1014件中 71 - 80件表示
  • 全開HONDA

    全開HONDAから見た社会人野球社会人野球

    全開HONDA(ぜんかいホンダ)は、社会人野球の本田技研工業(HONDA)所有3チーム(ホンダ、ホンダ鈴鹿、ホンダ熊本)の共通応援歌である。全開HONDA フレッシュアイペディアより)

  • 結城ブレーブス

    結城ブレーブスから見た社会人野球社会人野球

    倉本信護(金鯱軍→応召)……外野手。広陵中学出身。復員後国鉄広島鉄道局岡山管理部、広島鯉城園を経て東京カッブスより入団。背番号17。1947年夏季リーグ本塁打王。退団後は山藤商店を初めとした社会人野球で45歳頃まで現役を続けた。結城ブレーブス フレッシュアイペディアより)

  • 戸倉勝城

    戸倉勝城から見た社会人野球社会人野球

    豊浦中学、法政大卒業。卒業後、大連満倶、林兼商店でプレーイングマネージャーを務めた。1950年に社会人野球大洋漁業から河内卓司らと引き抜かれ、この年創立された毎日に入団。戸倉勝城 フレッシュアイペディアより)

  • 大村節二

    大村節二から見た社会人野球社会人野球

    元全播磨硬式野球団のオーナー。兵庫県野球連盟副会長も務めるなど、同県のアマチュア野球界を根底より支えた。特に社会人野球のクラブチームへの貢献は大きい。軟式野球を引退した中学生にも指導を行うなど、多くの選手を育てている。大村節二 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾弘一

    横尾弘一から見た社会人野球社会人野球

    立教高では、硬式野球部に所属。長嶋一茂、筋肉少女帯の橘高文彦は同期生になる。立教大学では、ラジオパーソナリティの黒田治とクラスメートだった。立教大学卒業後、小学館に入社。学習雑誌や野球関連の本の編集者として10年間勤めた後、1年の充電期間をおいて、1999年に独立、フリーランスになる。プロ、アマ、メジャーを含め、年間250試合以上の試合を取材する一方、タレントのとんねるずが発足させた軟式野球チームで、年間30試合程度プレーしている。社会人野球情報誌「グランドスラム」のメインライターの一人。モットーは、"野球とともに生きる"である。横尾弘一 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永耕治

    徳永耕治から見た社会人野球社会人野球

    千葉工業高では長打力を評価されて一年からレギュラーを務め、三年になると捕手に転向し四番を任された。全国大会出場はならなかったが、同じ県内の銚子商業の監督だった斉藤一之の紹介があり、卒業後は社会人野球の日本石油に進む。1年目はブルペン捕手だったが、入社2年目のに指名打者制度が導入されたのをきっかけにチームの若返りの方針もあって四番を任されるようになり、同年の日本選手権には四番・DHとして出場。2回戦の対神戸製鋼戦で2本塁打、準決勝の対東芝戦でも2ラン本塁打を放つ活躍で、大会優秀選手に選ばれている。徳永耕治 フレッシュアイペディアより)

  • 国枝利通

    国枝利通から見た社会人野球社会人野球

    卒業後は明治大学へ進み、大学卒業後は地元の社会人野球チームの大日本土木に所属。とにエースの中原宏らと共に都市対抗野球大会を2年連続で優勝した。国枝利通 フレッシュアイペディアより)

  • 菅野光夫

    菅野光夫から見た社会人野球社会人野球

    武相高校卒業後、社会人野球の三菱自動車川崎を経て1975年、日本ハムにドラフト1位で入団。当時の日本ハムは、1976年に行沢久隆(1979年に西武へ移籍)、1978年には古屋英夫、1979年には高代延博と若手内野手を次々と獲得し、彼らの成長が1981年のリーグ優勝をもたらす一要素となった。菅野も内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーとして、地味ながら優勝に貢献した。菅野光夫 フレッシュアイペディアより)

  • 村上和幸

    村上和幸から見た社会人野球社会人野球

    村上 和幸(むらかみ かずゆき、1968年1月14日?)は、1990年代から2000年代にかけての日本の社会人野球選手(内野手)。三菱重工長崎に選手・コーチとして所属した。右投げ右打ち。村上和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 村上竜太郎

    村上竜太郎から見た社会人野球社会人野球

    村上 竜太郎(むらかみ りゅうたろう、1969年8月21日-)は、日本の社会人野球選手兼任コーチ(外野手)。三菱重工長崎所属。背番号29。村上竜太郎 フレッシュアイペディアより)

1014件中 71 - 80件表示

「社会人野球」のニューストピックワード