174件中 41 - 50件表示
  • 味覚極楽

    味覚極楽から見た文化人文化人

    1927年(昭和2年)8月17日、東京日日新聞に「味覚極楽」の連載開始。聞き取り取材の対象となった人物は当時の華族、政財界人、軍人、文化人などが中心となった。梅谷は、語り手から食を通じて彼らの人生観もうかがえるような興味深い談話を多く引き出し、取材用の録音機材がない時代であるにも関らず、人物それぞれの語り口をも再現した記事にまとめ上げていった。「味覚極楽」には200通もの投書が寄せられるほどに注目が集まり、通算70回を数え、好評のうちに10月28日に終了した。味覚極楽 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典

    天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典から見た文化人文化人

    招かれて出席した文化人たちのユニークな顔ぶれも、一部では話題になった。天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典 フレッシュアイペディアより)

  • 英語でしゃべらナイト

    英語でしゃべらナイトから見た文化人文化人

    2001年(平成13年)と2002年(平成14年)に3回特別番組として放送され、好評だったことを受けて2003年(平成15年)3月31日からレギュラー放送が開始。毎回スタジオにゲストを招き、海外での体験など英語にまつわるエピソードでトークを繰り広げる。ゲストは俳優、タレント、スポーツ選手、文化人などさまざま。特に世界で活躍する日本人が出演することが多い。海外や日本各地での全編ロケや、会場での公開放送の時もある。英語でしゃべらナイト フレッシュアイペディアより)

  • 丹羽光重

    丹羽光重から見た文化人文化人

    寛永20年(1643年)、陸奥二本松藩へ移封されてその初代藩主となり、そこでは藩の諸制度を定め、城郭や道路・城下町の大規模な整備事業を行った。また光重は文化人としても知られ、茶道を石州流の片桐貞昌に学んで奥義を極めたり、絵画を狩野益信や狩野常信に学んで狩野派画風の作品を描いたり、また華道や書道にも造詣が深かった。他にも高野山や萬福寺の僧侶を招請し、仏教や学問の普及に努めるなどしていた。丹羽光重 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢健二

    小沢健二から見た文化人文化人

    小沢はいわゆる良家の出で、父方の小澤家は文化人を多く輩出し、母方の下河辺家は経済人を多く輩出した。家族親族には父方・母方ともに著名人が多い。小沢健二 フレッシュアイペディアより)

  • ほんやら洞 (喫茶店)

    ほんやら洞 (喫茶店)から見た文化人文化人

    このうち、「ほんやら洞」を名乗る喫茶店のルーツとなった京都市の出町柳(上京区今出川通寺町西入ル)にある店は、休業中だった喫茶店を買取って、1972年春、シンガーソングライターの岡林信康らミュージシャン、文化人、市民たちの募金と労務提供によって、開店された。ほんやら洞 (喫茶店) フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行券

    日本銀行券から見た文化人文化人

    A百円券やB券、C券では聖徳太子と近代政治家の肖像が採用された。聖徳太子は特に高額券に採用され、「お札といえば聖徳太子」のイメージが今でも存在する。1984年のD券以降は、D二千円券を除きいわゆる文化人が肖像に採用されている。D二千円券は人物の肖像ではなく、建築物を像としている点で特異である。日本銀行券 フレッシュアイペディアより)

  • 荻窪 (杉並区)

    荻窪 (杉並区)から見た文化人文化人

    荻窪は、大正から昭和初期にかけて東京近郊の別荘地として西の鎌倉、東の荻窪と称され憧れの的だった。1927年(昭和2年)に与謝野晶子・与謝野鉄幹が南荻窪に居を構え、さらに1937年(昭和12年)に公爵近衛文麿が別荘「荻外荘(てきがいそう)」を構えたところから閑静な住宅地として評価が高まり、井伏鱒二、棟方志功などの作家・芸術家、 音楽評論家の大田黒元雄など 多くの文化人が移り住んだ。井伏鱒二著の『荻窪風土記』には、戦前から作家、画家等の知識階層が多く住み、荻窪の文化を形成していったことが書かれている。荻窪 (杉並区) フレッシュアイペディアより)

  • 崔承喜

    崔承喜から見た文化人文化人

    京城(現在のソウル)で両班の家に生まれる。幼いころに才能を認められ、16歳のときソウル公演に来ていたモダンダンスの石井漠に師事し内地(日本本土)に渡った。後に独自のスタイルを築き、日本はもとよりヨーロッパ、アメリカでも好評を博した。化粧品や百貨店の広告にモデルとして採用され、雑誌の企画で日本を代表する美人の一人に選ばれるなど、当所の代表的なファッションリーダーであった。ピカソやジャン・コクトー、川端康成等多くの文化人にも支持された。戦時中は日本人として支那戦線の日本軍へ慰問団の一員として慰問活動などを行っていた。アメリカ西海岸での公演の際、現地で活動する朝鮮独立運動家から日本語読みの名前で活動していることを理由に批判される一方、公演会場入口で独立派支援のバッヂが売られていたことから日本政府からは反体制派の一人と目された。崔承喜 フレッシュアイペディアより)

  • 近衛信尋

    近衛信尋から見た文化人文化人

    近衛前久、信尹の文化人の資質を受け継ぎ、諸芸道に精通した文化人であった。書道は、養父信尹の三藐院流を継承し、卓越した能書家であった。茶道は古田重然に学ぶ。連歌も巧みであった。実兄である後水尾天皇を中心とする宮廷文化・文芸活動を智仁親王、良恕法親王、一条昭良らとともに中心的人物として担った。また、松花堂昭乗などの文人と宮廷の橋渡しも行っていた。近衛信尋 フレッシュアイペディアより)

174件中 41 - 50件表示

「社会・文化のひと」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画