51件中 11 - 20件表示
  • 浄土平

    浄土平から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園に指定されているとともに、吾妻山東部の景観が一望でき、磐梯吾妻スカイラインの観光の中心として、浄土平ビジターセンターや福島市浄土平天文台、レストハウス、土産物店がある。浄土平 フレッシュアイペディアより)

  • 横向温泉

    横向温泉から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    全域は磐梯朝日国立公園の区域に指定さている。横向温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田川 (福島県)

    杉田川 (福島県)から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    中流の「県民の森・フォレストパークあだたら」上部に位置する森林で、磐梯朝日国立公園の指定区域である。また、「遠藤ヶ滝水源の森」として水源の森百選に指定されている。杉田川 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴ヶ滝

    鈴ヶ滝から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    鈴ヶ滝(すずかたき)は新潟県下越、山形県との県境付近にある滝である。日本の滝百選に数えられている。三面川の支流、高根川上流の鈴谷本流にかかる滝で、朝日連峰の西側に位置するが、磐梯朝日国立公園の指定区域にはぎりぎり含まれていない。鈴ヶ滝 フレッシュアイペディアより)

  • 赤芝峡

    赤芝峡から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    峡谷のある荒川は朝日山地を縫うように走る急流で、至る所に頁岩、花崗岩が露出する。磐梯朝日国立公園の一部で、国道113号にも近いことから交通アクセスは至便であるが、観光化されていないのと、国立公園内にあるため、近くに宿泊施設はおろか、土産物屋や飲食店もほとんどなく、遊歩道が整備されているのみである。純粋に紅葉を楽しみたい人にはうってつけの名所と呼べるであろう。赤芝峡 フレッシュアイペディアより)

  • 野地温泉

    野地温泉から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園内に野地温泉ホテルが存在する。福島県道30号本宮土湯温泉線(国道115号の旧道)に沿い、標高1,200mの高所にある温泉地ながら通年営業している。一軒宿の日帰り入浴の値段は周辺の他の温泉よりも割高なだが、休憩所などの設備が整っており、風呂の種類も多い。ちなみにこのあたりは福島市だが、福島市の市外局番「024-5」ではなく、隣の耶麻郡の市外局番「0242」が使用されている。野地温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 新野地温泉

    新野地温泉から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園内に一軒宿、相模屋が存在する。国道115号の旧道に沿い、標高1230mの高所にある温泉地ながら通年営業している。日本秘湯を守る会に加盟している。内風呂は湯治場の雰囲気を残す板張りのもので、露天風呂は外の木道をしばらく進んだところにある。丸太などで囲われたもので開放感にあふれる。ちなみにこのあたりは福島市だが、福島市の市外局番「024-5」ではなく、隣の耶麻郡の市外局番「0242」が使用されている。新野地温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲倉温泉

    鷲倉温泉から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園内に一軒宿、鷲倉温泉旅館が存在する。2001年(平成13年)に新築に立て替えられた。標高1,230mの高所にある温泉地ながら通年営業している。酸性緑ばん泉のほうは昔から「目の鷲倉」といわれ評判が高かった。ちなみにこのあたりは福島市だが、福島市の市外局番「024-5」ではなく、隣の耶麻郡の市外局番「0242」が使用されている。鷲倉温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 小野川 (福島県)

    小野川 (福島県)から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    小野川(おのがわ)は、福島県の一級河川阿賀野川水系日橋川の第5次支流である。磐梯朝日国立公園の区域内にあり、1985年(昭和60年)に「小野川湧水」として名水百選に選定された。小野川 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 二王子岳

    二王子岳から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    頂上は磐梯朝日国立公園内に位置し、主な登山道として利用される二王子神社からの登山道周辺は5合目付近から胎内二王子県立自然公園に指定されている。二王子岳 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「磐梯朝日国立公園」のニューストピックワード