307件中 61 - 70件表示
  • プリングル (駆逐艦)

    プリングル (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月に任務に復帰すると、プリングルは17日の硫黄島への攻撃に向かう輸送船を護衛し、上陸する海兵隊支援のための艦砲射撃を行った。3月4日にウルシー環礁に帰還し、沖縄侵攻のための準備に入る。プリングル (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • パサデナ (軽巡洋艦)

    パサデナ (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    パサデナはマリアナ諸島侵攻作戦直前に就役し、1944年の夏は整調訓練に従事、9月25日に太平洋に向けて出航する。11月3日に日付変更線を横断し、月の中頃にウルシー環礁で第38任務部隊に合流する。同年の残りはフィリピン攻略戦支援のためのルソン島、台湾への攻撃に参加する。ルソン島への攻撃を継続し1945年1月中旬に部隊は南シナ海へ向かい、日本軍施設及び艦艇への攻撃をインドシナ沿岸、台湾で行う。第58任務部隊と改称された艦隊は2月に日本本土攻撃に向かい、その後南東へ方向転換し硫黄島上陸部隊の支援を行う。パサデナは艦砲射撃と偵察巡航を行った。パサデナ (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮空襲

    宇都宮空襲から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    太平洋戦争の末期になると、日本本土の制空権を奪った米軍は、攻撃目標を日本軍施設や軍需工場として長距離爆撃機による空襲を開始、宇都宮師管区の管轄区域にあった北関東の諸都市(太田市や大泉町など)の軍需工場も標的となり、その生産機能は徐々に奪われていった。また一方で、日本の中枢都市や西日本の軍都への空襲も展開し、1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲に代表される大規模な空対地攻撃が行われた。それでも本土決戦の方針を崩さない日本軍に対し、米軍は日本国民の日常生活を奪ってその戦意を喪失させるべく、攻撃目標を徐々に中小都市の中心市街地にまで拡大した。この頃には日本近海の制海権もほぼ米軍が掌握するところとなり、日本本土のあらゆる都市が米軍空母艦載機や占領された日本近海の離島から飛来する戦闘機による銃爆撃に曝され、軍都・宇都宮も同年7月以降、7月12日深夜のB-29重爆撃機による大空襲をはじめ、硫黄島からB-29の直掩機として飛来する米国陸軍戦闘機P-51等による急襲を受けることとなった。宇都宮空襲 フレッシュアイペディアより)

  • マルコム・ロス

    マルコム・ロスから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1943年1月、海軍予備隊に召集された。海軍はロスをシカゴ大学で9カ月間気象学を学ばせ、パールハーバーの艦隊気象センター(Fleet Weather Center)に配属し、後に東京や硫黄島を攻撃する航空母艦サラトガに気象士官として配属した。マルコム・ロス フレッシュアイペディアより)

  • 第五〇三海軍航空隊

    第五〇三海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月22日 硫黄島進出(彗星36機)。第五〇三海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • カボット (空母)

    カボット (空母)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    カボットは短期の修理で真珠湾へ戻ったが、その後マジュロを出撃し、3月末からパラオ、ヤップ島、ウルシー環礁、ウォレアイ環礁への攻撃を行う。ホーランディア攻撃の間4月22日から25日まで航空支援を行い、4日後にトラックへの再攻撃および、サタワン環礁とポナペに攻撃を行った。6月6日、マリアナ諸島攻略の前に再びマジュロを出撃し、19日、20日には「マリアナの七面鳥撃ち The Marianas Turkey Shoot.」と揶揄されたマリアナ沖海戦に参加した。カボットの第31航空団は硫黄島、パガン島、ロタ島、グアム、ヤップおよびウルシーの日本軍基地への攻撃を8月9日まで継続した。カボット (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 航空自衛隊の歴史

    航空自衛隊の歴史から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1996年から派米訓練としてコープサンダー演習にC-130輸送機2機と携帯地対空ミサイル機材を持ってアメリカ軍演習に参加しており、2003年5月から6月30日まで実施されたコープサンダー演習から正式に日米共同訓練として参加している。1998年11月15日に統合幕僚議長統裁による初の統合演習が硫黄島で実施され、航空自衛隊からは人員約150人、航空機約10機が参加している。1999年6月21日から25日まで第7航空団のF-15戦闘機6機、警戒航空機にはE-2C早期警戒機2機がコープノース・グアム演習に参加、これ以降ほぼ毎年に渡り参加している。航空自衛隊の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ロングショー (駆逐艦)

    ロングショー (駆逐艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月10日、ロングショーは夜戦部隊指示チームを乗艦させ空母部隊と共にウルシー環礁を出航、2月17日と18日に行われた東京への空襲では夜戦部隊の指示およびレーダーピケット艦任務に従事した。2月の残りは硫黄島に夜間攻撃を行う第58.5任務群の護衛を担当した。3月12日にウルシー環礁に帰還、その後21日に沖縄に向けて出航し空母部隊を護衛した。3月25日に到着しロングショーは上陸部隊支援のための艦砲射撃を行った。4月から5月にかけて同任務を継続し、艦の乗組員は大いに貢献した。日本軍の特攻機による攻撃は激しく続いたが、ロングショーはその能力を最大限に発揮して艦砲射撃による支援を行った。ロングショー (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • トーテュガ (ドック型揚陸艦)

    トーテュガ (ドック型揚陸艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    トーテュガは2007年9月1日に行われた東京都の災害訓練に参加し、LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇を使用して帰宅困難者の輸送訓練を行った。2008年3月および2010年3月には硫黄島を訪問している。トーテュガ (ドック型揚陸艦) フレッシュアイペディアより)

  • 陸上空母離着陸訓練

    陸上空母離着陸訓練から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    騒音問題の抜本的な解決のため、NLPの厚木からの移転が模索された。1983年からは三宅島において大型ジェット機が発着可能な新規空港を建設し訓練も移転させることも本格的に検討されたが、島の住民の7割が反対する中で予備調査としての気象観測ポストの設置にも機動隊が出動して逮捕者が出るなど大騒動になり、実現しなかった。1991年8月からは硫黄島航空基地に暫定的に移転された。、厚木では依然として、昼間の艦載機訓練、悪天候を理由としたNLP、戦闘機以外のNLP、NLPにはカテゴライズされない艦載戦闘機の夜間訓練も行われている。厚木から1000km離れている硫黄島における訓練に在日米軍は不満を抱いており、1985年の日米首脳会談では厚木から100海里 (185km) 以内に訓練用基地を用意したいとの要望がおこなわれ、以後も同様の要求がおこなわれている。陸上空母離着陸訓練 フレッシュアイペディアより)

307件中 61 - 70件表示

「硫黄島」のニューストピックワード