1185件中 11 - 20件表示
  • 獨協大学

    獨協大学から見た社会社会

    ジャーナリストや公務員による「キャンパスライフと仕事」をはじめ、「経営者が語る現代企業論」(経営者)、「芸術と社会」(クリエイター/学芸員)、「メディア社会」(ミュージシャン/音楽評論家)、「文学の原点」(落語家/詩人)、「ジェンダーを覗く」(LGBTについて考える)、「メディアと私たち」(アナウンサー/ディレクター)など、バラエティ豊かな講座が開講されている。獨協大学 フレッシュアイペディアより)

  • 青山社中

    青山社中から見た社会社会

    リーダー育成事業 - 「魂に火をつける教育」を目指し、「国や社会のことを考え、変革に向けて人材を育成する」若者対象の塾。(政治塾ではない 。)青山社中 フレッシュアイペディアより)

  • 社会的費用

    社会的費用から見た社会社会

    社会的費用(しゃかいてきひよう、social cost)とは、経済学における費用概念の一つ。市場経済において内部化されていない公害、環境破壊等により社会全体あるいは第三者が被る損失=負担させられる費用(外部不経済)のことをいう。社会的費用 フレッシュアイペディアより)

  • 言語差別

    言語差別から見た社会社会

    言語差別(げんごさべつ)とは、人種差別・老人差別・性差別などのような偏見の一形式である。大まかな定義では、個人の富・教育・社会的地位・人格・言語の選択と使用の特質を独自に判断できることを必然的に含むものである。言語差別 フレッシュアイペディアより)

  • 無業社会

    無業社会から見た社会社会

    無業社会(むぎょうしゃかい)とは、無業である若者が増えている社会の形態を表す言葉。無業社会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国暴力追放運動推進センター

    全国暴力追放運動推進センターから見た社会社会

    全国暴力追放運動推進センター(ぜんこくぼうりょくついほううんどうすいしんセンター)は、暴力団のいない安全で明るく住みよい社会の実現を目指しつつ、暴力団員による不当な行為と被害の防止を図ることを目的とした団体。全国暴追センターともいう。全国暴力追放運動推進センター フレッシュアイペディアより)

  • 個別言語学

    個別言語学から見た社会社会

    また個別言語は、一般には、隔絶して存在しているのではなく、他の社会集団との文化交流や接触を通じて、他の個別言語と何らかの関連を持って通時的に変容して行く。比較言語学的に、他の諸個別言語が同系か、同系でないかは別に、個別言語は、広義の地理的に分布する「諸語」のなかにあって通時的な変化を経過すると言うべきである。個別言語学 フレッシュアイペディアより)

  • 包摂

    包摂から見た社会社会

    包摂(ほうせつ、subsumption)とは、経済・社会が、その本来の諸関係にとって外生的な存在を取り込む過程をいう。はじめ、マルクスの論文「直接的生産過程の諸結果」において、「労働の形式的・実質的包摂」としてこの用語が用いられ、後に、労働(技術)以外の外生的な要素を取り込む場合の概念に拡張された。包摂 フレッシュアイペディアより)

  • 水域

    水域から見た社会社会

    自然科学分野と社会的分野でそれぞれに定義が異なる。水域 フレッシュアイペディアより)

  • 画家

    画家から見た社会社会

    画家(がか)は、絵画を制作する者の総称である。日本画や洋画など、画風や画材・作成スタイルなどによって、様々なタイプの画家が存在する。画家たちで形成されるコミュニティー(社会)を画壇(がだん)という。画家 フレッシュアイペディアより)

1185件中 11 - 20件表示

「社会の話題」のニューストピックワード