1185件中 111 - 120件表示
  • 余計者

    余計者から見た社会社会

    貴族階級の青年知識人で、進歩的な思想を身につけ、優れた資質をもちながら、それを社会のために生かせず、決闘や恋愛遊戯などの馬鹿げたことに精力を浪費したり、無気力になって屋敷にこもったりするものが現れた。余計者 フレッシュアイペディアより)

  • 経営者革命

    経営者革命から見た社会社会

    経営者革命(けいえいしゃかくめい)とはジェームズ・バーナムによって提唱された経営理論。資本主義社会では企業というのは出資者(株主)が支配者であるが、将来的には企業というのは経営者が支配者となって統治されるようになる時代が来るとジェームズ・バーナムは主張した。このようになるまでの過程では、企業は拡大するにつれて株主が分散したり、株主による影響力が薄らいでいくことになる。そして組織の巨大化、技術の高度化、労使対立の激化などで経営の専門化が進展して、同時に専門の経営者が必要となる。このことから経営者が企業の支配階級になるということが実現するという理論であった。経営者革命 フレッシュアイペディアより)

  • オクスフォード・イスラーム辞典

    オクスフォード・イスラーム辞典から見た社会社会

    オクスフォード・イスラーム辞典 (The Oxford Dictionary of Islam) は、ジョン・エスポジト (w:John Esposito) が監修するイスラーム教の辞典。アルファベット順に歴史、社会、政治などイスラーム教に関する単語を2000強収載している。オクスフォード・イスラーム辞典 フレッシュアイペディアより)

  • 無奴学派

    無奴学派から見た社会社会

    有史以来、人が人を所有するという奴隷制度は世界中どこにでも見られた。古代のある時期、奴隷が社会の主な労働力となっている体制を奴隷制と呼ぶ。この奴隷制は、唯物史観の発展段階論において、原始共産制以降、生産力の増大にともなって生産関係も変化し、封建制へと至る途中の段階とされる。言い換えれば、原始共産社会から封建社会へと移行するあいだの階級社会が奴隷社会とされる。中国史において、唯物史観的発展段階論を適用した場合の奴隷制について、近代以降、中国史を専攻する学者たちは、ヘーゲルやマルクスによって押された「アジア的停滞」の烙印を何とかして剥がそうと試みた。そのさきがけとなったのが郭沫若である。郭沫若はその著書『中国古代社会史研究』(1930年)において発展段階論を中国史に適用し、西周を奴隷制の時代とし、春秋時代以降を封建制とした。これに対して呂振羽は殷(商)代を奴隷制、周代を封建制の社会だとして反論し、この論争は結論を見ないままに終わることになる。無奴学派 フレッシュアイペディアより)

  • 公法

    公法から見た社会社会

    19世紀になり、公共性を保持し続ける「国家」と経済的利益を交換し合う「社会」が分離したため、国家は社会を公権力により規律するというモデルが成立した。その結果、公法とは国家と市民の上下関係を規律するものであり、私法は市民同士の対等な関係を規律するという、いわゆる従属理論 (Subordinationstheorie) が支配的となった。この影響を受けて、日本では、「国家と国民の関係に関わる法、または行政のあり方を規定する法の総称」などと定義されることもあるようである。公法 フレッシュアイペディアより)

  • 永遠のいのち

    永遠のいのちから見た社会社会

    クリスチャンがクリスチャンらしく、この曲がれる邪悪なと言われる世にあって、真っ直ぐに罪に打ち勝って生きることのできるのは、単に人間的な努力によるのではなく、永遠のいのち、キリストにあるいのち、御霊のいのちに与っているからであるとされる。永遠のいのち フレッシュアイペディアより)

  • 被差別民

    被差別民から見た社会社会

    被差別民(ひさべつみん)とは、その所属する社会や共同体から享受されるべき利益を不当に制限されている集団を指す。被差別民 フレッシュアイペディアより)

  • 大衆消費社会

    大衆消費社会から見た社会社会

    大衆消費社会(たいしゅうしょうひしゃかい)とは所得の上昇やマスメディアの発達などにより、消費者の物的な購買範囲が拡大し、大衆による大量消費が行われるようになった社会。多くの場合は企業による大衆向けの広告によって誘導されている。1920年代のアメリカ合衆国はフォーディズムがあらゆる製品の生産過程に用いられたことで世界初の大衆消費社会となった。大衆消費社会 フレッシュアイペディアより)

  • 直接流通

    直接流通から見た社会社会

    直接流通(ちょくせつりゅうつう)とは商学用語の一つで、商品の流通において、その商品が生産者のもとから直接消費者のもとへと移動する形態を言う。これは商業が発達していない社会で行われていた交易の形態であり、この場合は生産者は自身の生産した商品を求める消費者を、消費者は自らが求める商品の生産者を探さなければならなかった。このことから生産者も消費者も自らが求める交易の相手を探すのに多大な時間や費用を要していた。直接流通 フレッシュアイペディアより)

  • RAD-AR

    RAD-ARから見た社会社会

    RAD-AR()は医薬品が本質的に持っている好ましくない作用にあたる危険と効能・効果、経済的便益などの利益を科学的・客観的に検証・分析した成果を社会に還元し、医薬品の適正使用など患者の利益に貢献する活動。RAD-AR フレッシュアイペディアより)

1185件中 111 - 120件表示

「社会の話題」のニューストピックワード