1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示
  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た那須火山帯

    吾妻山は那須火山帯(奥羽山脈)最大の火山群。福島・山形県境に沿って東西およそ20キロメートル、南北およそ10キロメートルにわたって標高2,000メートル級の火山が連なる山塊である。福島盆地から望める東部の吾妻小富士、浄土平、一切経山などへは磐梯吾妻スカイラインで容易にアクセスできる観光地となっている。一切経山では噴気活動が確認されている活火山。磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た参道

    会津地方の北西部、三国岳から飯豊山に、ひげのように細長く延びている県域がある。これは福島県側の地域住民の信仰上の理由で、ご神体となる飯豊山への参道を確保したためである。磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た五色沼 (福島市)

    ファイル:Goshikinuma-azuma 0810.JPG|一切経山からの五色沼磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た朝日岳 (山形県・新潟県)

    飯豊山は山岳信仰の山で、朝日岳とともに高山植物が有名。なお、飯豊連峰と呼ばれるほど山容が大きく、万年雪も残るため登山には充分な装備が必要である。(→飯豊山地)磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た観光地

    裏磐梯は磐梯高原とも呼ばれ、磐梯山の1888年(明治21年)7月の噴火により、北側への大規模な火山泥流となり河川を埋めて誕生したが、土砂・岩によって荒れた地域を観光地として再生させようと、遠藤現夢を始めとする会津の有志達が私財を叩いて植林をしたのが始まりである。現在は桧原湖、五色沼、雄国沼など風光明媚な観光地で、有料道路・遊歩道も整備され、夏は避暑地として、冬はスキー場として観光客が絶えない。磐梯山の火口跡がなまなましい。(→磐梯高原)磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た中吾妻山

    ファイル:Mt. Nakaazuma-yama.JPG|中吾妻山磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た桧原湖

    裏磐梯は磐梯高原とも呼ばれ、磐梯山の1888年(明治21年)7月の噴火により、北側への大規模な火山泥流となり河川を埋めて誕生したが、土砂・岩によって荒れた地域を観光地として再生させようと、遠藤現夢を始めとする会津の有志達が私財を叩いて植林をしたのが始まりである。現在は桧原湖、五色沼、雄国沼など風光明媚な観光地で、有料道路・遊歩道も整備され、夏は避暑地として、冬はスキー場として観光客が絶えない。磐梯山の火口跡がなまなましい。(→磐梯高原)磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た福島盆地

    吾妻山は那須火山帯(奥羽山脈)最大の火山群。福島・山形県境に沿って東西およそ20キロメートル、南北およそ10キロメートルにわたって標高2,000メートル級の火山が連なる山塊である。福島盆地から望める東部の吾妻小富士、浄土平、一切経山などへは磐梯吾妻スカイラインで容易にアクセスできる観光地となっている。一切経山では噴気活動が確認されている活火山。磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た雄国沼

    裏磐梯は磐梯高原とも呼ばれ、磐梯山の1888年(明治21年)7月の噴火により、北側への大規模な火山泥流となり河川を埋めて誕生したが、土砂・岩によって荒れた地域を観光地として再生させようと、遠藤現夢を始めとする会津の有志達が私財を叩いて植林をしたのが始まりである。現在は桧原湖、五色沼、雄国沼など風光明媚な観光地で、有料道路・遊歩道も整備され、夏は避暑地として、冬はスキー場として観光客が絶えない。磐梯山の火口跡がなまなましい。(→磐梯高原)磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 磐梯朝日国立公園

    磐梯朝日国立公園から見た新潟県

    磐梯朝日国立公園(ばんだいあさひこくりつこうえん)は、福島、山形、新潟の三県にまたがる国立公園。1950年9月5日指定。磐梯朝日国立公園 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
60件中 51 - 60件表示

「磐梯朝日国立公園」のニューストピックワード