174件中 81 - 90件表示
  • 石川栄耀

    石川栄耀から見た文化人文化人

    高山英華は石川を「地域の人達と一緒になってまちづくりをする人で法令条文重視でなく生活優先の人」「さかり場の好きなロマンチスト」と評し、徳川義親は「世話好きのまちのおじさん」と書き残している。のちに都市文化活動として自身が関わる目白文化協会の活動を開始。学生時代、自宅の自分の部屋を「阿伎山房」と名づけていたほか、後には徳川夢声を会長にゆうもあ・くらぶを結成している。一方で自宅のある目白在住の文化人らをあつめ、徳川義親を会長に目白文化協会を設立。毎月文化寄席という名の寄席を主催する。石川栄耀 フレッシュアイペディアより)

  • 深田祐介

    深田祐介から見た文化人文化人

    東京出身にもかかわらず、プロ野球・中日ドラゴンズの大ファンでもあり、芸能人や文化人、マスコミ関係で結成されている「われらマスコミドラゴンズ会(通称:マスドラ会)」の初代会長も務めた。深田祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 別府竹細工

    別府竹細工から見た文化人文化人

    また、泉都別府には財界人や文化人などが集まる別荘が多く建てられ、茶道具などの美術品が求められるようになる。そのような中で編組技法の高度化などの別府竹細工の特徴が見られるようになり、太さの違うひごを駆使した多彩で複雑な網代編み文様などを用いた様々な美術工芸品も産み出されるようになった。別府竹細工 フレッシュアイペディアより)

  • 暴走族

    暴走族から見た文化人文化人

    1950 - 1960年代ごろから、富裕層を中心に当時まだ高価だったオートバイを集団で乗り回す若者が登場、マフラーを外してけたたましい爆音を響かせながら走り回る様から「カミナリ族」という呼称が生まれた。交通を妨げて疾走する事から交通事故が懸念されたものの、時代は高度成長期であったため、社会が大きく変容することのストレスを受けたモラトリアムの範疇として、マスメディアや文化人を中心にある程度容認される傾向も見られた。暴走族 フレッシュアイペディアより)

  • 町田忍

    町田忍から見た文化人文化人

    町田 忍(まちだ しのぶ、1950年5月12日 - )は、ホリプロに所属する文化人。庶民文化を研究しており、それに関するコレクションや写真など集めている。自称「庶民文化探究家」。庶民文化研究所長。町田忍 フレッシュアイペディアより)

  • 崔洋一

    崔洋一から見た文化人文化人

    映画監督という立場からか、「表現の自由」を重んじた発言をすることが多い。ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」に上演中止運動が起こった際には、他のジャーナリストや文化人とともに「表現の自由を守れ」と上演中止に反対する声明を発表した。崔洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 一水会

    一水会から見た文化人文化人

    創設以来、鈴木邦男が代表を務めてきたが、、鈴木邦男から書記長だった木村三浩に代表が交代した。鈴木邦男は顧問となり、文化人として日本の現状を憂え、言論活動を行っている。出版物も60冊を超えた。一方、木村三浩は創造的民族派活動を掲げ、右翼民族派としては画期的な池子米軍住宅建設反対運動を行ったり、「対米自立」の観点を堅持しつつ、国際的な視点から湾岸戦争以降のイラク、NATO空爆後のユーゴスラヴィア(現セルビア・モンテネグロ)等を訪問。フランス、ドイツ、ロシア、リビア、シリア、マレーシア等各国の民族主義政党・団体と交流し、民族派同士の国際連帯を構築した。2006年に処刑されたサダム・フセイン大統領の追悼会を日本で唯一開催。その活動・問題提起の枠は日本だけ留まらず、常に世界を意識している。8月12、13日には国民戦線のジャン=マリー・ル・ペン党首ら欧州諸国の愛国政党・活動家を東京に招き、「世界平和をもたらす愛国者の集い」を開催。翌日にはル・ペン氏らとともに靖国神社参拝を敢行してニュースになった。一水会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐治敬三

    佐治敬三から見た文化人文化人

    ダイキン工業3代目社長の山田稔、森下仁丹2代目社長の森下泰とは親友だった。佐治は森下の葬儀委員長を務めて、告別式で弔事を読んでいる。上記を含めた多くの実業家や、他に文化人との親交も多い。佐治敬三 フレッシュアイペディアより)

  • 福島鋳郎

    福島鋳郎から見た文化人文化人

    大久保久雄・福島鑄郎監修『戦後初期の出版社と文化人一覧』 金沢文圃閣・刊 (全4巻)福島鋳郎 フレッシュアイペディアより)

  • ターシャ・テューダー

    ターシャ・テューダーから見た文化人文化人

    1915年8月28日、マサチューセッツ州ボストンで生まれる。父ウィリアム・スターリング・バージェスはヨットや飛行機の設計技師、母ロザモンド・テューダーは肖像画家で、二人ともボストンの旧家の出身だった。誕生時に父のミドルネームをとってスターリング・バージェスと名付けられたが、父が『戦争と平和』の登場人物ナターシャを気に入っていたため、すぐにナターシャと改名された。ターシャはナターシャの愛称であり、母の友人たちにはしばしば「ロザモンド・テューダーの娘ターシャ」と紹介されたため、家族以外にはテューダーが本名だと思われるようになり、ターシャ本人もターシャ・テューダーという響きを気に入り、後に筆名および本名とした。バージェス家とテューダー家はどちらも、電話を発明したベル等そうそうたる文化人と交流を持っていた。しかしターシャはそんな華やかな世界が好きになれず、社交界デビューを断ってパーティから逃げ出してばかりいた。ターシャには農場のほうが魅力的でいつも牛を欲しがっていたという。読書家で話好きだった父からは想像力が養われ、肖像画家だった母からは絵の手ほどきを受け小さい頃から絵本を作って遊んでいた。9歳のときに両親が離婚し、母ロザモンドに引き取られたが、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジに転居することになった母が子供の成育には都会よりも田舎の方が向いていると考えたため、コネチカット州レディングに住む両親の友人の家に預けられ、週末だけ母の住むニューヨークを訪れるようになった。ターシャはボストンよりも自然の多いレディングを愛した。13歳の誕生日に念願の牛を買ってもらったターシャは、15歳で学校を辞めて迷わず絵画と農業の道を選んだ。農業で培った経験は自給自足の精神を育て、子供たちに絵本を作ったり花を育てたりその後のライフスタイルに大いに影響することになる。ターシャ・テューダー フレッシュアイペディアより)

174件中 81 - 90件表示

「社会・文化のひと」のニューストピックワード

おすすめ画像