66件中 21 - 30件表示
  • 確定申告

    確定申告から見た附帯税

    確定申告により納付すべき税金がある場合、期限後の申告には無申告加算税が加算される。また、納付期限後の納付には延滞税が加算されることがある。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見たPDF

    電子申告は徴税当局に直接行うのではなく徴税当局と契約している民間会社(PC上の申告書作成ソフトウェア提供者)を経由して行う。例えば、PC上の申告書作成プログラムで圧倒的なシェアを占めるIntuit社のTurbo Taxでは、手で入力するデータだけでなく、同社のQuicken会計・家計簿プログラムからのデータのインポートに加えてADPなどの給与計算会社から源泉徴収データをダウンロードでき、誤りや矛盾の検査をしてアップロード可能になる。Intuit社のサーバにアップロードされた申告データは最終検査を受けた後徴税当局のサーバに転送され、問題がなければ申告完了となり申告者には電子メールで報告される。申告書作成プログラムは紙の申告書と同じイメージも作成し、実際に印刷するかPDFファイルで保存できる。Intuit社は、給与所得だけで住宅ローン利子控除や利子・配当所得、事業所得などのない納税者向けのウェブを使った簡易申告も提供している。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た寄附金控除

    年末調整を受ける前に退職しその年の年末調整を受けていない場合(雇用保険の求職者給付は非課税)、所得が少ない人で配当所得や原稿料収入、公的年金等の雑所得から税金が源泉徴収されている場合には、確定申告(還付申告)ができる。所得控除や税額控除の金額、源泉徴収税額や税率により、本来納めるべき税金よりも源泉徴収税額が大きく差し引かれていた場合には、申告することにより税金が戻ってくる。また予定納税をしたが、確定申告の必要がなくなった場合でも申告によって税金が戻ってくる。なお、ふるさと納税のワンストップ特例制度を使った人が確定申告をすると特例制度は無効となるため、改めて寄附金控除をする必要がある。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た退職所得

    給与を1か所から受けていて、給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た同族会社

    同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与の他に貸付金の利子や店舗などの賃貸料などの支払いを受けた確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た電子申請

    e-Tax(国税電子申告・納税システム)により、インターネットを経由して、電子書類の送信により電子申請、インターネットバンキング(Pay-easy)により納税・還付も可能。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た税務署

    個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入・支出、医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見た災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律

    災害減免法により、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた(下表の雑損控除と比較して、最終的に有利な方を選択することができる)確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見たインターネットバンキング

    e-Tax(国税電子申告・納税システム)により、インターネットを経由して、電子書類の送信により電子申請、インターネットバンキング(Pay-easy)により納税・還付も可能。確定申告 フレッシュアイペディアより)

  • 確定申告

    確定申告から見たパーソナルコンピュータ

    税務署や最寄りの還付申告センターに設置しているパソコンで作成: 税務署の所在地、還付申告センターの設置状況確定申告 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「確定申告」のニューストピックワード