200件中 71 - 80件表示
  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見たレモングラス

    島内の産業は、硫黄採取鉱業、サトウキビ、コカ、レモングラス等の栽培農業、近海沿岸漁業等で、これらの産業は硫黄島産業株式会社が取り仕切っており、島民の大半は同社に直接、間接的につながっていた。当時の島民の証言によれば、「きちんと稼げていた」とのことであり、絶海の孤島ではあったが、島民の経済状態は悪くなかったようである。なお、島内での穀物生産は困難のため、米は本土からの移入に頼っていた。麻薬使用目的としてのコカ栽培は、アジアではここと台湾だけであった。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見たマリアナ諸島

    硫黄島南部は戦前から海軍省によって要塞地帯に指定され、一般島民の立ち入りが制限されていた。太平洋戦争が始まり、1944年に入ると大本営はマリアナ諸島の防備強化と合わせて小笠原諸島の防備強化を開始し、陸軍部隊(「伊支隊」指揮官:厚地兼彦大佐、4,883名)と海軍部隊(「硫黄島警備隊」指揮官:和智恒蔵中佐、1,362名)が硫黄島に進出した。この段階では島民も在島していたが、陸海軍部隊は上記要塞地帯に指定された島南部に展開したため、少数の島民が部隊に行商に出かけるほかは、部隊と島民の接触は少なかった。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た海軍省

    硫黄島南部は戦前から海軍省によって要塞地帯に指定され、一般島民の立ち入りが制限されていた。太平洋戦争が始まり、1944年に入ると大本営はマリアナ諸島の防備強化と合わせて小笠原諸島の防備強化を開始し、陸軍部隊(「伊支隊」指揮官:厚地兼彦大佐、4,883名)と海軍部隊(「硫黄島警備隊」指揮官:和智恒蔵中佐、1,362名)が硫黄島に進出した。この段階では島民も在島していたが、陸海軍部隊は上記要塞地帯に指定された島南部に展開したため、少数の島民が部隊に行商に出かけるほかは、部隊と島民の接触は少なかった。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た軍事基地

    戦後は海上自衛隊管理の航空基地が設置され、全島がその基地の敷地とされているため、原則として基地に勤務する自衛隊員以外は島に立ち入ることが禁止されている。ただし必要に応じて、飛行場等の整備・改修工事を行う防衛省北関東防衛局職員及び建設業者等の作業員並びに遺骨帰還事業を行う厚生労働省職員等の立ち入りが許可される。本島は潮風や硫黄による侵食が激しいため、基地施設等の補修が常時行われており、作業に従事するこの建設業者の住宅施設が存在する。また、海上自衛隊が火山観測を行なっており、国土地理院と気象庁の職員も定期的に観測のために来島している。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た日本軍

    その後、1945年2月から3月にかけて行われたこの島の攻防(硫黄島の戦い)で、日本軍2万129人が戦死、米軍2万8686人の戦死傷者(戦死6,821名・戦傷2万1865名)を出す大激戦が繰り広げられた。そして3月17日、硫黄島は米軍に占領された。摺鉢山に米軍海兵隊によって星条旗を掲げる際に撮った写真は、米バージニア州アーリントン国立墓地(米国の戦没者専用墓地)にある「合衆国海兵隊記念碑」のモデルにもなっている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た防衛医科大学校

    自衛隊員等が常駐していることから硫黄島は有人島となっているが、所在する海上自衛隊員は神奈川県綾瀬市民、航空自衛隊員は埼玉県狭山市民で、硫黄島(東京都小笠原村)に住民登録はされていない。周囲に有人島が存在しないため、硫黄島通信所にてアメリカ海軍の空母艦載機による艦載機離着陸訓練(FCLP:Field Carrier Landing Practice)及び夜間離着陸訓練(NLP:Night Landing Practice)(タッチアンドゴー)が行われているほか、航空自衛隊の各種実験飛行や戦闘機の移動訓練といった、日本本土では実施不可能な用途に使用できる貴重な島である。日本で唯一、陸・海・空の3自衛隊の統合的作戦演習が可能な場所でもある。なお、防衛大学校及び防衛医科大学校の学生等が、本島を見学することがある。この時の往復には航空自衛隊のC-1またはC-130を利用する。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見たアメリカ空軍

    終戦後、島はアメリカ合衆国の施政権のもとにおかれ、1960年代までアメリカ空軍基地として核兵器保管などに用いられた。1968年6月26日、小笠原諸島と共に日本に返還されたが、硫黄島村ではなく、小笠原村字硫黄島という扱いとなり、現在に至っている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た合成開口レーダー

    火山噴火予知連絡会は宇宙航空研究開発機構との共同により、陸域観測技術衛星「だいち」の合成開口レーダーを用いた硫黄島観測データ(2006年11月11日と12月27日分)を解析した。それによれば、11月11日観測時と比べて島が20 cm隆起しており、硫黄島南東部にて数cmの隆起が確認された。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た石碑

    1985年2月19日、硫黄島の米軍上陸40年目に当たる日に、「名誉の再会」と呼ばれる行事が行われた。参加したのは硫黄島戦に参加した両軍の兵士、場所は米軍が上陸した二ッ根浜である。会場中央には両面に文が刻まれた石碑が建てられ、和文が刻まれた山側には日本人参加者が、英文が刻まれた海岸側には米国人参加者が整列した。除幕と献花が行われたあと、参加者たちは碑に向かって歩み寄り、握手・抱擁を交わし合った。その後、1995年3月には50周年記念、2000年3月には55周年の日米合同慰霊祭がこの碑の前で行われている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見た入間基地

    硫黄島航空基地(いおうとうこうくうきち)は、海上自衛隊が管理する飛行場で、海上自衛隊は航空管制及び基地の施設管理等のために硫黄島航空基地隊(航空集団第4航空群)を、救難及び小笠原諸島等の急患輸送のために73航空隊硫黄島分遣隊(航空集団第21航空群)を置いている。航空自衛隊は訓練機の飛行統制や後方支援のために硫黄島基地隊(中部航空方面隊)を置いており、実験機や戦闘機の訓練基地として使用している。航空自衛隊における名称は硫黄島分屯基地(いおうとうぶんとんきち)。入間基地の分屯基地という扱いとされている。陸上自衛隊は太平洋戦争により、島に残された不発弾を処理する人員数名を派遣している。基地にある滑走路は2650×60の1本のみだが、2650×30の平行誘導路が、トラブルによる主滑走路閉鎖時に離着陸の可能な緊急滑走路として整備されている。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

200件中 71 - 80件表示

「硫黄島」のニューストピックワード