1185件中 21 - 30件表示
  • 余所者

    余所者から見た社会社会

    余所者(よそもの)とは、他の地域あるいは社会から来た人のこと。余所者 フレッシュアイペディアより)

  • 文化的モザイク

    文化的モザイクから見た社会社会

    文化的モザイク(ぶんかてきモザイク、Cultural mosaic、フランス語:la mosaïque culturelle)とは、様々な民族集団や言語、文化が社会の内部で共存する様を表す言葉。アメリカ合衆国が支持する同化政策を指して用いられる場合が多い、人種のるつぼ論のような他の制度とは異なり、多文化主義の考えを擁護。各民族が独自の文化や伝統を保持することを奨励する傾向が強い。文化的モザイク フレッシュアイペディアより)

  • 情報コミュニケーション学部

    情報コミュニケーション学部から見た社会社会

    情報コミュニケーション学部は、社会を「情報」と「コミュニケーション」という2つのキーワードを基本にして考察しようとすることなどをねらいとしている。情報コミュニケーション学部 フレッシュアイペディアより)

  • 遺産の資源利用

    遺産の資源利用から見た社会社会

    またキリスト教社会では、自然を切り拓くことが神から与えられた使命とする思考が行動原理ともなる(人間中心主義)。その根幹は『ギルガメシュ叙事詩』にあるレバノン杉の森における木の神征伐にまで溯り由来する(自然破壊も参照)。遺産の資源利用 フレッシュアイペディアより)

  • 少年愛

    少年愛から見た社会社会

    古典的な意味の少年愛は、世界中のあらゆる社会で存在したと考えられる社会制度である。それはとりわけ、戦士社会において顕著であり、年長の戦士と若い戦士のあいだを結びつける互いの信頼関係は、しばしば少年愛の関係において成立した。少年愛 フレッシュアイペディアより)

  • ソーシャル・キャピタル

    ソーシャル・キャピタルから見た社会社会

    ソーシャル・キャピタル(Social capital、社会関係資本)は、社会学、政治学、経済学、経営学などにおいて用いられる概念。人々の協調行動が活発化することにより社会の効率性を高めることができるという考え方のもとで、社会の信頼関係、規範、ネットワークといった社会組織の重要性を説く概念である。人間関係資本、社交資本、市民社会資本とも訳される。また、直訳すると社会資本となるが、概念としては区別される(以下参照)。ソーシャル・キャピタル フレッシュアイペディアより)

  • 丹生谷哲一

    丹生谷哲一から見た社会社会

    愛媛県生まれ。昭和33年(1958年)京都大学文学部史学科を卒業。その後、雲雀丘学園高校教諭、大阪教育大学教授を歴任、平成11年(1999年)定年を迎えて退任する。名誉教授の称号を授与。神戸女子大学教授。平成7年(1995年)著書の「日本中世の身分と社会」を出版した事で京大(京都大学)の文学博士となる。『検非違使』は中世(日本史の中世史)ブームの中で話題となった。丹生谷哲一 フレッシュアイペディアより)

  • エクスプレス・ユアセルフ

    エクスプレス・ユアセルフから見た社会社会

    「エクスプレス・ユアセルフ」はマドンナの曲の中で最もパワフルな曲の一つとして知られると同時に、彼女の代表曲の中でも、彼女の人物像、そして人生観を最も強く表現したメッセージ・ソングとして知られている。アメリカの社会批評家でフェミニストであるカミール・パーリアはマドンナはアメリカのフェミニズムの性に対する堅苦しい観念を破り、若い女性達にそのセクシュアリティーを素直に受け取る事と同時に自分の人生のあらゆる分野を支配することを教えたと議論した。その意味で「エクスプレス・ユアセルフ」はフェミニストとしてのマドンナの女性賛歌である。しかし、またこの曲は初期の「マテリアル・ガール」で歌われ、皮肉にもマドンナの代名詞になってしまった物質主義の否定でもある。そして、この曲は恋愛における男女間の力関係を歌うラブ・ソングでもある。エクスプレス・ユアセルフ フレッシュアイペディアより)

  • タブロイド思考

    タブロイド思考から見た社会社会

    社会と人間の事象は、きわめて複雑な連関構造を持っており、何かが起こったとき、その原因などを調べて行くのは、非常な手間がかかり、また妥当な認識に達するのも困難なことが多い。タブロイド思考 フレッシュアイペディアより)

  • 適正技術

    適正技術から見た社会社会

    適正技術(てきせいぎじゅつ、)とは、その社会の与えられた環境、条件、ニーズに最も有効である技術、その技術の選択に対する考え方のことである。特に、国際協力の分野では、途上国への技術移転を実施する際に、当該技術が途上国の経済や技術環境などの諸条件と合致した技術やその技術の選択を指す。第二次世界大戦の終結から冷戦の期間に、先進国から途上国へ活発に技術移転が行われたが、その成果が社会全体に波及せず、経済格差の是正も進展しなかった。また先進国と途上国の経済格差も縮小することなくむしろ拡大した。このような多額の資金が必要となる近代技術の開発途上国への移転が失敗してきたという認識から、「途上国の発展や貧困を解消するためにどのような技術が必要か」という問題意識のもとで議論されている事柄である。ただし適正技術の定義は論者によって異なり、また時代の変遷に応じて変化し、確立した厳密な定義は存在していない。適正技術 フレッシュアイペディアより)

1185件中 21 - 30件表示

「社会の話題」のニューストピックワード