1014件中 91 - 100件表示
  • 佐藤進

    佐藤進から見た社会人野球社会人野球

    中学時代は卓球の選手。北海高校では4番打者・エースとして1960年に春夏連続で甲子園大会に出場。春の選抜大会では準決勝まで勝ち上がる。社会人野球の富士鉄室蘭では1963年の都市対抗に出場して準優勝に貢献し、久慈賞を獲得。1964年に国鉄スワローズへ入団。スライダー、カーブ、シュートといった変化球を武器に1年目から50試合に登板し、10勝を挙げた。その後も2年目は13勝、3年目に12勝、4年目には10勝を挙げて新人の年から4年連続で2桁勝利を記録した。また打撃がよく、1967年の東京球場での中日ドラゴンズ戦では板東英二からサヨナラホームランを放っている。しかし、翌1968年は3勝、1969年は0勝に終わり、1970年に中日ドラゴンズへ移籍。この年は久しぶりに勝利を挙げるが、1971年は1軍での登板が無く、この年に現役を引退した。佐藤進 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉義則

    住吉義則から見た社会人野球社会人野球

    和歌山・箕島高から東京・竹早高を経て、社会人野球のプリンスホテルに進む。の世界選手権では全日本の4番を任され、社会人ベストナインにも選出。同年のドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。古屋英夫の背番号5を引き継ぎ即戦力と期待されるも戦力にはなり得なかった。住吉義則 フレッシュアイペディアより)

  • 戸狩聡希

    戸狩聡希から見た社会人野球社会人野球

    戸狩 聡希(とがり としき、1990年6月26日 - )は、社会人野球・ヤマハに所属する野球選手(投手)。愛知県出身。戸狩聡希 フレッシュアイペディアより)

  • 西村俊二

    西村俊二から見た社会人野球社会人野球

    福岡工業高校から福岡工業大学へ進み、中退して社会人野球の河合楽器に入社。西村俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 岩本紘一

    岩本紘一から見た社会人野球社会人野球

    ドラフト会議(第2次)で阪急から2位指名されたが入団せず、社会人野球・日本軽金属に入社、のち主将も務めた。都市対抗野球大会では第39回大会(河合楽器の補強選手)で準優勝、第41回大会(大昭和製紙の補強選手)で優勝するなど8年連続本大会出場を果たし、オールジャパンにも選出された。のちコーチも歴任。岩本紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 水沢薫

    水沢薫から見た社会人野球社会人野球

    秋田商では3年夏に秋田県大会決勝で秋田経法大付属に敗れるなど、全国大会への出場はなかった。素質を評価され、高校卒業後は社会人野球の河合楽器に進んでいる。の日本選手権では1回戦の対日本生命戦で田島俊雄に投げ勝つなど、ベスト8進出に貢献した。同年のドラフト会議で読売ジャイアンツ、阪神タイガース、ロッテオリオンズの3球団から2位で指名を受け、巨人が交渉権を獲得。担当スカウトは中村和久で、契約金と年俸それぞれ5,500万円、600万円(いずれも推定)、背番号は19で入団が決まった。水沢薫 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本亮 (捕手)

    吉本亮 (捕手)から見た社会人野球社会人野球

    吉本 亮(よしもと りょう、1969年11月22日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手(捕手)。現在は社会人野球・ホンダ鈴鹿の監督。吉本亮 (捕手) フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋祐司

    棚橋祐司から見た社会人野球社会人野球

    棚橋 祐司(たなはし ゆうじ、1963年4月3日 - )は、元社会人野球選手・コーチ・監督(外野手、右投げ右打ち)。王子製紙に所属していた。棚橋祐司 フレッシュアイペディアより)

  • 芦沢明

    芦沢明から見た社会人野球社会人野球

    山梨県の日本航空高等学校3年夏には、八木智哉らと共に甲子園に出場。東都の専修大学に進学し、レギュラーで活躍。その後、社会人野球のシダックスで野球を続ける。芦沢明 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井憲治

    吉井憲治から見た社会人野球社会人野球

    吉井 憲治(よしい けんじ、1966年1月24日 - )は、元社会人野球選手(ポジションは投手)・コーチ。右投げ右打ち。175cm、90kg。現在は日本文理大学硬式野球部の投手コーチを務める。吉井憲治 フレッシュアイペディアより)

1014件中 91 - 100件表示

「社会人野球」のニューストピックワード