社会人野球 ニュース&Wiki etc.

社会人野球(しゃかいじんやきゅう)とは、野球競技において、チームの構成員が一般社会人である場合に用いられる区分・名称。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「社会人野球」のつながり調べ

  • 今久留主功

    今久留主功から見た社会人野球

    台南州立嘉義農林学校から台湾専売局を経て、社会人野球の別府星野組でプレー。関口清治、荒巻淳、西本幸雄、兄・淳と、後にプロ野球で活躍する選手と共に都市対抗野球にも出場し、全国制覇に貢献した。(今久留主功 フレッシュアイペディアより)

  • 松竹ロビンス

    松竹ロビンスから見た社会人野球

    プロ野球のリーグ戦がスタートした1936年は大東京軍の首脳の間に専用球場を持とうという考えがあり、東京市城東区洲崎にあった東京瓦斯の資材置場が候補となった。東京瓦斯にその旨を伝えたところ、「(当時社会人野球の強豪である)自チームと対戦してくれれば」という条件で承諾された。大東京軍にとっては開幕前のオープン戦4試合目。試合は8回まで7-6で大東京軍がリードしていたが、ここから9点を取られて逆転負け。球団理事の鈴木龍二は激怒し、その場で監督の永井武雄を解任した。公式戦で1試合も指揮を取らずに監督を辞任したのはこの時の永井と、1965年の蔭山和夫(南海ホークス・就任4日後に急死)、1976年のレオ・ドローチャー(太平洋クラブライオンズ・契約を結ぶも病気のため来日できず)の3人しかいない。大東京軍はこの試合の審判員だった小西得郎が11月に監督に就任するまで、内野手の伊藤勝三が監督を兼任した。尚、永井は、解任から数年後,日中戦争に従軍し、戦死しており、鈴木は後の回想録の中でこの解任を悔やんだと言う。「監督」としては実際の職業野球の公式戦では指揮は執れずに終わったが、イーグルスで選手兼任監督のまま出征して戦死した寺内一隆と共に「鎮魂の碑」に名前が刻まれている。(松竹ロビンス フレッシュアイペディアより)

「社会人野球」のニューストピックワード