形海域は日本の「魔の海域」であり、航空機や船舶が謎の失踪をするバミューダトライアングルと同様であるとしている。また、イギリスの著名な作家かつオカルト研究家であるコリン・ウィルソンも、日本の南東の硫黄島からマーカス島(南鳥島)にかけての海域を「魔の海域」としている。ドラゴントライアングル フレッシュアイペディアより)

369件中 41 - 50件表示

「硫黄島」のニューストピックワード