64件中 21 - 30件表示
  • ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会

    ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会から見た礒部公一礒部公一

    礒部公一(元近鉄→楽天→現:楽天コーチ)ボク達同級生!プロ野球昭和40年会VS48年会 フレッシュアイペディアより)

  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た礒部公一礒部公一

    4月半ばに一軍昇格し、前年と同じく左投手キラーとして出場していたが、7月に左有鉤骨を骨折し2か月間戦線離脱。結局前年を下回る成績となってしまった。しかし、CSでは杉内俊哉から本塁打を放つなど活躍し、気を吐いた。オフに結婚を発表した。また、礒部公一の背番号8を譲り受けた。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た礒部公一礒部公一

    72選手の交渉権が確定した。アトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。1996年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た礒部公一礒部公一

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 高波文一

    高波文一から見た礒部公一礒部公一

    2007年5月29日に一軍登録され、主に代走・守備固めとして起用された。その活躍は野村監督から「代走のスペシャリストだ」と言われた程で、閉幕まで一軍登録されチームの4位浮上に大きく貢献した。8月5日の対ソフトバンク戦(フルスタ宮城)で礒部公一と鉄平がケガのためにスタメンを外れたため、9番・センターとして移籍後初スタメンで出場した際に楽天での初安打を打っている。最終的に同年の安打は1安打だけだったが50試合に出場し、チームの守備を支えた。高波文一 フレッシュアイペディアより)

  • 的山哲也

    的山哲也から見た礒部公一礒部公一

    入団後しばらくは古久保健二と光山英和の2人の正捕手がいたため出番がなかったが、4年目の、両者の衰えとともに一気に出場機会を増やしレギュラー格となった。打撃が明らかに上だった礒部公一よりもリードと肩の強さが評価され、これ以降レギュラーを保持し続ける。的山哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 井出竜也

    井出竜也から見た礒部公一礒部公一

    2001年5月29日の大阪近鉄バファローズ戦(東京ドーム)では、1アウト一塁の場面で井出の打球をライトの礒部公一がクッションボールの処理に手間取り、その後ホームへの返球をキャッチャー的山哲也が捕れず、一塁ランナーの小笠原道大がホームイン。更にそのボールをバックアップしたピッチャー高村祐がサードへ悪送球をしてしまい、その間に井出は一気にホームインした。記録はランニングホームランにはならなかったが、ワンプレーの間に相手守備が3つも失策を重ねるという珍しいプレーであった。井出竜也 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤孝司

    武藤孝司から見た礒部公一礒部公一

    2000年は自身初の開幕戦リードオフマン「1番・セカンド」で起用されたものの、4月は.245だった。打順も9番に下がりがちになったが、その後はほかの選手がシーズンを通してもしくはシーズン途中で失速して不振になる中、下位打線(基本は9番。6番の礒部公一が顔面死球で離脱し、的山哲也が入った期間以降は基本8番)で安定した打撃をみせ、例年のように夏ごろから上位打線での起用が多くなり、5月~10月の月間打率は3割を超えた。7月8日の対オリックス戦で、プロ入り2本目にして最後の本塁打をグリーンスタジアム神戸で、推定飛距離115mで右翼席中段に届く本塁打を放った(このときも4対3で敗れている)。これには武藤自身も「(試合前の)バッティング練習でもあんなに飛んだことはありません」と驚きのコメントを残した。8月に太ももの違和感による離脱で打席数が不足し、一時打撃ランキングから姿を消したものの、ぎりぎり規定打席に到達し、打撃成績ベスト10中7位の打率.311、20盗塁(打率、盗塁数ともにチーム内トップ)、得点圏打率.370を記録したほか、セカンドのベストナイン得票数が大島公一についで42票の第2位など自己最高の成績を残した。但し、8月の併殺プレーの際に野手と交錯、右肩甲下筋を損傷してしまい、8月9日以降はショートではなくセカンドやDHとして出場し、8月8日を最後に引退まで本職である遊撃手での出場はなかった。当初、次のシーズンに間に合うか微妙だったため手術を迷っていたが、術後3ヶ月で完治し、開幕に間に合うと復帰の見通しが立った事、球団の勧めもあり、シーズンオフの11月に右肩を縫合手術した。武藤孝司 フレッシュアイペディアより)

  • 第73回全国高等学校野球選手権大会

    第73回全国高等学校野球選手権大会から見た礒部公一礒部公一

    第18号:礒部公一(西条農)第73回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た礒部公一礒部公一

    、最高年俸だった礒部公一が大減俸となったため、楽天外野手最高年俸の選手となった。週刊ベースボールのインタビューで「今年の自分の鍵を握る最大のポイントは運ですね」とシーズンに臨む意気込みを語っている。3割5分を超える高打率を維持していた5月、「気持ち悪い」と体調不良を訴えて二軍降格。症状からメニエール病ではないかと心配されたものの検査したところ特に異常はなかったため、すぐ公式戦に復帰した。8月6日には球団新記録となる22試合連続安打を記録。同日は決勝打を含む3安打を放ち、打率トップに浮上する。最終的に連続試合安打の記録を24まで伸ばしている。また、この頃には4番を努める山崎武司と並ぶ不動の3番バッターとして活躍。8月の成績は打率.402、3本塁打、24打点で自身初の月間MVPを受賞。終盤やや打率を落としたものの、最後までトップの座を守り、初の打撃タイトルとなる首位打者を獲得した。打率.327、12本塁打、76打点、13盗塁は自己最多。前年左投手に.202と苦しんだがこの年は.314、7本塁打をマークした。更にシーズン記録では5位タイとなる両リーグ最多の13本の三塁打を放つなど飛躍のシーズンとなった。10月13日にはこの活躍により大分市民栄誉賞の進呈が発表された。同賞を贈られるのは同学年の内川聖一に次いで2人目。また、初となる外野手のベストナインに選出された。実は8月9日の対日本ハム戦で武田勝からボールを受けて(この時の判定はファウル)左手人差し指を骨折をしていたが、それでも試合に出続けていたことをオフの激励パーティーにて語った。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「礒部公一」のニューストピックワード