64件中 41 - 50件表示
  • 高須洋介

    高須洋介から見た礒部公一礒部公一

    、プロ入り10年目となり、礒部公一に代わる第2代楽天選手会長に就任。5月には「3試合連続お立ち台」を含む5試合でヒーロー。前半戦の得点圏打率は.470と驚異的な数字にまで上昇した。シーズン終盤は怪我が重なり若手にスタメンを譲る場面も見られたが、最終的にはプロ入り後最多の130試合に出場、2年連続となるリーグトップの得点圏打率(打率.386)を記録。野村監督から勝負強さを評価されて「必殺仕事人」と命名された。高須洋介 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ドラフト会議

    プロ野球ドラフト会議から見た礒部公一礒部公一

    1996年はアトランタオリンピックが行われた年で、井口忠仁、今岡誠、谷佳知、松中信彦ら銀メダルに貢献したメンバーが上位で指名された。他にも小笠原道大、和田一浩、岩村明憲、森野将彦、小坂誠、柴原洋、礒部公一など後にチームの主力打者に成長するメンバーが指名され、特に打者の人材は当たり年のドラフト会議であった。プロ野球ドラフト会議 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た礒部公一礒部公一

    9月5日、近鉄選手会の礒部公一会長は「試合前にミーティングをし、最後まで戦う姿勢でいたいという意思統一を行いました」として選手会主導による無期限のストライキ発動を提案。翌6日、神戸市で選手会の会合が行われ、8日に開かれるオーナー会議の内容によっては11、12日の公式戦の選手会主導のストライキを実施することが決定された。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た礒部公一礒部公一

    は広島の一軍内野守備・走塁コーチを務めたが、当時の内野陣は若手中心で芯となるベテランが手薄であり守備のほころびが目立った。鎌田実はテレビの解説で「正田は引退をあと1年待つべきだった」と述べている。からに大阪近鉄バファローズで一軍走塁・打撃コーチ、からは一軍打撃コーチを歴任し、2001年のリーグ優勝に貢献。礒部公一や北川博敏に打撃指導を行なった。また、当時は監督の梨田昌孝、投手コーチの小林繁、打撃コーチの真弓明信と共にナイスミドル軍団として売り出されていた。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見た礒部公一礒部公一

    3月12日 - 礒部公一、元プロ野球選手1974年 フレッシュアイペディアより)

  • 平石 洋介

    平石洋介から見た礒部公一礒部公一

    1月22日に役職を一軍打撃コーチに変更すると、6月14日からは一軍走塁コーチを兼務。礒部公一コーチが1軍昇格するまでの間、走塁コーチとして一塁のベースコーチを担当した。10月12日に二軍監督に就任。球団生え抜きだった選手が二軍といえど監督に就任するのは平石が初となった。また当時35歳であり、各チームで進められていた指導者の若返りの中でも際立って年少での抜擢である。平石洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立西条農業高等学校

    広島県立西条農業高等学校から見た礒部公一礒部公一

    礒部公一(元プロ野球選手・捕手、外野手)広島県立西条農業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た礒部公一礒部公一

    代表的な例は、元東映の白仁天、元オリックスの石嶺和彦、元ヤクルトの飯田哲也(捕手→二塁手→外野手)、秦真司、元大洋の屋鋪要、元阪神の浅井良、元西武の垣内哲也、元中日の関川浩一、和田一浩、元日本ハムの米野智人、元楽天の礒部公一など。現役選手では阪神の狩野恵輔、中谷将大、楽天の岡島豪郎などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ニコースキー

    クリストファー・ニコースキーから見た礒部公一礒部公一

    初奪三振:同上、8回表に礒部公一から空振り三振クリストファー・ニコースキー フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た礒部公一礒部公一

    3月26日にパ・リーグ公式戦が開幕し、楽天は球団として初の一軍公式戦となる千葉マリンスタジアムで千葉ロッテマリーンズと対戦し、先発の岩隈が完投し3対1で勝利した。球団創立以来一軍公式戦で1試合も戦っていなかった球団が、球団創立以来一軍公式戦で1試合以上は戦っている球団を対戦相手に初戦を勝利したのは日本プロ野球史上初めてのことであった。だが、翌3月27日の第2戦は打線がロッテの先発渡辺俊介の前に1安打に抑えられ、2リーグ制開始以降としては最大得点差の0対26で一軍公式戦初敗戦を喫した(当該試合記事参照)。その後4連敗し、4月1日、本拠地初戦となる西武ライオンズ戦では初回先頭打者の礒部公一が岡本篤志からバックスクリーン直撃の球団史上初の一軍公式戦本塁打を放つなど、16対5でチームは開幕戦以来のシーズン2勝目となった。しかし4月15日の北海道日本ハムファイターズ戦から29日の西武戦にかけて11連敗で、勝率が2割を切る。このため、4月30日にGMのマーティ・キーナートをチームアドバイザーに(GMのポストは当面空席)、またヘッドコーチの山下大輔と打撃コーチの駒田徳広を二軍にそれぞれ降格(替わって二軍監督の松井優典と同外野守備・走塁コーチ橋上秀樹が昇格)させるなど、コーチングスタッフを大幅に入れ替えた。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「礒部公一」のニューストピックワード