956件中 61 - 70件表示
  • 社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会

    社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会から見た社会社会

    社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会 (しゃかいてきせきにんをかんがえるコンピュータせんもんかのかい、略称 CPSR; Computer Professionals for Social Responsibility) は、社会におけるコンピュータ技術のさまざまな問題に取り組む国際的なコンピュータ専門家の非営利団体 (NPO) である。社会的責任を考えるコンピュータ専門家の会 フレッシュアイペディアより)

  • 五倫

    五倫から見た社会社会

    戦国時代にあらわれた孟子においては、秩序ある社会をつくっていくためには何よりも、親や年長者に対する親愛・敬愛の心をわすれないということが肝要であることを説き、このような心を「孝悌」と名づけた。そして、『孟子』滕文公(とうぶんこう)上篇において、「孝悌」を基軸に、道徳的法則として「五倫」の徳の実践が重要であることを主張した。五倫 フレッシュアイペディアより)

  • 包摂

    包摂から見た社会社会

    包摂(ほうせつ、subsumption)とは、経済・社会が、その本来の諸関係にとって外生的な存在を取り込む過程をいう。はじめ、マルクスの論文「直接的生産過程の諸結果」において、「労働の形式的・実質的包摂」としてこの用語が用いられ、後に、労働(技術)以外の外生的な要素を取り込む場合の概念に拡張された。包摂 フレッシュアイペディアより)

  • 健康づくり

    健康づくりから見た社会社会

    健康づくりの考え方は、19世紀から20世紀にかけて社会のありかたの変化や個人という概念の台頭、そしてさまざまな医学的発見に影響され、揺れ動きつつ、現在あるような考え方へと収束していった。健康づくり フレッシュアイペディアより)

  • 余所者

    余所者から見た社会社会

    余所者(よそもの)とは、他の地域あるいは社会から来た人のこと。余所者 フレッシュアイペディアより)

  • マンチェスター学派

    マンチェスター学派から見た社会社会

    マンチェスター学派(まんちぇすたーがくは、Manchester School、Manchester Capitalism、Manchester Liberalism、Manchesterismとも)は19世紀のイギリス・マンチェスターに端を発する政治、経済、社会運動の総称。マンチェスター学派 フレッシュアイペディアより)

  • 大統合民主新党

    大統合民主新党から見た社会社会

    人間 中心の温りのある福祉と 社会大統合を実現する。大統合民主新党 フレッシュアイペディアより)

  • 環境管理型権力

    環境管理型権力から見た社会社会

    環境管理型権力(かんきょうかんりがたけんりょく)とは、相手を従わせるのではなく、相手が自ら望む行動を取ることが、社会にとっても優れている行動(社会の生産性を上げる行動)になるように、人間を創り変えることで、誰もが支配されているとは思わず、皆、自ら楽しんで生きていると思いながら、その実は権力に全て操作された人々として、人々が生きる社会。テーマパーク化される未来型社会のモデル。従来の権力としては規律訓練型権力があげられる。環境管理型権力 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・セージ

    ピーター・セージから見た社会社会

    また、終身会員である世界最大の社会起業家協会“XL”に2008年に「エクストラオーディナリー・ライフ・アワード」(驚くべき人生賞)でノミネートされた。ピーター・セージ フレッシュアイペディアより)

  • 独考

    独考から見た社会社会

    真葛は、このように述べて、ロシアでは互いに相手の意思を直接確認しあうことによって結婚が成立し、それゆえ不倫は男女ともに重罪であり、ひとりの相手に心の定まらない若者に対しては心の通じ合う結婚相手を選択する機会や場が社会慣習としてつくられていることを「うらやまし」としている。独考 フレッシュアイペディアより)

956件中 61 - 70件表示

「社会の話題」のニューストピックワード