369件中 81 - 90件表示
  • パイパー (潜水艦)

    パイパー (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1945年1月25日、パイパーは最初の哨戒でボーフィン (USS Bowfin, SS-287)、ポンフレット (USS Pomfret, SS-391)、スターレット (USS Sterlet, SS-392)、トレパン (USS Trepang, SS-412) とウルフパック「マックズ・モップス Mac's Mops」を構成し、小笠原諸島方面に向かった。この哨戒では、この方面にある特設監視艇群を蹴散らして来るべき硫黄島の戦いを支援する第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)やB-29などへの手助けをする任務が与えられており、この任務にはもう一つのウルフパック、ラガート (USS Lagarto, SS-371)、ハダック (USS Haddock, SS-231)、セネット (USS Sennet, SS-408) の「ラタズ・ランサーズ Latta’s Lancers」も従事していた。「マックズ・モップス」はサイパン島に寄港の後、2月10日に硫黄島近海の担当海域に到着。2月13日までの最初の3日間は何も発見できなかった。パイパーは3月24日までの間、本州南方でB-29への支援と監視艇探索の任務を交互に実施。2月25日夜、パイパーはの地点で2隻の船舶を発見し、2,000トン級の船を浮上雷撃により撃沈したと判断した。しかし、実際に撃沈したのは特設監視艇第三宝松丸(吉川広之、111トン)であった。哨戒の最後の4日間は、九州沖航空戦で大破し曳航されている空母フランクリン (USS Franklin, CV-13) への支援に従事した。3月30日、パイパーは60日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した。パイパー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • パーチ (SS-313)

    パーチ (SS-313)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1951年8月から1952年3月まで、パーチはメア・アイランド海軍造船所でオーバーホールが行われた。1952年から54年までアラスカおよびハワイ海域での訓練に従事し、1955年1月に西太平洋への巡航を行う。太平洋では硫黄島および小笠原諸島で偵察活動を行った。極東への巡航と巡航の間には、サンディエゴ海域で定期訓練および揚陸演習に従事した。その最中の1956年10月24日に、パーチは APSS-313 (輸送潜水艦)に再び艦種変更される。11月5日にサンディエゴを出航しパナマ運河地帯での偵察演習に従事、12月11日に帰還した。1957年末にはサンディエゴからハワイ、アラスカへと偵察巡航を行い、1958年と59年の大半はサンディエゴ海域で海兵隊および水中破壊部隊と共に揚陸訓練に従事する。1959年12月、パーチはサンディエゴを出航し、1960年3月31日に退役、カリフォルニア州ヴァレーホの太平洋予備役艦隊メア・アイランドグループで保管される。パーチ (SS-313) フレッシュアイペディアより)

  • シーフォックス (潜水艦)

    シーフォックス (潜水艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    10月4日、シーフォックスは最初の哨戒で小笠原諸島方面に向かった。10月25日まで同海域で活動し、敵艦への攻撃および硫黄島へ攻撃を行うB-24乗員の救助艦任務に当たった。10月26日、シーフォックスは敵貨物船に対して最初の攻撃を行なう。その後南西諸島方面に向かい、11月8日に到着した。到着当日、シーフォックスはの地点で僚艦クイーンフィッシュ (USS Queenfish, SS-393) とともに敵船団に対して4度の攻撃を行い、合計11本の魚雷を発射。発射した11本は何発かが敵艦に命中し、貨物船2隻8,000トンを撃沈したと判断された。また、11本のうちの1本が円弧を描いてシーフォックスの司令塔上方を通過したが、幸いにしてタリビー (USS Tullibee, SS-284)、タング (USS Tang, SS-306) のような珍事は避けられた。11月15日に哨戒海域を撤収した。11月24日、シーフォックスは49日間の行動を終えてマジュロに帰投した。シーフォックス (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • コルホーン (DD-801)

    コルホーン (DD-801)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年10月10日に真珠湾に到着、訓練および偵察任務に従事する。1945年2月19日、硫黄島沖に到着し、コルホーンは輸送船の護衛としてレーダーピケット任務、硫黄島への支援砲撃を担当した。3月1日、沿岸砲台からの砲撃が命中し、1名が死亡、16名が負傷した。サイパンでの修理後、コルホーンは沖縄に向けて出航し、3月31日に到着、レーダーピケット任務に就く。コルホーン (DD-801) フレッシュアイペディアより)

  • 能崎事件

    能崎事件から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年後半から日本本土空襲が行われるようになった。硫黄島が占領された1945年3月以降、関東地方各地の都市は毎日のように米軍機による襲撃を受けるようになっていた。能崎事件 フレッシュアイペディアより)

  • フリント (軽巡洋艦)

    フリント (軽巡洋艦)から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    フリントは1944年12月27日にウルシー環礁で第3艦隊(ウィリアム・ハルゼー大将)に加わった。その6日後、第38任務部隊(ジョン・S・マケイン・シニア中将)所属でルソン島攻略支援のため出撃した。1月26日から2月10日までウルシー環礁で補給をおこない、第38任務部隊から名前の変わった第58任務部隊(マーク・ミッチャー中将)所属で東京空襲に向かった。2月21日に部隊は硫黄島沖に到着し、硫黄島攻略の支援に当たった。フリントは3月12日にウルシー環礁に戻り2日間補給をおこなった。フリント (軽巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ギンヤンマ

    ギンヤンマから見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    アメリカに生息する。現在までのところ日本では小笠原の硫黄島から一例のみの偶産記録が知られる。(画像)ギンヤンマ フレッシュアイペディアより)

  • 特二式内火艇

    特二式内火艇から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    このほか、硫黄島などでも実戦で使われたという説もあるが、使用状況はよく分かっていない。特二式内火艇 フレッシュアイペディアより)

  • 濱江丸

    濱江丸から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    1944年6月11日、サイパン島へ侵攻してくるアメリカ軍から逃れるため、濱江丸は第4611船団に加入して日本本土への退避を開始した。アメリカ海軍第58任務部隊の空襲を受けて船団は壊滅状態となったが、本船は損傷しつつも同月21日に硫黄島へ到達できた。その後、特設駆潜艇「文丸」と航空機の援護を受けて父島まで移動した。父島の二見湾に碇泊中の同年7月4日に再びアメリカ海軍機動部隊の空襲を受けた際、被弾を免れるものの座礁してしまう。同年8月4日から5日のスカベンジャー作戦によりまたもアメリカ海軍機動部隊の空襲を浴びた濱江丸は、5日に魚雷の命中を受けて炎上し、全損となった。濱江丸 フレッシュアイペディアより)

  • パガン島

    パガン島から見た硫黄島 (東京都)硫黄島 (東京都)

    定期便はない。サイパン島から船またはヘリコプターのチャーターのみ。第二次世界大戦で使用された滑走路は、1981年の噴火による溶岩流に覆われ、北側の約500mを残すだけとなっているが、特に整備はされておらず、荒れた草地となっている。小型の双発固定翼機であればかろうじて離着陸が可能である。滑走路脇には、零戦と双発爆撃機(九七式重爆撃機)の残骸が残っている。この残骸は、日本本土を襲っていたB-29を破壊するため、1944年秋に硫黄島から飛び立ってサイパン島の米軍基地への空爆を敢行したのち、パガン島に不時着したものである。パガン島 フレッシュアイペディアより)

369件中 81 - 90件表示

「硫黄島」のニューストピックワード