46件中 31 - 40件表示
  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た礒部公一礒部公一

    代表的な例は、元東映の白仁天、元オリックスの石嶺和彦、元ヤクルトの飯田哲也(捕手→二塁手→外野手)、秦真司、元大洋の屋鋪要、元西武の垣内哲也、元中日の関川浩一、元楽天の礒部公一など。現役選手では、中日の和田一浩、阪神の浅井良、狩野恵輔、中谷将大、西武の米野智人などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見た礒部公一礒部公一

    3月12日 - 礒部公一、元プロ野球選手1974年 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工広島硬式野球部

    三菱重工広島硬式野球部から見た礒部公一礒部公一

    礒部公一捕手(1996年近鉄バファローズドラフト3位→東北楽天ゴールデンイーグルス。近鉄時代途中より外野手に転向)三菱重工広島硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た礒部公一礒部公一

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 東広島市

    東広島市から見た礒部公一礒部公一

    礒部公一(プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルス外野手、現在はコーチ)東広島市 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た礒部公一礒部公一

    ヤクルトは、シーズン優勝の原動力であった、入来智・前田浩継ら「リストラ組」を初めとする豊富な投手陣、ロベルト・ペタジーニを中心とした打線が順当に機能、好守も随所に見られ、シーズン終盤の負傷をおして強攻出場した古田も攻守に活躍を見せた。一方近鉄はシリーズを通じて5番礒部公一が無安打、6番吉岡雄二が1安打に終わるなど、タフィ・ローズと北川博敏以外の打者がほぼ完璧に抑えられた。また、ヤクルトの先発投手が石井一久、藤井秀悟、前田浩継といった左投手中心だったことと、指名打者制度の関係からシーズンで指名打者として活躍した左打者の川口憲史が第5戦を除いてスタメンで起用されなかったことも影響した。リーグ最下位の防御率だった投手陣はヤクルト打線に打ちこまれ、投手力の低さを露呈した。2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 金村曉

    金村曉から見た礒部公一礒部公一

    1000投球回数:2005年4月16日、対東北楽天ゴールデンイーグルス4回戦(東京ドーム)、9回表3死目に礒部公一を空振り三振で達成 ※史上300人目金村曉 フレッシュアイペディアより)

  • タフィ・ローズ

    タフィ・ローズから見た礒部公一礒部公一

    近鉄が優勝した2001年に打ったローズと中村の合計本塁打数と打点数(101本塁打・263打点)は当時の日本記録。お互いのアドバイスが大きいと2人は語っている。また、3番・ローズ、4番・中村、5番・礒部公一で出した合計354打点も当時の日本記録。タフィ・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 岡本篤志

    岡本篤志から見た礒部公一礒部公一

    はオープン戦で好投し、先発ローテーションとして期待され、チーム6戦目となる4月1日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発した。ちなみにこの日は、新球団・楽天の本拠地であるフルキャストスタジアム宮城のこけら落としであった。しかし、肘の痛みを隠しての出場であったため、初回に先頭打者礒部公一やルイス・ロペスに立て続けにホームランを打たれるなど連打を被り、早々とノックアウトされた。この年先発したのはこの1試合のみで、シーズン防御率は20.25という数字になってしまった。(なお、礒部が放ったホームランは楽天創設第1号本塁打である。)岡本篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た礒部公一礒部公一

    、最高年俸だった礒部公一が大減俸となったため、楽天外野手最高年俸の選手となった。週刊ベースボールのインタビューで「今年の自分の鍵を握る最大のポイントは運ですね」とシーズンに臨む意気込みを語っている。3割5分を超える高打率を維持していた5月、「気持ち悪い」と体調不良を訴えて二軍降格。症状からメニエール病ではないかと心配されたものの検査したところ特に異常はなかったため、すぐ公式戦に復帰した。8月6日には球団新記録となる22試合連続安打を記録。同日は決勝打を含む3安打を放ち、首位打者に浮上する。最終的に連続試合安打の記録を24まで伸ばしている。また、この頃には4番を努める山崎武司と並ぶ不動の3番バッターとして活躍。8月の成績は打率.402、3本塁打、24打点で自身初の月間MVPを受賞。終盤やや打率を落としたものの、最後まで首位打者の座を守り、初の打撃タイトルを獲得した。打率.327、12本塁打、76打点、13盗塁は自己最多。前年左投手に.202と苦しんだがこの年は.314、7本塁打をマークした。更にシーズン記録では5位タイとなる両リーグ最多の13本の三塁打を放つなど飛躍のシーズンとなった。10月13日にはこの活躍により大分市民栄誉賞の進呈が発表された。同賞を贈られるのは同学年の内川聖一に次いで2人目。また、初となる外野手のベストナインに選出された。実は8月9日の対日本ハム戦で武田勝からボールを受けて(この時の判定はファウル)左手人差し指を骨折をしていたが、それでも試合に出続けていたことをオフの後援会で語った。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「礒部公一」のニューストピックワード