59件中 31 - 40件表示
  • 松川 (福島県)

    松川 (福島県)から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    山形県米沢市南東部の吾妻連峰の山々に源を発し東へ流れる。福島県福島市へ入り、福島盆地中央の信夫山の北側を流れ、福島市本内で阿武隈川に合流する。上流は磐梯朝日国立公園内を流れる。福島市安養寺付近から扇状地つくり、一帯に果樹園が広がる。JR東日本の奥羽本線・山形新幹線の福島駅から板谷峠までは、ほぼ松川に沿っている。松川 (福島県) フレッシュアイペディアより)

  • 寒河江ダム

    寒河江ダムから見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    ダムへは山形自動車道・月山インターチェンジより国道112号を寒河江・西川方面に戻ると10分程度で到着する。付近は磐梯朝日国立公園の区域内であり月山は夏スキーのメッカである他秋の紅葉も美しく、月山湖上流の弓張平公園等のレクリェーション施設もある。更にこの国道112号は山形市・米沢市と酒田市・鶴岡市を結ぶ重要なルートであり、こうした道路整備の結果寒河江ダム・月山湖・月山とその周辺は山形県内の一大観光地として成長、『おしん』の海外放映もあって外国人観光客も多く訪れる。ダム建設前、ダムを起爆剤として町興しを図った西川町の目論みは当たったといえる。寒河江ダム フレッシュアイペディアより)

  • 猪苗代盆地

    猪苗代盆地から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    奥羽山脈の中にあり、北に磐梯山、南に猪苗代湖、会津布引山、布引高原、東に郡山盆地(安積原野)、西に会津盆地がある。猪苗代湖は阿賀川の支流日橋川や安積疏水や新安積疏水の水源となっている。周辺は磐梯朝日国立公園に属し、スキー場を始めとする観光業は発達しているが、ほぼ猪苗代町だけ(一部は郡山市、会津若松市)で形成される人口が少ない盆地。猪苗代盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 土湯温泉16号源泉バイナリー発電所

    土湯温泉16号源泉バイナリー発電所から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    土湯温泉は福島市街地から西に16kmの地点にあり、磐梯朝日国立公園に属し国民保養温泉地として指定されていたが、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故による風評被害により、旅館の廃業が相次ぐ大きな被害を受けた。この状況からの温泉地の復興のための方法を旅館関係者などが検討していたところ、従来より地下水を加水して温泉街に供給している高温の源泉の熱エネルギーを有効に活用できることからバイナリー地熱発電が計画された。土湯温泉16号源泉バイナリー発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 西吾妻山

    西吾妻山から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山。磐梯朝日国立公園に属する。西吾妻山 フレッシュアイペディアより)

  • 上戸浜

    上戸浜から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    猪苗代湖北東の福島県耶麻郡猪苗代町上戸地区にあり、磐梯朝日国立公園に属する。付近には猪苗代町の上戸集落、国道49号の上戸トンネルなどが存在する。他にも安積疏水の取り入れ口である「上戸水門」が浜の近くにあり、この浜は疏水の取水口のひとつとしての役割を担っている。この水門を奥羽山脈を貫く沼上隧道などと一体にして利用する案が、安積疏水の設計に当たって決められた。これは、奥羽山脈を最短の距離で通過できる案であること、五百川などを利水に活かすことができることなどを踏まえたものである。上戸浜 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴ヶ滝

    鈴ヶ滝から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    鈴ヶ滝(すずかたき)は新潟県下越、山形県との県境付近にある滝である。日本の滝百選に数えられている。三面川の支流、高根川上流の鈴谷本流にかかる滝で、朝日連峰の西側に位置するが、磐梯朝日国立公園の指定区域にはぎりぎり含まれていない。鈴ヶ滝 フレッシュアイペディアより)

  • 鷲倉温泉

    鷲倉温泉から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園内に一軒宿、鷲倉温泉高原旅館が存在する。2001年(平成13年)に建て替えられた。標高1,230mの高所にある温泉地であり冬期は休業する。酸性緑ばん泉のほうは昔から「目の鷲倉」といわれ評判が高かった。ちなみにこのあたりは福島市だが、福島市の市外局番「024-5」ではなく、隣の耶麻郡の市外局番「0242」が使用されている。鷲倉温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 浄土平

    浄土平から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園に指定されているとともに、吾妻山東部の景観が一望でき、磐梯吾妻スカイラインの観光の中心として、浄土平ビジターセンターや福島市浄土平天文台、レストハウスがある。桶沼の南東側の兎平には、吾妻小舎(有人の山小屋)、浄土平キャンプ場がある。浄土平 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯吾妻道路

    磐梯吾妻道路から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    福島県福島市の高湯温泉から浄土平を経て土湯峠に至る吾妻連峰を縦走する全長 28.7 km、平均標高1,350 mの山岳自動車道である。道路法上の正式な路線名は、福島県道70号福島吾妻裏磐梯線であり、通称として磐梯吾妻スカイラインまたは、磐梯吾妻道路とよばれることが多い。東北地方の山岳観光有料道路の草分けとして1959年(昭和34年)11月に開通。磐梯朝日国立公園の吾妻連峰の東側山腹に沿って走る本格的な山岳観光道路で、旧建設省と「道の日」実行委員会が選定した日本の道100選にも選ばれている。磐梯吾妻道路 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「磐梯朝日国立公園」のニューストピックワード