前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示
  • 笑いの文化人講座

    笑いの文化人講座から見た文化人文化人

    また、文化人となった際に文化人ステッカーも贈られる。(ステッカーがもらえるのは優1個もしくは良3個になったとき一回きりではない。他にはイベントで配られたこともあった。)笑いの文化人講座 フレッシュアイペディアより)

  • 鵠沼海岸

    鵠沼海岸から見た文化人文化人

    住民の中には文化人と呼ばれる芸術家や著作家、思想家、学者、あるいはジャーナリスト、出版人などが多く含まれる。鵠沼海岸 フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見た文化人文化人

    前述のようにタレント政治家と呼ばれる政治家(あるいは候補者)には文化人やアナウンサー、あるいはタレント業を職業とするものであっても政治に関し専門的に学んだ者も含まれている。タレント政治家の中には批判を意識してか、自らをタレント政治家と扱われたり、知名度のみで当選したとされたりすることに不満を持つ場合も少なくない。そのため選挙の際にはマニフェストなど政策の具体性を強調したり、親族あるいは友人や師弟関係にある者その他の交友の深いタレント(あるいは著名人)が応援演説を申し出てきてもあえて断ったりして、自らがその他のタレント政治家とは一線を画するとする戦術を採ることも多い。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢秀雄

    渋沢秀雄から見た文化人文化人

    渋沢 秀雄(しぶさわ ひでお、1892年10月5日 - 1984年2月15日)は、東京府出身の実業家・文化人渋沢秀雄 フレッシュアイペディアより)

  • 沢木祐子

    沢木祐子から見た文化人文化人

    スタイリストとしての初仕事は、ラフォーレ原宿のオープニング広告である。1980年以降はフリーランスとして活動している。広告全般のほか、ファッションショー・雑誌・テレビ・舞台・プロモーションビデオなどに出演する芸能人や文化人のスタイリングを手掛ける。沢木祐子 フレッシュアイペディアより)

  • 野尻学荘

    野尻学荘から見た文化人文化人

    1932年に開始され、現在も継続している主に男子中高生を対象とした組織キャンプ。財団法人東京YMCAによって主催され、毎年8月に長野県の野尻湖畔で行われている。同年、アメリカでデューイに学んだ実業家の小林弥太郎によって始められた。当初は中高生のみを対象に5週間で行われていたが、現在は小学校5年生から高校3年生までの男子を対象に14泊15日のプログラムで実施されている。日本における野外教育実践の草分の1つであり、進歩主義教育思想に基づき、青少年の興味活動やグループ経験を重視する手法は、その後の国内の様々な野外教育実践に影響を与えている。また、財界人や文化人など、著名人を数多く輩出していることでも知られている。野尻学荘 フレッシュアイペディアより)

  • 桂敬一

    桂敬一から見た文化人文化人

    桂敬一(かつら・けいいち、1935年 - )は、ジャーナリスト、文化人、マスコミ研究者。日本ジャーナリスト会議会員。桂敬一 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ユーハイム

    カール・ユーハイムから見た文化人文化人

    しかし1923年9月1日、関東大震災によって「E・ユーハイム」は焼失し、ユーハイムはポケットに入れていた5円札を除く全財産を失った。ユーハイムは家族とともに兵庫県神戸市垂水区塩屋の知人の家に身を寄せ、神戸で再起を図ることにした。ユーハイムは当初トアホテルに勤務しようと考えていたが、バレリーナのアンナ・パヴロワに生田区(現在の中央区)三宮町1丁目309番地の「サンノミヤイチ」と呼ばれる3階建ての洋館に店を構えるよう勧められ、救済基金から借りた3000円を元手にサンノミヤイチの1階に喫茶店「JUCHHEIM'S」を開店した。当時神戸には外国人が経営する喫茶店がなく、「JUCHHEIM'S」は多くの外国人客でにぎわった。開店から1年ほど経つと「JUCHHEIM'S」の菓子を仕入れて販売する店も出てくるようになるなど店の経営は順調で、大丸神戸店が洋菓子を売り出したり近隣の洋菓子店がユーハイムのバウムクーヘンを模倣した商品を売り出すようになってからも人気が衰えることはなかった。「JUCHHEIM'S」ではバウムクーヘンのほか、日本で初めてマロングラッセが販売された。常連客には入江たか子、増井光蔵、小出楢重などの芸能人・文化人や小川平吉、猿丸吉左衛門、岡崎忠雄など政治家、財界人もいた。谷崎潤一郎も「JUCHHEIM'S」を贔屓にした。カール・ユーハイム フレッシュアイペディアより)

  • 大久保治男

    大久保治男から見た文化人文化人

    喧嘩両成敗など日本法制史が専門。しかし、法律学にとどまらず、彦根藩重臣・大久保家文書の研究、文化人としての井伊直弼の研究など日本史も手がける。大久保治男 フレッシュアイペディアより)

  • 月亭可朝

    月亭可朝から見た文化人文化人

    なお丁度この頃、腹話術師等をしていた斎田けんじ(後の桂米紫)が米朝に弟子入りを志願し米朝の内諾を得て、落語家に転向すべく前の師匠の説得にかかっていた最中であった。このため後年両者のどちらが一番弟子となるのかで揉めに揉め、ようやく朝丸(現在の2代目桂ざこば)が間に入り、年長者の米紫を一番弟子とする事で収拾した。米紫の死後、名実共に米朝一門の筆頭弟子となるが、師である人間国宝たる米朝は文化人ともいえるのに対し、可朝のそのやたけたで破天荒な性分はまさしく芸人らしい芸人といえるが、芸能活動も落語以外の仕事が多く、色々な事業を試みるなどして、落語家としての立ち位置が不明確であり、また不祥事も少なくない。師である米朝や米朝一門としても疎遠ぎみであるため、惣領弟子とはみなされていない。結局3番弟子の2代目桂枝雀が惣領代行となるが、1999年に死去し、現在は4番弟子のざこばが事実上の惣領である。月亭可朝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
174件中 1 - 10件表示

「社会・文化のひと」のニューストピックワード

おすすめ画像