369件中 61 - 70件表示
  • 第七号輸送艦

    第七号輸送艦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    8月31日、3830船団(3隻)を本艦ほか2隻で護衛し硫黄島へ向け館山発。同日、潜水艦を探知し爆雷戦を行う。第七号輸送艦 フレッシュアイペディアより)

  • 第八号輸送艦

    第八号輸送艦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    12月24日、硫黄島輸送作戦の帰途、父島南南西でアメリカ駆逐艦ケイスほかと交戦し沈没した。第八号輸送艦 フレッシュアイペディアより)

  • 第十三号輸送艦

    第十三号輸送艦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    11月1日竣工し、連合艦隊附属第二輸送隊に編入され、本籍を横須賀鎮守府に定められる。以後、主として父島、母島、八丈島、硫黄島に対する輸送任務に従事。第十三号輸送艦 フレッシュアイペディアより)

  • 第十六号輸送艦

    第十六号輸送艦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    12月31日竣工し、連合艦隊附属第二輸送隊に編入され、本籍を横須賀鎮守府に定められる。同日、艤装員事務所を撤去。以後、主として父島、八丈島、硫黄島に対する輸送任務に従事。第十六号輸送艦 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島〜戦場の郵便配達〜

    硫黄島〜戦場の郵便配達〜から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    本作のドラマ部分では、アメリカ軍が迫る硫黄島に向け、決死の覚悟で輸送任務を行う根本正良海軍少尉と市丸利之助海軍少将(ともに実在の人物)との交流を、ドキュメンタリー部分では市丸少将の遺族や硫黄島から生還した兵士の証言を中心に製作されている。硫黄島〜戦場の郵便配達〜 フレッシュアイペディアより)

  • コビア (潜水艦)

    コビア (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月26日、コビアは最初の哨戒で小笠原諸島に向かった。7月6日夜、コビアはの地点で400トン級特設監視艇を発見し、浮上砲戦で撃沈した。7月9日朝には、の硫黄島近海で未確認艦船と「吹雪型駆逐艦」を発見し、魚雷を1本だけ発射したが命中しなかった。7月13日朝、コビアはの地点で輸送船団を発見し、魚雷を3本発射。魚雷は海軍徴傭船大慈丸(大阪商船、2,813トン)に1本が命中し、硫黄島行きの第26戦車連隊を輸送中の大慈丸は間もなく沈没した。7月18日未明、の地点でコビアのレーダーは一つの目標を探知する。接敵の末に魚雷を4本発射し、2本を特設運送船第十雲海丸(中村汽船、851トン)に命中させて撃沈した。第十雲海丸は、硫黄島行きの第3714船団から遅れて追及中だった。プライス (USS Plaice, SS-390) からの情報により、第3714船団の本隊らしい目標が東にあること教えられ、折からのスコールの中を追跡した。やがて7時ごろにの地点で第3714船団に追いついたコビアは、艦首発射管から魚雷を6本、艦尾発射管から魚雷を4本それぞれ発射し、魚雷は陸軍輸送船日秀丸(日産汽船、7,785トン)の船尾に命中して、搭載していた28両の戦車、兵員の装備品とともに沈んだ。7月20日夜、コビアはの地点で3つの目標を探知し、魚雷を2本発射したが命中せず、次いで砲撃戦に移る。そのうちの一隻が衝突しコビアは船体を小破しつつも、海軍徴傭船第三郵船丸(郵船近海機船、193トン)と小型輸送船2隻を撃沈した。8月には入るまでの間はピンタド (USS Pintado, SS-387) 、シャーク (USS Shark, SS-314) およびガトー (USS Gato, SS-212) からの船団接触情報に基づいて哨戒を続けるも、目標は見当たらなかった。8月5日未明、コビアはの地点で「500トン級哨戒艇」を発見し、魚雷を2本発射して1本が命中。この攻撃で海軍徴傭船弥生丸(図南汽船、495トン)を撃沈し、生存者をコビア最初の捕虜とした。8月14日、コビアは49日間の行動を終えてマジュロに帰投した。コビア (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • モートン・デヨ

    モートン・デヨから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年に入り、戦線は硫黄島、沖縄本島に迫っていた。デヨは第5艦隊(レイモンド・スプルーアンス大将)の下で活動することとなり、レイテ戦のスリガオ海峡での戦いで勝利を収めたジェシー・B・オルデンドルフ中将(アナポリス1909年組)の後任として第54任務部隊を指揮することとなった。3月25日、デヨの第54任務部隊は沖縄攻略の前哨戦である慶良間諸島の攻略を支援。沖縄本島への事前砲撃も同時進行で行われ、最初は触雷を恐れて遠距離からの艦砲射撃しかできなかったが、掃海が進むにつれて効果的な砲撃を行えるようになった。デヨは自らの旗艦を戦艦「テネシー」 (USS Tennessee, BB-43) に定めていた。部隊には、かつて自らが艦長を務め、今はスプルーアンスの総旗艦である「インディアナポリス」が含まれており、デヨはスプルーアンスの警護のために三重にわたる輪形陣を敷いて神風を待ち受けたが、3月31日の神風攻撃と損傷修理の際のスクリュー脱落事故でインディアナポリスは戦線から去り、スプルーアンスは4月5日に戦艦ニューメキシコ (USS New Mexico, BB-40) を新しい旗艦とした。4月1日に沖縄戦が開始されたあとも、第54任務部隊は引き続き火力支援に任じたが、いずれにせよ陸上相手の砲撃は「地味な任務」であった。モートン・デヨ フレッシュアイペディアより)

  • プレミアム10

    プレミアム10から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    8月7日 NHKスペシャル「硫黄島 玉砕戦 〜生還者61年目の証言〜」プレミアム10 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ブラッドリー

    ジョン・ブラッドリーから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    彼が1945年2月23日、二回にわたる硫黄島の摺鉢山の頂上に星条旗を立てる作業に参加したこと自体は事実である。彼は、摺鉢山の星条旗掲揚に参加した兵の中で最も長く生きた。ジョン・ブラッドリー フレッシュアイペディアより)

  • 島嶼

    島嶼から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    これらの諸島にある自治体には、東京都の他の町村、他の道府県の町村と異なり、包含する郡が存在しない。また、鳥島は帰属を巡って争いがあることから特定の町村に属さず、都の直轄となっている(厳密には都の出先機関である東京都総務局八丈支庁が管轄)。小笠原諸島の沖ノ鳥島、南鳥島、硫黄島を含む火山列島は小笠原村に属している。島嶼 フレッシュアイペディアより)

369件中 61 - 70件表示

「硫黄島」のニューストピックワード