65件中 41 - 50件表示
  • 礒部公一

    礒部公一から見た本塁打

    、正捕手争い激化と盗塁を阻止できなくなったことにより外野手に専念。主に5番打者として全140試合に出場。打率3割2分・17本塁打・95打点を記録、中村紀洋、タフィ・ローズらと強力クリーンナップを組みチーム12年ぶりのパ・リーグ優勝に大きく貢献。シーズン途中までは吉岡雄二と5番か6番を、シーズン後半は5番に固定され、リーグ1位の得点圏打率.417を記録して、この年「最強の5番打者」と言われた。また右投手より左投手からの方が打率が高かったが、日本シリーズ第1戦で左投手の石井一久に完全に抑え込まれ、結局このシリーズ無安打に終わり「逆シリーズ男」の烙印を押されてしまった。また、自身唯一のタイトルのベストナインの外野手部門にも輝いた。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た大阪ドーム

    初出場:1997年4月9日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(大阪ドーム)、9回裏に水口栄二の代走として出場礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見たパシフィック・リーグ

    、正捕手争い激化と盗塁を阻止できなくなったことにより外野手に専念。主に5番打者として全140試合に出場。打率3割2分・17本塁打・95打点を記録、中村紀洋、タフィ・ローズらと強力クリーンナップを組みチーム12年ぶりのパ・リーグ優勝に大きく貢献。シーズン途中までは吉岡雄二と5番か6番を、シーズン後半は5番に固定され、リーグ1位の得点圏打率.417を記録して、この年「最強の5番打者」と言われた。また右投手より左投手からの方が打率が高かったが、日本シリーズ第1戦で左投手の石井一久に完全に抑え込まれ、結局このシリーズ無安打に終わり「逆シリーズ男」の烙印を押されてしまった。また、自身唯一のタイトルのベストナインの外野手部門にも輝いた。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    に、前年11月に行われた選手分配ドラフトで新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。球団の初代選手会長となる。開幕戦は6番ライトで出場した。開幕から11打席連続ノーヒットだったが4月1日、西武戦(フルスタ宮城)で、岡本篤志から球団第1号本塁打をバックスクリーンに放った。1番で起用されることが多かったが、シーズン終盤は5番に定着。オールスターではチーム唯一の出場をファン投票で果たす。第1戦で3打数2安打2打点と結果を出した。にFA権を取得し、当初「優勝できるチームでプレーしたい」と行使を示唆する発言をしたが、近年の成績不振から最終的には行使せず、残留を選択。球団の選手会長の座は近鉄時代からの同僚でもある高須洋介に譲り、辞任した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た和光市

    高校卒業後、地元の三菱重工広島に就職。主砲として活躍した。1996年の都市対抗野球ではチームを決勝に導く活躍。決勝で入来祐作擁する、本田技研(和光市)に敗れたが、大会の優秀選手に選ばれた。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た選手分配ドラフト

    に、前年11月に行われた選手分配ドラフトで新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。球団の初代選手会長となる。開幕戦は6番ライトで出場した。開幕から11打席連続ノーヒットだったが4月1日、西武戦(フルスタ宮城)で、岡本篤志から球団第1号本塁打をバックスクリーンに放った。1番で起用されることが多かったが、シーズン終盤は5番に定着。オールスターではチーム唯一の出場をファン投票で果たす。第1戦で3打数2安打2打点と結果を出した。にFA権を取得し、当初「優勝できるチームでプレーしたい」と行使を示唆する発言をしたが、近年の成績不振から最終的には行使せず、残留を選択。球団の選手会長の座は近鉄時代からの同僚でもある高須洋介に譲り、辞任した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た宮城球場

    に、前年11月に行われた選手分配ドラフトで新規参入球団の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。球団の初代選手会長となる。開幕戦は6番ライトで出場した。開幕から11打席連続ノーヒットだったが4月1日、西武戦(フルスタ宮城)で、岡本篤志から球団第1号本塁打をバックスクリーンに放った。1番で起用されることが多かったが、シーズン終盤は5番に定着。オールスターではチーム唯一の出場をファン投票で果たす。第1戦で3打数2安打2打点と結果を出した。にFA権を取得し、当初「優勝できるチームでプレーしたい」と行使を示唆する発言をしたが、近年の成績不振から最終的には行使せず、残留を選択。球団の選手会長の座は近鉄時代からの同僚でもある高須洋介に譲り、辞任した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た首位打者 (日本プロ野球)

    シーズン序盤は不動の3番・ライトでの先発出場が多く、一時は首位打者争いにも加わったが、交流戦以降の不振や守備の衰えから鉄平、草野大輔が3番に置かれた。守備面では左翼手としてスタメンに出場したり、チームの若返り構想から守備で勝る牧田明久にスタメンを奪われることも増えた。結果的にシーズン後半は6番以降や代打で出ることが多くなった。シーズン末に出場機会を求めてFA権の行使をする動きも見られたが「野村監督を胴上げしたい」と2006年に続き残留した。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た盗塁

    、正捕手争い激化と盗塁を阻止できなくなったことにより外野手に専念。主に5番打者として全140試合に出場。打率3割2分・17本塁打・95打点を記録、中村紀洋、タフィ・ローズらと強力クリーンナップを組みチーム12年ぶりのパ・リーグ優勝に大きく貢献。シーズン途中までは吉岡雄二と5番か6番を、シーズン後半は5番に固定され、リーグ1位の得点圏打率.417を記録して、この年「最強の5番打者」と言われた。また右投手より左投手からの方が打率が高かったが、日本シリーズ第1戦で左投手の石井一久に完全に抑え込まれ、結局このシリーズ無安打に終わり「逆シリーズ男」の烙印を押されてしまった。また、自身唯一のタイトルのベストナインの外野手部門にも輝いた。礒部公一 フレッシュアイペディアより)

  • 礒部公一

    礒部公一から見た北九州市民球場

    初打点:1997年5月25日、対福岡ダイエーホークス12回戦(北九州市民球場)、1回表に田之上慶三郎から礒部公一 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「礒部公一」のニューストピックワード