252件中 131 - 140件表示
  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た硫黄

    島名は、島の至るところで見られる硫黄に由来する。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た綾瀬市

    自衛隊員等が常駐していることから硫黄島は有人島となっているが、所在する海上自衛隊員は神奈川県綾瀬市、航空自衛隊員は埼玉県狭山市にそれぞれ住民登録しており、硫黄島のある東京都小笠原村ではない。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た明治丸

    1887年(明治20年)、横尾東作・東京府知事高崎五六らが明治丸で探査を行った。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た大本営

    1944年(昭和19年)、大本営はマリアナ諸島の防備強化と合わせて小笠原諸島の防備強化を開始し、陸軍部隊(「伊支隊」指揮官:厚地兼彦大佐、4,883名)と海軍部隊(「硫黄島警備隊」指揮官:和智恒蔵中佐、1,362名)が硫黄島に進出した。この段階では島民も在島していたが、陸海軍部隊は上記要塞地帯に指定された島南部に展開したため、少数の島民が部隊に行商に出かけるほかは、部隊と島民の接触は少なかった。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た本土

    当時の島内の産業は、硫黄採取鉱業、サトウキビ、コカ、レモングラス等の栽培農業、近海沿岸漁業等で、これらの産業は硫黄島産業株式会社が取り仕切っており、島民の大半は同社に直接、間接的につながっていた。島内での穀物生産は困難のため、米は本土からの移入に頼っていた。医療用コカイン利用目的としてのコカ栽培は、アジアではここと台湾だけであった。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た台湾

    当時の島内の産業は、硫黄採取鉱業、サトウキビ、コカ、レモングラス等の栽培農業、近海沿岸漁業等で、これらの産業は硫黄島産業株式会社が取り仕切っており、島民の大半は同社に直接、間接的につながっていた。島内での穀物生産は困難のため、米は本土からの移入に頼っていた。医療用コカイン利用目的としてのコカ栽培は、アジアではここと台湾だけであった。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た日向灘地震

    1980年に行われた地磁気観測の結果から、地下2kmよりも浅いところにキュリー温度を超える高温領域(マグマ溜まり?)が有ると推定されている。また、震央から1000km以上離れた地震により硫黄島周辺で微少地震が活発化する現象が、1983年日本海中部地震、1984年九州南東沖の地震、1993年北海道南西沖地震などでの観測例が報告されている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た台地

    海底からの比高は2,000m以上で頂上部には直径約10kmのカルデラが形成されているが、カルデラの大半は海面下にあり、釜岩、監獄岩、東側沖の東岩などの岩礁群はカルデラ壁である。島の大半は標高100 m前後の台地状の比較的なだらかな地形であり、島の最南端に位置する最高所(標高170 m)の摺鉢山(パイプ山)はカルデラ外縁の側火山で、その名の通り「すり鉢」を伏せたような形状をしている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た見学

    貴重な拠点であるほか、国内で唯一、陸・海・空の3自衛隊の統合的作戦演習が可能な場所でもある。なお、防衛大学校および防衛医科大学校の学生等が本島を見学する場合は、航空自衛隊のC-1またはC-130に搭乗する。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た火山砕屑物

    数千年前の海底火山の活動で海底に火山砕屑物が堆積し、それが隆起して誕生した島である。1911年の測量後の98年間で元山中央部は15m隆起した。島内の隆起速度は均一ではなく、地点によってゆらぎによる変動を伴いながら隆起が続いている。で、現在も急速な隆起活動が続いているが、隆起量の割りに有感地震活動は少ない。隆起活動によって、海岸段丘や断層崖が島中に形成されている。島西方にある釜岩はかつては一つの独立した島で陸繋島を形成していたが、1950年代から1960年代の急激な隆起活動により現在は硫黄島と地続きとなっている。なお、笠原稔、江原幸雄(1985)らの解析による隆起モデルでは、隆起の圧力源を鳥ケ原の下 1-2kmと北東海岸 1km沖の下3-4kmに2つの衝上型を配置すると、1952年から1968年の活動を最も良く解説できるとしている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

252件中 131 - 140件表示

「硫黄島」のニューストピックワード