64件中 31 - 40件表示
  • 佐々木恭介

    佐々木恭介から見た礒部公一礒部公一

    1996年11月のドラフト会議で、3位指名した礒部公一は当初オリックス・ブルーウェーブへ入団を希望していた。しかし、佐々木は交通の便が悪い広島県東広島市の礒部の実家へ、球団が用意したヘリコプターで近鉄の指名選手中一番先に会いに行き、その結果ヘリまで飛ばし挨拶に来てくれた熱意と、その場での説得で礒部は近鉄入団を決意した。佐々木恭介 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木恭介

    佐々木恭介から見た磯部公一礒部公一

    近鉄監督時代4年間のチーム成績は、3位が最高でそれ以外はすべてBクラス(3位から6位までを一度ずつ経験)だった。ただし、就任地点で野茂英雄、吉井理人、ラルフ・ブライアントなど主力選手が退団や移籍で多数抜けた上に、前監督の鈴木啓示と野茂や吉井などの選手との間に深い溝ができていた。そんな状況の下で、在任中に打者ではタフィ・ローズ、フィル・クラークの両外国人や中村紀洋、磯部公一、投手では大塚晶文となどといった若手が新戦力となり、結果こそ残せなかったものの、佐々木退団後の2001年におけるリーグ優勝への下地は佐々木監督時代に着実に作り上げられた。佐々木恭介 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原征平

    桑原征平から見た礒部公一礒部公一

    NPBの球団については、実父が南海ファンだった影響で、京都での学生時代まではもっぱら南海を応援。しかし、KTVへの入社直後に太田幸司が近鉄バファローズへ入団したことをきっかけに、近鉄バファローズのファンになった。現在は、近鉄出身の礒部公一と岩隈久志が球団発足時に加入した東北楽天ゴールデンイーグルスのファンであることを公言している。桑原征平 フレッシュアイペディアより)

  • 古久保健二

    古久保健二から見た礒部公一礒部公一

    、光山が開幕直前にトレードで中日ドラゴンズへ移籍。残った古久保も強肩の的山哲也、打撃に定評があった礒部公一の台頭を許すことになる。ただ、的山は正捕手格だったが打撃に難があり試合終盤では代打を出されることが多く、礒部も外野手併任だったため(当時監督だった佐々木恭介は礒部を外野手に転向させる構想を持っており、実際に佐々木の監督最終年だった1999年は一度外野手に専念している)、古久保も一定の出場機会は保たれていた。だがは、新たに監督に就任した梨田昌孝が礒部を捕手に戻し、シーズン中も礒部を正捕手として起用したため、古久保は5試合の出場にとどまってしまう。元々打撃の確実性に欠けるところに肩も衰えてきており、この時期の選手名鑑には『今年が現役最後のシーズンか』と書かれる有り様だった。古久保健二 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た礒部公一礒部公一

    7月27日 - 近鉄の礒部公一が対西武戦の打席でカウント2ストライク4ボールから四球と気づかず、その次の球を左前安打。4ボールでのカウント間違いはNPB史上5度目で、安打としたのは2度目2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見た礒部公一礒部公一

    3月15日、千葉マリンスタジアムの対東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦の試合後に引退セレモニーが行われた。オープン戦としては異例の前売り券25000枚が完売、当日券も発売10分で売り切れるなど、28926人の満員の観客を集めて行われ、同期入団のサブロー、同級生の楽天の礒部公一、最後は福浦和也と対戦し、サブローを三振、礒部を三塁ゴロ、福浦も三振に打ち取った。挨拶の後、ライトスタンド前で胴上げが行われた。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

  • 有田修三

    有田修三から見た礒部公一礒部公一

    引退後は阪神タイガースで一軍バッテリーコーチ( - , )・二軍バッテリーコーチ()を務め、山田勝彦・関川浩一を指導。からは佐々木恭介監督の招聘で、古巣・近鉄の一軍バッテリーコーチに就任。礒部公一・的山哲也を育てたが、退任。からまでは朝日放送・サンテレビジョンの解説者として活動。その一方で、プロ野球マスターズリーグの大阪ロマンズにも参加していた。プロ野球中継での解説では、朝日放送の番組出演者(道上洋三など)や阪神ファンなどから「予言者」「断言解説(者)」と呼ばれるほど、投手の配球や試合・シーズンの流れを的確に読むことが特徴。また、近鉄への在籍経験が長かったためか、北海道・福岡向けにABCが裏出し制作する関西開催のパ・リーグの試合の中継に登場することも多かった。には、阪神のヘッドコーチに就任。13年振りに球界へ復帰したが、シーズンを5位で終えたことなどから、全日程終了の翌日(10月10日)に辞任した。有田修三 フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た礒部公一礒部公一

    は、開幕は二軍スタートとなったが、二軍では不動の1番打者を務めた。4月21日に不振の礒部公一に代わって一軍登録されるも結果を残せず二軍落ちするが、今度は怪我の鉄平に代わって一軍登録され、その日の試合でプロ入り初の猛打賞を記録する。鉄平の復帰後は主に代走として出場し、オールスター前で前年の5を上回る12盗塁(失敗なし)を記録する。結局代走や守備固めが主の出場ながらチーム2位の15盗塁、盗塁成功率は.882と盗塁技術の高さを見せたが、ここ一番での走塁や守備のミスをすることもあった。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • 木村文紀

    木村文紀から見た礒部公一礒部公一

    初奪三振:同上、3回裏に礒部公一から空振り三振木村文紀 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工広島硬式野球部

    三菱重工広島硬式野球部から見た礒部公一礒部公一

    礒部公一(捕手) - ドラフト3位で近鉄バファローズに入団三菱重工広島硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示