252件中 111 - 120件表示
  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た沖縄本島

    東京都の小笠原諸島の島で、同諸島の行政府が置かれている父島からは300 km、本州、グアム島、南鳥島、沖縄本島から、それぞれ1,200 kmから1,300 km程度のほぼ等距離に位置する。硫黄島の北方約75kmには北硫黄島、南方約58kmには南硫黄島があり、この3島で火山列島(硫黄列島)を構成する。3島とも同じ造りの海底火山の島であり、その体積は富士山を遥かに凌ぐ。2014年(平成26年)の国土地理院による調査で、父島を抜き小笠原諸島で最大の島になっていることが分かった(23.73km)が、隆起量が大きい事から外洋の荒波による浸食に耐え面積は拡大を続けている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た列島

    行政区分上は東京都小笠原村に属し、東京都区部からは、南方におよそ1,200 kmに位置する。島内の最高峰は、摺鉢山(標高170 m)であり、硫黄島は周囲の島々と合わせて火山列島(硫黄列島)と呼ばれる列島を形成している。活火山の火山島であり、地熱が高く、島の至る所で噴気が有り、噴出する火山性ガス(二酸化硫黄等)により特有の臭いが立ち込めている。これが硫黄島の名の由来である。また、歴史的呼称として硫黄島(いおうじま)の別称もある。 ※名称については後述。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た軍属

    1944年(昭和19年)6月下旬、その後も空襲と艦砲射撃が続いたため、島民に対しては父島経由で内地へ疎開する命令が内示され、3回(7月1日、7月12日、7月14日)に分けて島民の疎開が行われた。軍に軍属として徴用された者(約230名)を除く全島民が硫黄島を離れ、島民が生活を営んだ硫黄島村の歴史は幕を閉じた。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た第21航空群

    硫黄島航空基地(いおうとうこうくうきち)は、海上自衛隊が管理する軍用飛行場で、海上自衛隊は航空管制及び基地の施設管理等のために、硫黄島航空基地隊(航空集団第4航空群)を、救難及び小笠原諸島等の急患輸送のために、73航空隊硫黄島分遣隊(航空集団第21航空群)を置いている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見たトーチカ

    大戦中に破壊された大砲や戦車の残骸、飛行場跡、地下壕跡、トーチカ跡等の戦争の痕跡が現在も数多く残っており、硫黄島の戦いで戦った兵士を慰霊、顕彰する施設・碑、かつて旧島民が暮らしていた集落や墓地があったことを偲び、慰霊する施設・碑も数多く設置されている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た海岸段丘

    数千年前の海底火山の活動で海底に火山砕屑物が堆積し、それが隆起して誕生した島である。1911年の測量後の98年間で元山中央部は15m隆起した。島内の隆起速度は均一ではなく、地点によってゆらぎによる変動を伴いながら隆起が続いている。で、現在も急速な隆起活動が続いているが、隆起量の割りに有感地震活動は少ない。隆起活動によって、海岸段丘や断層崖が島中に形成されている。島西方にある釜岩はかつては一つの独立した島で陸繋島を形成していたが、1950年代から1960年代の急激な隆起活動により現在は硫黄島と地続きとなっている。なお、笠原稔、江原幸雄(1985)らの解析による隆起モデルでは、隆起の圧力源を鳥ケ原の下 1-2kmと北東海岸 1km沖の下3-4kmに2つの衝上型を配置すると、1952年から1968年の活動を最も良く解説できるとしている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た火山性ガス

    行政区分上は東京都小笠原村に属し、東京都区部からは、南方におよそ1,200 kmに位置する。島内の最高峰は、摺鉢山(標高170 m)であり、硫黄島は周囲の島々と合わせて火山列島(硫黄列島)と呼ばれる列島を形成している。活火山の火山島であり、地熱が高く、島の至る所で噴気が有り、噴出する火山性ガス(二酸化硫黄等)により特有の臭いが立ち込めている。これが硫黄島の名の由来である。また、歴史的呼称として硫黄島(いおうじま)の別称もある。 ※名称については後述。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た観測

    本島は、潮風や硫黄による腐食が激しいため、基地施設等の補修が常時行われており、作業に従事するこの建設業者の住宅施設が存在する。また、海上自衛隊が火山観測を行なっており、国土地理院と気象庁の職員も、定期的に観測のために来島している。1970年代後半には防災科学技術研究所の観測点が設置され、以降地震観測が継続されている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た東立川駐屯地

    固定電話については、自衛隊基地の外線1回線が公開されている。これによると、硫黄島の市外局番は04998、市内局番は4、加入者番号は1xxxである。まず、市外局番04998は小笠原MAの局番であり、MAのエリア内と重なる小笠原村内であれば市内通話扱いとなる。ただし、収容局は隣接する父島でも母島でもなく、東京本土にある「新立川」である。ここには航空自衛隊立川分屯基地や陸上自衛隊立川駐屯地がある。次に、市内局番4が硫黄島に割り当てられた番号であり、ここからが村内の父島 (2) や母島 (3) とは別となる。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見たキロメートル

    硫黄島(いおうとう)は、小笠原諸島の南端近くに所在する、東西8 km、南北4 kmの島である。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

252件中 111 - 120件表示

「硫黄島」のニューストピックワード