1185件中 31 - 40件表示
  • 社会科学

    社会科学から見た社会社会

    社会科学(しゃかいかがく、)とは、自然と対比された社会についての科学的な認識活動およびその活動によって生み出された知識の体系である。人間の社会の様々な面を科学的に探求する学術分野の総体である。社会科学における「社会」という概念は、自然と対比されているものであるが、この「自然 / 社会」という対比は、遡れば古代ギリシャの「フュシス / ノモス」という対比的概念にまでさかのぼることができる。社会科学 フレッシュアイペディアより)

  • 密陽女子中学生集団性暴行事件

    密陽女子中学生集団性暴行事件から見た社会社会

    密陽市と蔚山広域市の学校、警察、地域社会から卑下され続けた被害者は、ソウル特別市でも学校と社会から冷遇を受けた末に家出していたことが判明した。が、加害者である男子達は特に刑罰を受けず、また前科も付くことなく、ほとんど全員が普通に生活していた。MBCテレビは2007年6月16日の番組でこの現実を放送した。密陽女子中学生集団性暴行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 近代化

    近代化から見た社会社会

    近代化(きんだいか)とは、社会を近代的な状態に変えること。即ち、政治・経済が、国民国家と産業化を特徴とする形態に変えることである。近代化 フレッシュアイペディアより)

  • 世間

    世間から見た社会社会

    さらに、日本ではこの用語は一般名化して、「この世」「世の中」「社会」のことを表す用語として使われている。転じて歴史学者の阿部謹也は、日本社会が“Society”の訳語としての「社会」に当てはまらない性質があるとして、旧来の「世間」の呼称を採用し、西欧的「社会」との比較研究としての「世間論」を展開した。また、「世間」と書いて「よのなか」と読むこともある。世間 フレッシュアイペディアより)

  • 社会思想

    社会思想から見た社会社会

    社会思想(しゃかいしそう、)とは、社会についての思想的考察を指す。政治思想と重なる要素も多いが、政治思想よりは比較的、政治外的な要素にも考察の射程を広げたものを言う。社会思想 フレッシュアイペディアより)

  • 世界

    世界から見た社会社会

    地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界政治」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。世界 フレッシュアイペディアより)

  • 五倫

    五倫から見た社会社会

    戦国時代にあらわれた孟子においては、秩序ある社会をつくっていくためには何よりも、親や年長者に対する親愛・敬愛を忘れないということが肝要であることを説き、このような心を「孝悌」と名づけた。そして、『孟子』滕文公(とうぶんこう)上篇において、「孝悌」を基軸に、道徳的法則として「五倫」の徳の実践が重要であることを主張した。五倫 フレッシュアイペディアより)

  • 柴山桂太

    柴山桂太から見た社会社会

    柴山 桂太(しばやま けいた、1974年 - )は日本の古典文献学者、思想家、京都大学大学院人間・環境学研究科准教授、雑誌『表現者』編集委員。専門はイギリスを中心とした政治・社会思想史、現代社会論、リスク社会論。柴山桂太 フレッシュアイペディアより)

  • 社会心理学

    社会心理学から見た社会社会

    社会心理学(しゃかいしんりがく、)は、個人に対する社会活動や相互的影響関係を科学的に研究する心理学の領域の一つ。現在において社会心理学とは「社会における個人の心理学」と見なされている。社会心理学 フレッシュアイペディアより)

  • 無縁社会

    無縁社会から見た社会社会

    無縁社会(むえんしゃかい)とは、単身世帯が増え、人と人との関係が希薄となりつつある日本の社会の一面を言いあらわしたもの。NHKにより2010年に制作・放送されたテレビ番組による造語である。無縁社会 フレッシュアイペディアより)

1185件中 31 - 40件表示

「社会の話題」のニューストピックワード