956件中 41 - 50件表示
  • ジェンダー

    ジェンダーから見た社会社会

    社会科学の分野において、生物学的性に対する、「社会的・文化的な性のありよう」、または「女性」と同義として使われる場合がある。ジェンダー フレッシュアイペディアより)

  • 責任

    責任から見た社会社会

    責任とは、社会的に見て自由があることに伴って発生する概念である。自由な行為・選択があることに伴い、それに応じた責任が発生する。責任 フレッシュアイペディアより)

  • 世界観

    世界観から見た社会社会

    世界観とは、世界の諸問題、すなわち、「世界とは何なのか」、「どうして存在するのか」、「そのなかで人間はいかなる位置を占めるのか」などの問いに答えようとするものである。したがって、世界観とは、人生観や生き方と結びついた世界に対する態度およびその表明であるとみなすことができ、それゆえ、世界観はその個人が属する民族、国家、時代、地域、社会、職業、階級などによってきわめて多種多様であって、極端にいえば個人個人の体験や環境によって、一人ひとり全員異なるものである。世界観 フレッシュアイペディアより)

  • 少年愛

    少年愛から見た社会社会

    古典的な意味の少年愛は、世界中のあらゆる社会で存在したと考えられる社会制度である。それはとりわけ、戦士社会において顕著であり、年長の戦士と若い戦士のあいだを結びつける互いの信頼関係は、しばしば少年愛の関係において成立した。少年愛 フレッシュアイペディアより)

  • 心

    から見た社会社会

    従来、学問の世界では、心や精神を扱う時は知能(IQ)面ばかりが重視され情動面が軽視される風潮もあったが、近年では、人が実社会の中でうまく生きてゆけるか、また幸福な人生を送れるかどうか、ということに関しては、統計的に調査してみると、実は知能の高さの影響はさほど高くはなく、ただ知能(IQ)が高いというだけではかえって人生が破綻することも多く、IQよりも、むしろ他の人々と情動面で健全な交流をして人間関係を築く能力や、自分の情動を見つめて自制する能力などのほうが大きな要素だということが指摘されるようになっている。こうした情動に関係する能力は、「EI」や「EQ」(心の知能指数)と呼ばれている。 フレッシュアイペディアより)

  • 道徳

    道徳から見た社会社会

    道徳的社会規範(社会道徳):社会や共同体において、その構成員の大多数によって共有される道徳観に基づき、より健全で快適な共同生活を送る為に守るべき、又は行うべきと考えられている規範、行動の指針のこと。道徳 フレッシュアイペディアより)

  • 情報革命

    情報革命から見た社会社会

    情報革命(じょうほうかくめい、)とは、情報技術の発展によって、社会や生活が変革することである。情報技術(IT)との関係性から、IT革命(アイティーかくめい)、情報技術革命(じょうほうぎじゅつかくめい)ともいう。なお、IT革命という言葉は2000年の新語・流行語大賞に受賞している。以後は翌年のITバブル崩壊による失望感や言葉自体が色褪せたこともあり、使用される頻度は大幅に減っている。また、インターネットなど通信も含めて情報通信革命、ICT革命と国際電気通信連合などで呼称されている。情報革命 フレッシュアイペディアより)

  • 軍国主義

    軍国主義から見た社会社会

    軍国主義(ぐんこくしゅぎ、Militarism)とは、第二次世界大戦後に確立された概念の一つ。軍事力を国家戦略的に重視し、政治体制・戦略・財政・経済体制・社会構造などの総合的な国力を軍事力の増強のため集中的に投入する国家の体制や思想を意味する。軍事主義とも呼ばれる。タカ派で軍事力増強に向けて国内のあらゆる領域を統制・管理しようとする社会主義や共産主義的な傾向があり、非民主的な独裁政治となる場合がある。軍国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 水域

    水域から見た社会社会

    自然科学分野と社会的分野でそれぞれに定義が異なる。水域 フレッシュアイペディアより)

  • 社会心理学

    社会心理学から見た社会社会

    社会心理学(しゃかいしんりがく, )とは個人に対する社会活動や相互的影響関係を科学的に研究する心理学の領域の一つを言う。集団心理学とも言われた。社会心理学 フレッシュアイペディアより)

956件中 41 - 50件表示

「社会の話題」のニューストピックワード