59件中 21 - 30件表示
  • 赤芝峡

    赤芝峡から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    峡谷のある荒川は朝日山地を縫うように走る急流で、至る所に頁岩、花崗岩が露出する。磐梯朝日国立公園の一部で、国道113号にも近いことから交通アクセスは至便であるが、観光化されていないのと、国立公園内にあるため、近くに宿泊施設はおろか、土産物屋や飲食店もほとんどなく、遊歩道が整備されているのみである。純粋に紅葉を楽しみたい人にはうってつけの名所と呼べるであろう。赤芝峡 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田川 (福島県)

    杉田川 (福島県)から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    中流の「県民の森・フォレストパークあだたら」上部に位置する森林で、磐梯朝日国立公園の指定区域である。また、「遠藤ヶ滝水源の森」として水源の森百選に指定されている。杉田川 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 越後山脈

    越後山脈から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    越後山脈(えちごさんみゃく)は、新潟県と福島県、群馬県、定義によっては栃木県の県境も含む山脈である。一部、磐梯朝日国立公園・尾瀬国立公園に含まれる。越後山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 土湯バイパス

    土湯バイパスから見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    このバイパスは磐梯朝日国立公園の区域内を通過している。土湯バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 山形県立自然博物園

    山形県立自然博物園から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園内、姥ケ岳の山麓、石跳川の沢沿いに位置する。自然を学び、地球環境の維持、自然保護を目的に野外自然学習施設として開園した。園内の面積は約245ヘクタールに及び、ブナの原生林などが広がる。山形県立自然博物園 フレッシュアイペディアより)

  • 奥羽山脈

    奥羽山脈から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    山脈の一部が十和田八幡平国立公園、栗駒国定公園、蔵王国定公園、磐梯朝日国立公園、日光国立公園に含まれる。奥羽山脈 フレッシュアイペディアより)

  • 飯豊山地

    飯豊山地から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    越後山脈の北部にあたり、北に荒川、東に国道121号大峠、南に阿賀川、西に越後平野に囲まれた飯豊山塊を中心とした山地である。晴れていれば北に朝日山地、東に吾妻連峰、南に会津盆地・那須岳、西に日本海まで望むことができる。最高峰は大日岳の標高2128メートルであり、飯豊本山や北股岳、烏帽子岳、御西岳など2000メートル級の山々が連り飯豊連峰と呼ばれ、磐梯朝日国立公園の一部をなしている。飯豊山地 フレッシュアイペディアより)

  • アリドオシラン

    アリドオシランから見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    日本では以下の多数の都道府県で、レッドリストの指定を受けている。採集、登山者による踏みつけ、森林開発などにより、個体数が減少している地域がある。磐梯朝日国立公園、日光国立公園、上信越高原国立公園、中部山岳国立公園、僧ヶ岳県立自然公園などの自然公園指定植物。アリドオシラン フレッシュアイペディアより)

  • 管野ダム

    管野ダムから見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    置賜野川は最上川に合流する主要な支流のひとつである。磐梯朝日国立公園に指定されている朝日連峰の最高峰である朝日岳を水源として、上流部は急峻(きゅうしゅん)な野川渓谷を形成する。山地を抜けると扇状地を形成、長井市中心部を流れた後最上川に合流する。流路延長は28.0キロメートル、流域面積は130平方キロメートルの河川であり、その80パーセントは山地で形成され急勾配であることから、急流河川となっている。管野ダム フレッシュアイペディアより)

  • 猪苗代湖

    猪苗代湖から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    福島県のほぼ中央に位置する。面積は琵琶湖、霞ケ浦、サロマ湖に次いで日本第4位(日本の湖沼の面積順の一覧参照)で、福島県最大。また、湖面の標高514mは、全国でも有数の標高の高い湖であり、磐梯朝日国立公園に属する。猪苗代湖 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「磐梯朝日国立公園」のニューストピックワード