礒部公一 ニュース&Wiki etc.

礒部 公一(いそべ こういち、1974年3月12日 - )は、広島県東広島市出身の元プロ野球選手(外野手、捕手)、プロ野球コーチ。野球解説者。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「礒部公一」のつながり調べ

  • 桑原征平

    桑原征平から見た礒部公一

    NPBの球団については、実父が南海ファンだった影響で、京都での学生時代まではもっぱら南海を応援。しかし、KTVへの入社直後に太田幸司が近鉄バファローズへ入団したことをきっかけに、近鉄バファローズのファンになった。現在は、近鉄出身の礒部公一と岩隈久志が球団発足時に加入した東北楽天ゴールデンイーグルスのファンであることを公言している。(桑原征平 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た礒部公一

    、最高年俸だった礒部公一が大減俸となったため、楽天外野手最高年俸の選手となった。週刊ベースボールのインタビューで「今年の自分の鍵を握る最大のポイントは運ですね」とシーズンに臨む意気込みを語っている。3割5分を超える高打率を維持していた5月、「気持ち悪い」と体調不良を訴えて二軍降格。症状からメニエール病ではないかと心配されたものの検査したところ特に異常はなかったため、すぐ公式戦に復帰した。8月6日には球団新記録となる22試合連続安打を記録。同日は決勝打を含む3安打を放ち、打率トップに浮上する。最終的に連続試合安打の記録を24まで伸ばしている。また、この頃には4番を努める山崎武司と並ぶ不動の3番バッターとして活躍。8月の成績は打率.402、3本塁打、24打点で自身初の月間MVPを受賞。終盤やや打率を落としたものの、最後までトップの座を守り、初の打撃タイトルとなる首位打者を獲得した。打率.327、12本塁打、76打点、13盗塁は自己最多。前年左投手に.202と苦しんだがこの年は.314、7本塁打をマークした。更にシーズン記録では5位タイとなる両リーグ最多の13本の三塁打を放つなど飛躍のシーズンとなった。10月13日にはこの活躍により大分市民栄誉賞の進呈が発表された。同賞を贈られるのは同学年の内川聖一に次いで2人目。また、初となる外野手のベストナインに選出された。実は8月9日の対日本ハム戦で武田勝からボールを受けて(この時の判定はファウル)左手人差し指を骨折をしていたが、それでも試合に出続けていたことをオフの激励パーティーにて語った。(鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

「礒部公一」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「礒部公一」のニューストピックワード