956件中 51 - 60件表示
  • 高野山真言宗

    高野山真言宗から見た社会社会

    また、弘法大師の共利衆生(きょうりしゅじょう)の精神に立ち、社会に貢献する「御宝号念誦運動」を宗団として取り組んでいる。「御宝号」とは「南無大師遍照金剛」(なむだいしへんじょうこんごう)のことである。高野山真言宗 フレッシュアイペディアより)

  • みどりの政治

    みどりの政治から見た社会社会

    といった「新しい社会運動」の風潮が広まる中、1980年代にドイツで緑の党が勢力を躍進させたのを受け、それに呼応する形で世界の各地で見られるに至った、経済成長や企業の業績を中心に据えるよりも社会的に公正で持続可能な社会をより優先させよう、という政治的な姿勢・思想である。みどりの政治 フレッシュアイペディアより)

  • 家政学

    家政学から見た社会社会

    家政学(かせいがく、Home Economics)とは、家庭生活を中心とした人間生活における人間と環境の相互作用について、人的・物的両面から、自然・社会・人文の諸科学を基盤として研究し、生活の向上とともに人類の福祉に貢献する実践的総合科学である。家政学 フレッシュアイペディアより)

  • 混血

    混血から見た社会社会

    人間社会は古くから人種差別や民族紛争・民族差別などの問題を持っているが、人種の違いはわずかな遺伝形質(皮膚の色や髪の色・顔付き・体格といったような物)の組み合わせによる差異であり、民族は本質的に文化によって構築され、区別されている。混血 フレッシュアイペディアより)

  • ステレオタイプ

    ステレオタイプから見た社会社会

    これらはステレオタイプというより寧ろ、神話類型(Cat:神話類型)にも通じる、物語の基本的な類型構造で、人間心理の普遍的・先天的なありようとも関係すると考えられる。しかし近代において、大衆社会、マスコミュニケーションが成立すると、政治的、経済的、あるいは社会的な目的において、過剰に単純化され類型化されたイメージが広く一般の人にも流布するようになり、文字通り、紋切り型な把握や観念や思考となって定着するようになった。ステレオタイプ フレッシュアイペディアより)

  • 社会的費用

    社会的費用から見た社会社会

    社会的費用(しゃかいてきひよう、social cost)とは、経済学における費用概念の一つ。市場経済において内部化されていない公害、環境破壊等により社会全体あるいは第三者が被る損失=負担させられる費用(外部不経済)のことをいう。社会的費用 フレッシュアイペディアより)

  • 生物学

    生物学から見た社会社会

    生物学では、一般的にヒトを特別な生物種としては扱わない。しかし、我々自身がヒトであり、その研究は医療や産業などと関連しているため、生物学の中でヒト研究は重要であり関心も高い。生物学研究の成果は医療や農業における基礎を提供し、応用面で人類に大きな利益をもたらしている。生物学に関連する産業はバイオ産業と呼ばれ、IT産業と並び発展性のある大きな市場を形成し、経済的にも重要な位置にあるとされる。生物学の知見や技術は生命の根幹に大きく関わるようになり、倫理的・社会的な影響も注目されている。生物学 フレッシュアイペディアより)

  • 俗信

    俗信から見た社会社会

    俗信(ぞくしん)とは、社会において広く流布され伝承されてきた、ものごとの捉え方や考え方、また考えられた内容を言う。なぜ、そのような把握や考えが妥当かということについては、「昔からそう言われている」というような歴史的な継承性や、社会的な流布性の事実を根拠にする。俗信 フレッシュアイペディアより)

  • 社会人

    社会人から見た社会社会

    社会人(しゃかいじん)は、社会に参加している人のことである。一般に社会で責任を持って生活している人を指すことが多いが、社会人=労働者と言った意味合いも強い。類義語として、職業に従事していることを強調した用語である職業人(しょくぎょうじん)がある。社会人 フレッシュアイペディアより)

  • 個別言語学

    個別言語学から見た社会社会

    また個別言語は、一般には、隔絶して存在しているのではなく、他の社会集団との文化交流や接触を通じて、他の個別言語と何らかの関連を持って通時的に変容して行く。比較言語学的に、他の諸個別言語が同系か、同系でないかは別に、個別言語は、広義の地理的に分布する「諸語」のなかにあって通時的な変化を経過すると言うべきである。個別言語学 フレッシュアイペディアより)

956件中 51 - 60件表示

「社会の話題」のニューストピックワード