51件中 41 - 50件表示
  • 土湯バイパス

    土湯バイパスから見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    このバイパスは磐梯朝日国立公園の区域内を通過している。土湯バイパス フレッシュアイペディアより)

  • 会津

    会津から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐越西線で郡山方面から入り、中山峠を越えると上戸駅付近で左手に猪苗代湖を望むことができる。夏は臨時の猪苗代湖畔駅が志田浜脇に開業する(営業時期に注意)。右手前方に磐梯山が見えて来ると、そこは磐梯朝日国立公園の玄関・猪苗代町である。ここより北へ進むと北塩原村(通称:裏磐梯)があり、国道459号を通って磐梯高原の中心・剣ヶ峰を経由し、喜多方市へ抜けることもできる。線路はやがて下り坂に入り、会津盆地が右に左に見え隠れするようになると、慧日寺(えにちじ)跡がある磐梯町になる。そして次は会津若松市。会津 フレッシュアイペディアより)

  • 飯豊山

    飯豊山から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園内に位置し、可憐に咲く高山植物が有名で、日本百名山のひとつに数えられている。飯豊連峰の最高峰は、標高2,128 mの大日岳である。飯豊山 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯吾妻道路

    磐梯吾妻道路から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    東北地方の山岳観光有料道路の草分けとして1959年(昭和34年)11月に開通。磐梯朝日国立公園の一部であり、吾妻連峰の東側山腹に沿って走る本格的な山岳観光道路で、日本の道100選にも選ばれている。普通車の通行料金は1,570円。11月中旬から4月上旬までは冬期通行止。磐梯吾妻道路 フレッシュアイペディアより)

  • 日本工業大学

    日本工業大学から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    山形県の磐梯朝日国立公園の山麓にある。日本工業大学 フレッシュアイペディアより)

  • 猪苗代駅

    猪苗代駅から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    駅周辺は猪苗代町の中心。駅前から磐梯東都バス、タクシーの連絡があり、磐梯朝日国立公園の入り口となっている。猪苗代駅 フレッシュアイペディアより)

  • 米沢市

    米沢市から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    南部及び東部は広い山地に囲まれており盆地である。一般的には米沢盆地と呼ばれている。特に、南端の吾妻連峰一帯は磐梯朝日国立公園となっており、天元台スキー場や栗子国際スキー場がある。市街地は市の中北部にあり、最上川の西岸の米沢城址付近に集中している。米沢市 フレッシュアイペディアより)

  • 阿賀野川

    阿賀野川から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    猪苗代湖には長瀬川を始め多くの河川が流入するが、長瀬川上流部は1888年(明治21年)の磐梯山噴火に伴う山体崩壊、及び火山泥流によって川が堰き止められた。これにより桧原湖・小野川湖・秋元湖の「裏磐梯三湖」や五色沼・曽原湖など大小様々な湖沼が誕生した。現在は磐梯朝日国立公園の主要な観光地として、多くの観光客が訪れる。長瀬川は猪苗代湖に注ぐ際に三角州を形成している。阿賀野川 フレッシュアイペディアより)

  • 猪苗代湖

    猪苗代湖から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    福島県のほぼ中央に位置する。面積は琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次いで日本第4位(日本の湖沼の面積順の一覧参照)。福島県最大。また、湖面の標高514mは、全国でも有数の標高の高い湖であり、磐梯朝日国立公園に属する。猪苗代湖 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た磐梯朝日国立公園磐梯朝日国立公園

    北部から西部にかけての山岳地帯は日本有数の豪雪地帯として知られ、日本海へ注ぐ阿賀川の流域であり、多くの大型水力発電所が設けられた日本を代表する電源地帯となっている。また、その流域は磐梯朝日国立公園、尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園に指定された自然の宝庫であり、吾妻山・安達太良山・磐梯山などの諸活火山をはじめ、磐梯高原・会津高原・尾瀬などの山岳観光地がある。福島県 フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「磐梯朝日国立公園」のニューストピックワード