1014件中 81 - 90件表示
  • 小島啓民

    小島啓民から見た社会人野球社会人野球

    大学卒業後は社会人野球の三菱重工長崎に進み、には四番打者として都市対抗での準優勝に貢献。久慈賞を受賞し、同年は初の社会人ベストナインにも外野手として選ばれている。はバルセロナオリンピック野球日本代表にも選ばれ、同五輪では8試合に全て指名打者として出場。計17打数4安打と打率は低かったが、予選の対スペイン戦と対ドミニカ戦では計7打点を挙げるなど、勝負強さを見せた。また、決勝トーナメントでは3試合全てに指名打者として先発出場している。小島啓民 フレッシュアイペディアより)

  • 十河章浩

    十河章浩から見た社会人野球社会人野球

    大学卒業後は社会人野球の日本生命に進み、1年目のは松下電器の補強選手として都市対抗に出場。日本石油との二回戦では延長10回に増永祐一からダメ押しとなる2点タイムリーを放つなど、主に代打として起用された。同年は二塁手として社会人ベストナインを受賞した。に大島公一が入社すると二遊間のコンビを組み、同年は日本選手権で優勝を果たす。十河章浩 フレッシュアイペディアより)

  • 石山建一

    石山建一から見た社会人野球社会人野球

    石山 建一(いしやま けんいち、1942年9月6日 - )は、日本の東京六大学野球・社会人野球で活躍した野球選手・監督である。静岡県静岡市駿河区生まれ。石山建一 フレッシュアイペディアより)

  • 熊丸武志

    熊丸武志から見た社会人野球社会人野球

    熊丸武志(くままる たけし、1983年11月22日?)は、社会人野球の選手(ポジションは外野手)である。Honda熊本所属。183cm、80kg。右投げ右打ち。背番号は10。熊丸武志 フレッシュアイペディアより)

  • 猪久保吾一

    猪久保吾一から見た社会人野球社会人野球

    盛岡商では山蔭徳法(のちに日本ハム入り)とバッテリーを組んでいた。卒業後は本田技研鈴鹿に進み、その後、実家の家業を手伝うために退団したが、スカウトから声がかかり、1988年にドラフト外でロッテオリオンズに入団。入団2年目春季キャンプにて1軍合流、この年42試合に出場した。その後は青柳進や福沢洋一と正捕手争いをするが、決め手に欠け2軍生活が続く。1996年には自分の名前にちなんで背番号を51番にするが1軍出場は無く同年引退。退団後は社会人野球クラブチームのフェズント岩手のコーチに就任した。猪久保吾一 フレッシュアイペディアより)

  • 本東洋

    本東洋から見た社会人野球社会人野球

    鹿児島高校から社会人野球の三菱重工長崎硬式野球部に入部。本東洋 フレッシュアイペディアより)

  • 飯島一彦

    飯島一彦から見た社会人野球社会人野球

    地元の藤岡高校から神奈川工科大学に進学。卒業後は社会人野球の強豪・新日本製鐵君津に入社。1年目から3年連続で都市対抗野球大会に出場する活躍を見せ、ドラフト6巡目で福岡ダイエーホークスに入団。飯島一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 本田明浩

    本田明浩から見た社会人野球社会人野球

    社会人野球の新日鉄大分からダイエーホークスに1991年のドラフト会議で指名され、それぞれ推定で契約金4,500万円、年俸600万円で契約を結んだ。背番号は35番。176cm、73kg(入団時)と体格は大きくなかったが、遠投120メートルの強肩捕手で、即戦力として期待されていた。本田明浩 フレッシュアイペディアより)

  • 浅原直人

    浅原直人から見た社会人野球社会人野球

    愛知一中を卒業後アマチュア野球の大連実業団でプレーし、1936年に名古屋軍へ入団。秋季リーグ途中に大東京軍へ移籍し、翌年は4番打者として活躍した。その後、第二次世界大戦に応召され戦後は社会人野球の強豪チーム熊谷組に入り都市対抗野球にも出場した。1952年に東急フライヤーズでプロに復帰し、5番打者として活躍。4月20日の近鉄パールズ戦でプロ5人目となるサイクルヒットを達成している。翌年以降も東映のクリーンナップ打者として多くの試合に出場した。1955年に引退。浅原直人 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木弥

    佐々木弥から見た社会人野球社会人野球

    佐々木 弥(ささき わたる、1972年4月29日 - )は、社会人野球の選手(内野手。右投げ右打ち)。TDK所属、180cm、88kg。背番号19。佐々木弥 フレッシュアイペディアより)

1014件中 81 - 90件表示

「社会人野球」のニューストピックワード