前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • 確定申告

    確定申告から見た所得税

    個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た雇用保険

    年末調整を受ける前に退職しその年の年末調整を受けていない場合(雇用保険の求職者給付は非課税)、所得が少ない人で配当所得や原稿料収入、公的年金等の雑所得から税金が源泉徴収されている場合には、確定申告(還付申告)ができる。所得控除や税額控除の金額、源泉徴収税額や税率により、本来納めるべき税金よりも源泉徴収税額が大きく差し引かれていた場合には、申告することにより税金が戻ってくる。また予定納税をしたが、確定申告の必要がなくなった場合でも申告によって税金が戻ってくる。なお、ふるさと納税のワンストップ特例制度を使った人が確定申告をすると特例制度は無効となるため、改めて寄附金控除をする必要がある。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た郵便局

    申告納税額<源泉徴収税額: 差額の還付額が、後日指定した金融機関に振り込まれるか郵便局で受け取る。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た消費税

    消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た利子

    同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与の他に貸付金の利子や店舗などの賃貸料などの支払いを受けた確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た医療費

    個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見たオプション取引

    先物取引、オプション取引、外国為替証拠金取引、CFD取引、ビットコインの使用などによる利益がある場合確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見たe-Tax

    e-Tax(国税電子申告・納税システム)により、インターネットを経由して、電子書類の送信により電子申請、インターネットバンキング(Pay-easy)により納税・還付も可能。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た少額投資非課税制度

    一般口座や特定口座の損失を翌年以後に繰り越すためには、確定申告が必要となる。翌3年以内の確定利益と相殺しての納税額となる。ただし、少額投資非課税制度(NISA口座)は損益通算の対象にならない。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た住民税

    作成した確定申告書は、申告時点での住所地を管轄する税務署へ郵送するか、直接持参する。所得税の確定申告は2月16日から3月15日までだが、並行して行われる個人消費税の確定申告は1月4日から3月31日までである。また、所得税の確定申告をした者は併せて住民税や事業税の申告の必要はない。なお、平成25年分から復興特別所得税の確定申告が必要だが、所得税の申告書上で合算計算をして申告する。確定申告 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「確定申告」のニューストピックワード