前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 磐梯高原

    磐梯高原から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯高原(ばんだいこうげん)は、裏磐梯または裏磐梯高原とも呼ばれ、福島県北部にある磐梯山、安達太良山、吾妻山に囲まれた標高700?1000メートル程度の高原状の地域をいう。磐梯朝日国立公園に属する。磐梯高原 フレッシュアイペディアより)

  • 上戸浜

    上戸浜から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    猪苗代湖北東の福島県耶麻郡猪苗代町上戸地区にあり、磐梯朝日国立公園に属する。付近には猪苗代町の上戸集落、国道49号の上戸トンネルなどが存在する。他にも安積疏水の取り入れ口である「上戸水門」が浜の近くにあり、この浜は疏水の取水口のひとつとしての役割を担っている。この水門を奥羽山脈を貫く沼上隧道などと一体にして利用する案が、安積疏水の設計に当たって決められた。これは、奥羽山脈を最短の距離で通過できる案であること、五百川などを利水に活かすことができることなどを踏まえたものである。上戸浜 フレッシュアイペディアより)

  • 中吾妻山

    中吾妻山から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    中吾妻山(なかあづまやま)は福島県耶麻郡猪苗代町にある火山。磐梯朝日国立公園に属する。中吾妻山 フレッシュアイペディアより)

  • 志田浜

    志田浜から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯高原とならび福島県を代表する観光スポットであり、磐梯朝日国立公園に属する。標高が514mと高いため避暑地を兼ねた湖水浴場として有名であるが、そのため会津盆地で真夏日にならないと水はやや冷たい。そばに遊覧船の発着場もあり、松林越しに見る磐梯山は絶景である。志田浜 フレッシュアイペディアより)

  • 猪苗代盆地

    猪苗代盆地から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    奥羽山脈の中にあり、北に磐梯山、南に猪苗代湖、会津布引山、布引高原、東に郡山盆地(安積原野)、西に会津盆地がある。猪苗代湖は阿賀川の支流日橋川や安積疏水や新安積疏水の水源となっている。周辺は磐梯朝日国立公園に属し、スキー場を始めとする観光業は発達しているが猪苗代町だけで形成される人口が少ない盆地。猪苗代盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 西吾妻山

    西吾妻山から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山。磐梯朝日国立公園に属する。西吾妻山 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日山地

    朝日山地から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    標高1,200mまではブナを中心とした広葉樹林、その上部の1,200-1,400mではミヤマナラやミネカエデなどの落葉低木林、1,600m以上の高山帯ではハイマツの低木林が分布する。大部分の地域が磐梯朝日国立公園区域内に含まれる。ヤマネやニホンカモシカ、ニホンツキノワグマなどの哺乳類、イヌワシやクマタカ、オオタカ、ハヤブサなどの猛禽類を含む37科101種の鳥類の生息が確認されている。このため、1984年(昭和59年)に国指定大鳥朝日鳥獣保護区(希少鳥獣生息地)に指定されている(面積38,285ha、うち特別保護地区8,611ha)。朝日山地 フレッシュアイペディアより)

  • 長浜 (福島県耶麻郡猪苗代町)

    長浜 (福島県耶麻郡猪苗代町)から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    猪苗代湖北東の福島県耶麻郡猪苗代町翁沢地区にあり、国道49号からアクセスできる。磐梯東都バスによるバスが運行されており、このバスは猪苗代町の玄関口である猪苗代駅や、町内出身の著名人関連施設、野口英世記念館などとの間を結んでいる。また、国道沿いに駐車場も備え、これらから分かるように、猪苗代町の観光を代表する観光地のひとつであり、同町を訪れる観光客による訪問が多い。ほかに、猪苗代湖北岸では志田浜も観光客が多いとされている。磐梯朝日国立公園に属する。長浜 (福島県耶麻郡猪苗代町) フレッシュアイペディアより)

  • 鷹の巣ダム

    鷹の巣ダムから見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    荒川水系に建設されたダムの中では最も新しいダムである。磐梯朝日国立公園に位置する。鷹の巣ダム フレッシュアイペディアより)

  • 飯豊山地

    飯豊山地から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    越後山脈の北部にあたり、北に荒川、東に国道121号大峠、南に阿賀川、西に越後平野に囲まれた飯豊山塊を中心とした山地である。さらに晴れていれば北に朝日山地、東に吾妻連峰、南に会津盆地・那須岳、西に日本海まで望むことができる。最高峰は大日岳の標高2128メートルであり、飯豊本山や北股岳、烏帽子岳、御西岳など2000メートル級の山々が連なっていて飯豊連峰と呼ばれており磐梯朝日国立公園区域に含まれる。飯豊山地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示