369件中 51 - 60件表示
  • 第三〇一海軍航空隊

    第三〇一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月2日 戦316飛行隊先遣隊18機、サイパン島に進出。戦316飛行隊本隊19機、硫黄島に進出。第三〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第九〇一海軍航空隊

    第九〇一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1月5日 大村(陸攻6)・小禄(陸攻6)・東港(飛行艇3)に進出。以後2月中にマニラ(陸攻6)・硫黄島(陸攻6)・サイパン島(飛行艇2)に進出。各隊は漸次増強。第九〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 岩木丸 (1942年)

    岩木丸 (1942年)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月2日父島、6日硫黄島、28日父島にそれぞれ寄港。岩木丸 (1942年) フレッシュアイペディアより)

  • 船越明

    船越明から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    昭和20年5月11日早朝,米第21爆撃機軍団(第58,73,314爆撃隊)は関西地区が晴天との報を得た。そのため作戦任務172号に従ってサイパン・テニアン・グアム基地から合計102機(出撃数は中規模)の戦略爆撃機B-29と護衛機P-51を発進させた。硫黄島上空を経たのち紀伊半島を目指し午前9時過ぎには大阪上空に達した。船越明 フレッシュアイペディアより)

  • 市丸利之助

    市丸利之助から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    日本海軍の航空草創期のパイロットである。訓練飛行中に操縦索が切れ、搭乗機が墜落し右大腿骨、頭蓋骨、顔面を骨折した。再手術を行うなどして、 療養生活は3年近くに及ぶ。復帰後、予科練設立委員長となり、次いで初代部長として教育にあたる。市丸の指導は教育学的にも評価され、市丸は予科練育ての親といわれる。太平洋戦争において第二十一航空戦隊司令官として南方戦線で指揮をとり、次いで第十三連合航空隊司令官として内地防空にあたる。1944年(昭和19年)に第二十七航空戦隊司令官として硫黄島に赴任し、翌年の硫黄島の戦いで戦死した。市丸の戦死の状況は明確ではないが、アメリカ大統領・フランクリン・ルーズベルトに宛てた手紙を残し戦後有名となる。手紙はアナポリス博物館に保管されている。なお市丸は同期生で自決した草刈英治とは親友の間柄であった。市丸利之助 フレッシュアイペディアより)

  • ハーロン・ブロック

    ハーロン・ブロックから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年1月、部隊はタラワ基地を出発し、兵士たちにはホノルルで数日間の休暇が与えられた。ハーロンはここでチームメイト達と再会し、タラワの戦いで負傷した仲間の見舞いに行っている。数日後にホノルルを離れた部隊は、途中のテニアン島で上陸演習を行った後、2月19日にハーロンは硫黄島に上陸を果たした。上陸から3日後の1945年2月23日、アイラ・ヘイズ、マイケル・ストランク、ジョン・ブラッドリー、フランクリン・スースリー、レイニー・ギャグノンらと共に硫黄島南部の摺鉢山山頂に星条旗を掲げた。ハーロン・ブロック フレッシュアイペディアより)

  • アイラ・ヘイズ

    アイラ・ヘイズから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年1月、アイラの部隊は硫黄島の戦いに参加すべくタラワ基地を出発した。途中のテニアン島で上陸演習を行った後、2月19日にアイラの部隊は硫黄島に上陸を果たした。上陸から3日後の1945年2月23日、フランクリン・スースリー、ジョン・ブラッドリー、ハーロン・ブロック、マイク・ストランク、レイニー・ギャグノンらと共にアイラは硫黄島南部の摺鉢山山頂に星条旗を掲げた。アイラ・ヘイズ フレッシュアイペディアより)

  • 節水

    節水から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    陸自においても、硫黄島などの川も池もなく、周辺海域の波が荒いため、船で水も運べない離島においては、基地の貯水タンク(滑走路から流れた雨水を利用)に頼らざるをえないため、真夏の渇水時には、やはり数日ごとにシャワーを用いているとされ、節水事情は陸海共に問題とするところである。節水 フレッシュアイペディアより)

  • テネシー州の歴史

    テネシー州の歴史から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    テネシー州からの軍人は真珠湾から硫黄島や沖縄の最後の流血が多い戦闘まで功績を残し、7千名が戦死した。1942年から1943年、中部テネシーの住民は28個師団を受入れ、これが田園に溢れかえってD-デイの演習を行った。テネシー州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 第二号輸送艦

    第二号輸送艦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    7月11日、横須賀鎮守府作戦指揮下に編入され、軍隊区分直卒部隊に編入。14日、3714(甲)船団(4隻)を本艦ほか4隻で護衛し、父島へ向け館山発。18日、第十雲海丸が落伍し行方不明となったため、7時間にわたり捜索したが発見することができなかった。同日、被雷沈没した日秀丸乗員の95%を救助。19日、父島二見港へ入港。20日、第4号海防艦の護衛を受けて硫黄島へ向け父島発。硫黄島での揚塔後は横須賀へ向かい、24日横須賀着。第二号輸送艦 フレッシュアイペディアより)

369件中 51 - 60件表示

「硫黄島」のニューストピックワード