956件中 31 - 40件表示
  • 近代化

    近代化から見た社会社会

    近代化(きんだいか)とは、社会を近代的な状態に変えること。即ち、政治・経済が、国民国家と産業化を特徴とする形態に変えることである。近代化 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア大学アーバイン校

    カリフォルニア大学アーバイン校から見た社会社会

    Center in Law, Society and Culture (法・社会・文化)カリフォルニア大学アーバイン校 フレッシュアイペディアより)

  • ソーシャル・キャピタル

    ソーシャル・キャピタルから見た社会社会

    ソーシャル・キャピタル(Social capital, 社会関係資本)は、社会学、政治学、経済学、経営学などにおいて用いられる概念。人々の協調行動が活発化することにより社会の効率性を高めることができるという考え方のもとで、社会の信頼関係、規範、ネットワークといった社会組織の重要性を説く概念である。人間関係資本、社交資本、市民社会資本とも訳される。また、直訳すると社会資本となるが、概念としては区別される(以下参照)。ソーシャル・キャピタル フレッシュアイペディアより)

  • マゾヒズム

    マゾヒズムから見た社会社会

    人間が社会生活を行なっていれば様々な理不尽と思える状況に直面することがある。そういったときに「自分が我慢すればよい」と不当な圧力や要求に耐える人が存在する。また「囚われのお姫様」や「苦難を乗り越え進む英雄」と言ったヒロイックな状況は、苦痛・圧迫を伴いながらも陶酔感や大きな達成感が得られる。そのためどのような人間でも被虐嗜好的要素を持ち合わせていると言える。こうした自己犠牲や苦痛や逆境への親和が、実は、性的嗜好としてのマゾヒズムの基盤にある。マゾヒズム フレッシュアイペディアより)

  • 言語学

    言語学から見た社会社会

    現代言語学は言語の優劣には言及しない。むしろ、言語学においては、あらゆる言語に優劣が存在しないことが前提となっている。そのため、世界の言語はすべて同等に扱われる。かつては言語の史的変化を言語の進化ととらえ、社会・文明の成熟度と言語体系の複雑さを相関させるような視点が一部存在した。しかしその後、いかなる言語も一定程度の複雑さを有していることが明らかとなり、そうした見解は現在否定されている。すなわち、幼稚な言語、高度な言語は存在せず、すべての言語はそれぞれの言語社会と密接に関連しながら、それぞれのコミュニティに適応して用いられている、というのが現在の言語学の見解である。言語学 フレッシュアイペディアより)

  • 政治

    政治から見た社会社会

    政治とは社会に対して全体的な影響を及ぼす複雑な領域であり、これは社会にとって何が問題であり、誰が人々の意志を決定し、どのような選択を採るべきかなど、あらゆる社会の問題を決定するものである。古典である『政治学』を著した古代ギリシアの哲学者アリストテレスは、政治を研究する政治学を「善い社会」の実現を試みるためのマスターサイエンスであると位置づけている。このような位置づけは政治が理想社会を実現するために社会に対して働きかける性質を持つことを示している。政治が善い社会のために社会に作用する一方で、何が社会にとって善いかという問題に関する対立や協調も政治の領域には含まれる。この側面について政治哲学者のハンナ・アーレントは『人間の条件』の中で政治を自己とは異なる他者に対して言語を使って働きかけ、結合する行為であると捉えている。つまり政治とは人々が善い社会で生活することを達成するために、社会に対して働きかけることであり、また何が善いことかという判断に関する議論を伴うものであると言うことができる。政治 フレッシュアイペディアより)

  • 画家

    画家から見た社会社会

    画家(がか)は、絵画を制作する者の総称である。日本画や洋画など、画風や画材・作成スタイルなどによって、様々なタイプの画家が存在する。画家たちで形成されるコミュニティー(社会)を画壇(がだん)という。画家 フレッシュアイペディアより)

  • 世界

    世界から見た社会社会

    地球上の人間社会のすべて。人間の社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す。地球上の全ての国。万国の意。特定の一国ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界政治」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。 類義語に「国際」や「グローバル」。世界 フレッシュアイペディアより)

  • 文化人類学

    文化人類学から見た社会社会

    より狭い意味で文化人類学は民族・社会間の文化や社会構造の比較研究としても理解されている。社会人類学や民族学という名称は文化人類学という用語とほぼ同義である。ブロニスロウ・マリノフスキーによる1914年のパプア調査以後、この分野では数ヶ月から数年に渡って研究対象となる社会に滞在し、その集団の構成員の一員として生活する参与観察の手法を用いることが一般的となった。文化人類学 フレッシュアイペディアより)

  • 工学

    工学から見た社会社会

    工学は大半の分野で、理学の分野である数学・物理学・化学等々を基礎としているが、工学と理学の相違点は、ある現象を目の前にしたとき、理学は「自然界(の現象)は(現状)どうなっているのか」や「なぜそのようになるのか」という、既に存在している状態の理解を追求するのに対して、工学は「どうしたら、(望ましくて)未だ存在しない状態やモノを実現できるか」を追及する点である。或いは「どうしたら目指す成果に結び付けられるか」という、人間・社会で利用されること、という合目的性を追求する点である、とも言える。工学 フレッシュアイペディアより)

956件中 31 - 40件表示

「社会の話題」のニューストピックワード