307件中 71 - 80件表示
  • 第二六一海軍航空隊

    第二六一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    2月22日 香取飛行場発、68機で硫黄島経由でサイパン島に進出。第二六一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第三四一海軍航空隊

    第三四一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月12日 「あ号作戦」発動。零戦13機でテニアン島に向け出撃、硫黄島に到着。第三四一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第二六五海軍航空隊

    第二六五海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    香取で練成を完了した再増援隊が硫黄島に向かうが、到着直前の空中戦で壊滅。第二六五海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第三〇一海軍航空隊

    第三〇一海軍航空隊から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    6月2日 戦316飛行隊先遣隊18機、サイパン島に進出。戦316飛行隊本隊19機、硫黄島に進出。第三〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 小池倫太郎

    小池倫太郎から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    漫画『ふらせら』第2巻で、「私は硫黄島の硫黄島海上自衛隊基地でアメリカ兵のためにごはんを作っていた。」とある。小池倫太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 九州沖航空戦

    九州沖航空戦から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    当時日本の大本営は、3月17日に硫黄島守備隊指揮官の栗林忠道中将から訣別電を受けており、硫黄島の戦いにおける日本軍の組織的な抵抗は終わろうとしていた。しかもこの頃、日本本土への米軍機による空襲が活発化し、大本営は4月初頭にも米軍が沖縄へ上陸してくることを予見。九州へ米機動部隊がいつ来襲してもおかしくないという危機的な状況であった。九州沖航空戦 フレッシュアイペディアより)

  • アルバコア (SS-218)

    アルバコア (SS-218)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    5月29日、アルバコアは9回目の哨戒でマリアナ諸島方面へ向かった。この哨戒は結果的にアルバコアの艦歴のうちで最も栄光あるものとなった。この哨戒では、艦船攻撃とサイパン島を攻撃予定の第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)を支援する任務を課せられていた。6月11日、アルバコアは硫黄島近海でに輸送船団を発見したものの、航空機の制圧を受け潜航を余儀なくされ攻撃は出来なかった。アルバコア (SS-218) フレッシュアイペディアより)

  • フィンバック (潜水艦)

    フィンバック (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    8月16日、フィンバックは10回目の哨戒で小笠原諸島方面に向かった。8月中から9月1日までは硫黄島攻撃の支援にあたり、9月1日には空母フランクリン (USS Franklin, CV-13) のTBF アヴェンジャーのクルーであるトーマス・ケーン少尉他2名を救助した。その頃、当時は海軍中尉のジョージ・H・W・ブッシュは空母サン・ジャシント (USS San Jacinto, CVL-30) の搭乗員の一員として乗艦し、サン・ジャシントは第38任務部隊(マーク・ミッチャー中将)の一艦として、艦載機で小笠原諸島を爆撃すべく進撃していた。第38任務部隊は8月末に小笠原に接近。ブッシュのいたVT-51(第51雷撃隊)は父島にある日本海軍の通信施設などを繰り返し爆撃し、さらには水上部隊も父島に艦砲射撃を加えていた。9月1日にも送信所への爆撃が実施されたが不成功だったので、翌日も繰り返すこととなった。9月2日、2日連続で同じ目標を攻撃するゆえ対空砲火に関する注意を受けた攻撃隊は父島へ向けて発進。ブッシュら指揮官機らに続いて通信施設を爆撃しつつあった。その時、対空砲火がブッシュ機「バーバラ」のエンジンに命中し、火を噴き始めた。しかし、「バーバラ」は被弾にも屈せず投弾して爆弾は通信施設に命中。「バーバラ」は東方に避退したが火勢が強くなり、ブッシュは他のクルーと共に落下傘降下を行った。ブッシュは「バーバラ」に頭をぶつけながらも降下に成功して父島の北東海域に着水したが、同時に降下したクルーの一人の落下傘はついに開かなかった。フィンバック (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • フライアー (潜水艦)

    フライアー (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    5月21日、フライアーは改めて最初の哨戒でルソン島西部に向かった。6月4日、フライアーはの硫黄島西南西510キロの地点で、サイパン島から横須賀に向かっていた第4530船団を発見し、攻撃態勢に入った。フライアーは各々2隻の目標に3本の魚雷を発射し、特設運送船白山丸(日本郵船、10,380トン)に2本命中させて撃沈した。その後哨戒海域に到達したフライアーは、6月13日にのルソン島カイマン岬西北西7.5キロの地点で、少なくとも6隻の護衛艦艇に守られた11隻の輸送船及びタンカーから成るミ05船団を発見した。15時55分、フライアーは10,000トン級タンカーに向けて魚雷を4本発射。うち1本がタンカーまりふ丸(三菱汽船、5,145トン)の左舷油槽に命中し大破させた。フライアーは、最終的に船団にどのような損害を与えたか確認する前に、護衛艦の対潜攻撃で激しい攻撃を受けることとなった。6月22日夜にはのミンドロ島沖で輸送船団を発見して追跡し、2隻の輸送船に6本の魚雷を発射し4つの命中音を確認。続く二度目の攻撃では魚雷を4本発射し、3つの命中音を確認した。一連の攻撃の末、陸軍輸送船白耳義(べるぎー)丸(大阪商船、5,838トン)を大破させた。7月5日、フライアーは44日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。フライアー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • ガンネル (潜水艦)

    ガンネル (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    11月17日、ガンネルは3回目の哨戒で日本近海に向かった。12月2日夜、ガンネルはの硫黄島近海でレーダーで6つの目標を探知する。やがて、空母瑞鳳、雲鷹、冲鷹、重巡洋艦摩耶を中心とする艦隊を発見。空母に対して魚雷を4本発射したが命中しなかった。2日後の12月4日、ガンネルはの父島北東およそ520キロの海域で第3201船団を発見し、魚雷を4本発射。魚雷は特設運送船日吉丸(巴組汽船、4,046トン)に命中して撃沈した。12月22日にもの地点で2隻の大型輸送船を発見し、魚雷を3本発射する用意をしたが、結局発射しなかった。1944年1月7日、ガンネルは51日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。ガンネル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

307件中 71 - 80件表示

「硫黄島」のニューストピックワード