46件中 11 - 20件表示
  • 羽根川竜

    羽根川竜から見た磯部公一礒部公一

    東北高時代は、3年の夏に甲子園に出場するも、1回戦敗退。このとき1回戦で対戦した西条農高の4番は現在東北楽天ゴールデンイーグルスコーチを務める磯部公一だった。羽根川竜 フレッシュアイペディアより)

  • 高波文一

    高波文一から見た礒部公一礒部公一

    12球団合同トライアウトを受けるも声はかからず、野球を諦めてサラリーマンになろうとしていたが、1月下旬に楽天から「3日間テストをする。受けてみないか?」と打診があり、久米島での春季キャンプにテスト生として参加。野村監督からの強い要望もあり、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団が決定した。2007年5月29日に一軍登録され、主に代走・守備固めとして起用された。その活躍は野村監督から「代走のスペシャリストだ」と言われた程で、閉幕まで一軍登録されチームの4位浮上に大きく貢献した。8月5日の対ソフトバンク戦(フルスタ宮城)で礒部公一と鉄平がケガのためにスタメンを外れたため、9番・センターとして移籍後初スタメンで出場した際に楽天での初安打を打っている。高波文一 フレッシュアイペディアより)

  • 井出竜也

    井出竜也から見た礒部公一礒部公一

    2001年5月29日の大阪近鉄戦(東京ドーム)では、1アウト一塁の場面で井出の打球をライトの礒部公一がクッションボールの処理に手間取り、その後ホームへの返球をキャッチャー的山哲也が捕れず、一塁ランナーの小笠原道大がホームイン。更にそのボールをバックアップしたピッチャー高村祐がサードへ悪送球をしてしまい、その間に井出は一気にホームインした。記録はランニングホームランにはならなかったが、ワンプレーの間に相手守備が3つも失策を重ねるという珍しいプレーであった。井出竜也 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズの応援団

    オリックス・バファローズの応援団から見た礒部公一礒部公一

    礒部公一個人幕:赤地に「鋭撃巧打 礒部公一」オリックス・バファローズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 木村文紀

    木村文紀から見た礒部公一礒部公一

    初奪三振:同上、3回裏に礒部公一から木村文紀 フレッシュアイペディアより)

  • 第67回都市対抗野球大会

    第67回都市対抗野球大会から見た礒部公一礒部公一

    日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦(新日鐵君津)、谷佳知(三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介(日本生命)、川村丈夫(日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作(本田技研)、大塚晶文(日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一(三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。第67回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た礒部公一礒部公一

    入団後しばらくは古久保健二と光山英和の2人の正捕手がいたため出番が無かったが、4年目の、両者の衰えとともに一気に出場機会を増やしレギュラー格となった。打撃が明らかに上だった礒部公一よりもリードと肩の強さが評価され、これ以降レギュラーを保持し続ける。しかし2割前後の低打率は上昇の気配を見せなかった。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た礒部公一礒部公一

    は4月半ばに一軍昇格し、前年と同じく左投手キラーとして出場をしていたが、7月に左有鉤骨を骨折し2か月間戦線離脱。結局前年を下回る成績となってしまった。しかしCSでは杉内俊哉からホームランを放つなど活躍し、気を吐いた。オフに結婚を発表した。また、礒部公一の背番号8を譲り受けた。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡雄二

    吉岡雄二から見た礒部公一礒部公一

    は3月31日の西武戦、6月22日のダイエー戦、9月11日のロッテ戦で、同僚の中村紀洋と並ぶ年間3本の満塁本塁打(通算26人目で通算28度目)を放った。なお、6月22日の対ダイエー戦では、二塁打を打てばサイクル安打達成という場面で満塁本塁打を放ち、第5打席でシングルヒットを打ったため、サイクル安打達成はならなかった。この年は、自己最高の26本塁打、85打点を記録し、6番打者として勝負強いバッティングでパ・リーグ優勝に貢献。リーグ優勝を決めた9月26日の対オリックス戦では、中盤にリードを許す痛恨の2失策を犯したものの、9回裏の先頭打者として大久保勝信から左前安打を放ち、北川博敏の劇的な逆転サヨナラ満塁本塁打を呼び込んだ。しかし、日本シリーズでは第3戦の7回表に安打を記録したのみの17打席で1安打と抑え込まれ、同シリーズで無安打に終わった5番の礒部公一とともに大きな誤算となった。吉岡雄二 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見た礒部公一礒部公一

    3月15日、東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦で引退セレモニーが行われ、この日はオープン戦にもかかわらず一階の一塁側内野自由席が開門20分でほぼ満員になるなどオープン戦としては異例の3万人の観客を集めた。対戦相手の楽天ファンはレフトスタンドの上段一角のみであり、あとはその他のレフトスタンドを含め、スタンド全体がマリーンズファンで占められた。試合後の引退セレモニーでは同期入団のサブロー、同級生の楽天の礒部公一、そして盟友の福浦和也と対戦し、サブローを三振、礒部を三塁ゴロ、福浦も三振に打ち取り、見事に有終の美を飾った。最後はファンに「マリンのマウンドが大好きでした。13年間いろいろありましたが本当に幸せでした。ありがとうございました」と言い、球場内に大きな拍手とジョニーコールがロッテファンだけでなく楽天ファンからも起こった。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「礒部公一」のニューストピックワード